ここから本文です
字幕映画のススメ

書庫全体表示

イメージ 1

黒い家(1999)

先日、字は同じだが読み方を変えた内野聖陽が主演した
貴志祐介のベストセラー小説の映画化。
監督は故・森田芳光

貴志祐介は超自然的なものや、スピリチュアルなものを除外して
現実的なホラー小説を目指しただけあって、実際に保険会社に
勤務していた原作者が思い付いたのはサイコパス(反社会性人格障害)
による保険金詐欺に纏わる連続殺人事件。
原作を読んでいくと、1998年の和歌山毒物カレー事件を彷彿させる。
(犯人が中年の女、夫が妻の言いなりという共通項がある)

主演は内野以外にその恐怖のサイコパス夫婦に大竹しのぶ
西村雅彦。内野の恋人役に田中美里
他に石橋蓮司小林薫 など。
 
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 

金沢にある昭和生命保険北陸支社に勤務する若槻は、真面目で有能な総務主任だ。
(原作は京都だった)
保険金詐欺まがいの契約も自ら契約解除する腕利きだった。
菰田重徳という契約者からの呼び出しを受け家に赴いた彼は、
そこで重徳の継子・和也の首吊り死体を発見。
和也が若槻の会社の保険に加入していたことから、
和也の実母である幸子や重徳に保険金の催促を受けるようになる。
本社の査定が待たれる中、日参する重徳の異常さに何やら恐怖を感じる。
そうか、まだなのか』と毎日のように保険会社にやって来る重徳。
彼に息子殺しの疑惑を抱き始めた若槻は、ふたりの調査を独自に開始。
 重徳が障害給付金を得る為なら指をも落とす「指狩り族」と
呼ばれる札付きであることなど 彼らの数々の黒い過去を知るのであった。
そんな折、若槻の恋人である恵の勤務する大学の研究室の心理学助教授・金石が、
菰田夫妻をプロファイリングし、ふたりは情性欠如者、つまり心がない人間=サイコパスで
あるとの判断を下した。犯罪心理学の立場から若槻を殺そうとしていると金石が警告する。
ところが、その金石が惨殺され、若槻にも悪戯ファックスが送られてくるようになる。
それから暫く後、警察が和也の死を自殺と判断し、菰田夫妻に保険金が支払われることとなった。
これであの夫婦から解放される。ホッと胸を撫で下ろす若槻であったが、
 今度は重徳が勤務中の事故で両腕を切断したとの連絡が入り、障害保険の請求をされてしまう。
これには若槻も黙っている訳にもいかず、悪質なケースの対処に出向く潰し屋・三善を差し向ける。
ところが、効果がみられないばかりか、これに激怒した幸子が若槻の留守中にマンションに押し入り、
部屋を滅茶苦茶に荒らす暴挙に出た。
その様子を電話でモニターした若槻は、恵が幸子の家に監禁されていることを知り、
 彼女を救出すべく幸子の家に侵入するが、そこで彼が見たものは
世にも恐ろしい監禁部屋と三善の死体だった。
 幸子との激闘の末、若槻は恵の救出に成功。
しかし、幸子は警察からの逃亡中に車ごと海へ転落して行方不明になってしまう。
その後、警察による捜査が執り行われ、菰田家の床下から10数体に及ぶ白骨死体が発見され、
悪行の数々が明るみに出た。依然として、幸子の行方は解らない状況だった。
恋人の両親に絶縁を告げられ、心に傷を負いながら若槻は平静さを取り戻し、仕事に復帰していた。
夜中の10時に、同じ職場の営業所の担当者高倉氏から面談を取り付けられ、承知する。
その約束は、始めから罠で、そんな彼の前に再び幸子が現れ、若槻を殺そうと襲ってきた。
誰もいない会社で、若槻を襲撃する幸子。警備員も幸子に殺されるが、死闘の末、
若槻は幸子に止めを刺し助かる。
若槻は再び恵と再会するが、彼の心の傷(トラウマ)は当分癒えないだろう。

クライマックスの深夜の保険会社。いつもの通り宿直の警備員が巡回してくるが
外交員との約束の時間になりトイレに立つ主人公。
うっすら窓に三日月状の影が浮かび、それが球体の影になった瞬間、凄まじい音と共に
トイレの窓ガラスをけ破って菰田幸子の【武器】である黄色いボーリングのボウルが
飛び込んでくる。この後、階段で警備員の惨殺死体を発見して腰が抜けてしまう若槻だが
幸子におっぱいを吸わされ(なんでこのシーンが撮られたのか理解不能だが・・・)
遂に黄色いボウルで幸子の頭を破壊して恐怖は去る。
西村雅彦の怪演も笑いを誘うが、森田芳光タッチは定石通り変なノイズと共に
現れる菰田重徳のキャラはコメディリリーフとして登場させていた。
 

