全体表示

[ リスト ]

 
 
きらきら光る 19話まで(二度目)視聴中です。記録のレビュウです^^
 
社長令嬢のジョンウォン、食堂の娘グムラン 二人の取り違えが明らかになり、
双方の家族を巻き込んでいます。
 
今までの苦労を帳消しにしたいグムランは、
実両親(=ジョンウォンの育ての親)の家に引っ越し、
 
一方、ジョンウォンは 今まで愛情を注いでくれた家族のもとを離れがたく、
実両親(=グムランの育ての親)の生活苦を目の当たりにして
居場所を失います。
 
このドラマを1回目に見ていて、この部分がリアルに描かれているなぁ〜 と思いました。
今までも “取り違え“を題材にしたドラマって日本でも韓国でもあったと思うのですが、
「そうですか、元に戻しましょう」 では済まない葛藤が 
じつに丁寧に描かれているなぁ〜 と。
 
血は水よりも濃い とはいうものの、長年親しんできた情は
それでもやはり 水よりも濃いのではないでしょうか。
 
 
そしてこのグムラン、だんだん悪女になっていきます
 
書籍の企画をまとめたジョンウォンのメモ帳を盗み、
自分の企画として発表して、
ジョンウォンが働く出版社 『智恵の杜』 に入社しようとしています。
その他もろもろ、 非常に分かりやすい “ヒール”(悪役)ぶりです。
 
そして そんなジョンウォンを見守る 編集長のソンジュン。
彼も実は ワケあり なのですが・・・
 
 
自分の実の親が他にいると知ってショックを受けて、
思わずソンジュンに問いかけたジョンウォンの言葉 メモっておきました ( ..)φ
 
『ネイティブアメリカンの 「友」 の意味を知っていますか?
 
「悲しみをともに背負うもの」 』
 
ソンジュンもなぁ〜〜〜 『ともに背負う』 と言っておきながら、
グムランにも優しいのが 視ていてイライラしますけどね(笑)
 
 
そんなジョンウォンを見つめるもう一人、
グムランの家の食堂に下宿する司法試験の浪人生デボムさん。
 
シングルファザーなんですが、
子供を置いて留学しちゃった妻(?)のことはまったく眼中になく
ジョンウォンのひたむきさに惹かれています。
 
これもなぁ〜よく考えたら、なんだかなぁ〜 
なんで子供作っちゃったんだろうなぁ〜 と思ってしまうところ。
唯一残念な点です
 
 
いちどめの視聴の時は この時点でどういう結末かな?? と思っていたら
意外や意外 50話以上の大作だったので、まだ半分も物語は進んでいません。
 
どうなることやら (二度目も)期待♪
 
 
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事