監督: 森田芳光 
製作総指揮: 角川歴彦  大谷信彦 
エグゼクティブプロデューサー: 原正人 
プロデューサー: 柘植靖司   三沢和子 
原作: 貴志祐介 
脚本: 大森寿美男 
撮影: 北信康 
美術: 山崎秀満 
編集: 田中愼二 
音楽: 山崎哲雄 
音楽プロデューサー: 浅沼一郎   安井輝 
照明: 渡辺三雄 
製作担当: 望月雅雄  橋本靖 
録音: 柿澤潔 
助監督: 杉山泰一

 内野聖陽 
 大竹しのぶ 
 西村雅彦 
 小林薫 
 桂憲一 
 田中美里 
 町田康 
 伊藤克信 
 菅原大吉 
 佐藤恒治 
 小林トシ江 
 友里千賀子 
 鷲尾真知子 
 石橋蓮司
 
イーストマンカラー
ヴィスタサイズ(1:1.85)
DTSステレオ(アナログ)
118分
1999年11月13日公開(松竹)
「黒い家」(C)1999 「黒い家」製作委員会
 

  • 映画版はコメディだったけど
    原作はめちゃめちゃこわくて
    本を半分閉じながらよんだわ(ー_ー)!!

    [ ごや ]

    2013/9/10(火) 午後 8:13

    返信する
  • 最強の見せ場が大竹しのぶの「乳しゃぶれ」でしたね(爆)…。

    [ ゾンビマン ]

    2013/9/10(火) 午後 8:39

    返信する
  • 顔アイコン

    大竹しのぶですか〜。
    さんまが離婚ネタ言い始めて、もう20年くらい経ちますかね。
    バラエティの「ネタ」の印象が強いっす。
    そんな印象を払拭させるべく、この映画観てみたいっすね。 観てもいいっすか!?

    サムソン

    2013/9/10(火) 午後 9:42

    返信する
  • これ、確か韓国版リメイクもありましたよね。
    大竹しのぶは、どうしても大竹しのぶにしか見えないような気がして、こっちはまだ観てませんでした。
    観ます。

    HERO-K

    2013/9/10(火) 午後 11:39

    返信する
  • 怖かったですよ〜。登場人物全員が。
    殺人鬼にも性欲はあるというのが妙にリアルに思えました。
    クライマックスのビルの中よりも題名通りのあの家の中が怖い。
    DVDの特典で間取りが詳しく見られましたが○○へは近付けない…。

    ギドラキュラ

    2013/9/11(水) 午前 1:19

    返信する
  • 顔アイコン

    日本版、韓国版とも両方見ました。
    日本版は、私としては作り方が中途半端で物足りなかったのですが、
    韓国版は、とにかく徹底して原作の雰囲気をよく出していて、怖くて怖くて・・・。
    レンタルもしてると思うので一度ご覧ください。
    ロミーの会もあと10日となりました。
    お会いできるのを楽しみにしています。

    [ イッチ ]

    2013/9/11(水) 午後 7:07

    返信する
  • ごやさん
    あんたなら
    自分の顔を鏡で
    見ながらなら
    恐怖も『倍返しだ!』

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:43

    返信する
  • ゾンビマンさん、毎度。
    大竹しのぶは若いとき
    から脱ぎっぷりは
    よかったけど、あのチチは
    吹き替えでしょうね。
    巨乳すぎる。(///∇///)

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:45

    返信する
  • サムちゃん
    どーぞ見てください。
    黒い家というよりも
    家のなかは掃除してない
    汚い家でしたけど

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:47

    返信する
  • HERO―Kさん
    逆ですねえ。韓国版の
    リメイクは未見ですねえ。
    そっちの方がもっと
    ドロドロしてそうだ。

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:51

    返信する
  • ギドラキュラさん
    そうなんですか、
    WOWOWで観たので
    映像特典は未確認ですが
    口に新聞紙は辛そうで。

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:54

    返信する
  • イッチさん
    あっ両方観るようにします。
    当日楽しみにしてます。

    GH字幕

    2013/9/15(日) 午前 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    まるっきり好きになれない作品でした。
    公開当時、松竹から宣伝をネット上で手伝ってくれないか、という申し出があり、打ち合わせに参加したことがあります。
    私自身は1、2度の会議出席でやめてしまいましたが、好きでもない作品を売り込まなければならないプロの人たちは、すごいなあと感動してしまいました。

    ぴくちゃあ

    2013/10/27(日) 午前 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴくちゃあさん
    今は宣伝は広告代理店に丸投げも多いようです。
    韓国で製作されたのも凄いって聞いたので
    未見なので探してみます。

    GH字幕

    2013/10/27(日) 午後 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    東京国際映画祭で上映されたとき、招待席の半分も埋まって無かったのが印象的・・・。舞台挨拶に出てきた監督&キャストが一瞬絶句していたのがいちばん怖かったかも

    [ kou*1*420*0 ]

    2016/6/19(日) 午後 0:41

    返信する
  • 顔アイコン

    > kou*1*420*0さん
    そうだったんですか・・・

    GH字幕

    2016/6/19(日) 午後 11:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事