ここから本文です
字幕映画のススメ

書庫栄光の大映

記事検索
検索

全1ページ

[1]

屋根裏の女たち

イメージ 1

『屋根裏の女たち』
(1956年 大映東京)

青線地帯の女たちの間で育った女子高校生は、
そこで何を見、何を感じ、何をしたであろうか、
女の幸福を祈る壺井栄の名作の映画化!


壷井栄の小説「屋根裏の記録」の映画化。
昭和30年前半
ある港町にある小さなうどん屋の女将おきん(望月優子)
は額の小さい商売で食っていくのもやっとだった。
おきんには高校卒業間近のひとり娘おコウ(川上康子)が
いた。おコウは卒業試験で苦手の数学を四苦八苦だった。
港町に来ていたストリップ一座からトラブルを起こして
離脱した踊り子のはるみ(倉田マユミ)がおきんの店に
女給として身を寄せていた。
卒業式が終わった日、おコウは帰って来て
自分の勉強部屋である店の屋根裏の部屋に上がると
はるみが連れ込んだ男との情交を目にしたおコウは
ショックを受けるが、おきんはうどんや酒代以上に
淫売宿の方が確実に金になる事を悟り、
女たちを増やす事になる。
可愛いひとり娘のおコウに花嫁修業をさせる為には
金がかかるのだ。
貧しい漁師の娘、信子(藤田佳子)を女中として
置くが理事長に目を掛けてもらいたいため
男を知らない信子を差し出す。
元芸者の菊江(市川春代)、洋パンあがりのメリー(岸田今日子)
を置いておきんの店は繁盛して離れを建て増すほど大きくなった。
夏も近いある日、女たちを連れて近くの料理屋へ出掛けたおきんは
土地の有力者太田(清水元)の妾におコウを望まれて怒って帰った。
やがて病に伏したおきんのため町へ薬を買いに出掛けたおコウは、
先日料亭へ行った時の自動車運転手の川井(船越英二)に会い
人気のない山中で川井に大事な操を奪われてしまう。
だがおコウは川井にぞっこん惚れてしまい、逢瀬を重ねる。
やがて季節は秋に。女たちの間ではおコウが川井の子供を孕んだと
もっぱらの噂だった。そしておコウは川井に子供が出来た事を告白、
結婚を望むが、「淫売屋の娘の子なんて誰が父親か分かるもんか!」
と突き放しておコウは泣き崩れる。
信子は漁師の幸太郎(浜口喜博)の嫁になる事を決心するが
前途は多難のようだ。おしま(賀原夏子)の告げ口でおコウの妊娠を
知ったおきんはおコウを罵る。しかも川井はひとりおコウを捨てて
逃げた後だった。おコウはおきんに啖呵を切る
「こんな商売をしているから私は不幸になったのよ!」
「誰のためにこんな商売を始めたと思ってるんだよ!親不孝者!」
おきんの店は、菊江が元の主人に見つかり、メリーは逃げ
すま子(村田知栄子)は傷害事件を起こし、
住み込みで女中に来ていた元・看護婦の桃代(八潮悠子)は
殺人ほう助の罪で警察に逮捕されてしまい、
おきんの店ははるみだけが残っていた。
巡航船の船着場に行き川井の後を追うとしていたおコウに
おきんは「もうあんな商売やめるから、またうどん屋に戻ろう」
とおコウに約束して家に戻って行くのだった。

監督は戦前からのベテラン、木村恵吾(1903-1986)
大映では京マチ子の『痴人の愛』(1949)や『愛染かつら』
『牝犬』(1951)『馬喰一代』 (1951)
大映オールスター『初春狸御殿』(1962)代表作。
後期は若尾文子とタッグを組み『瘋癲老人日記』(1962)
『やっちゃ場の女』(1962)を世に出した。
脚本は井手俊郎(木村恵吾共同で執筆)
イメージ 2
出演は大映では1950年代に活躍した川上康子
ショートカットで丸顔で大きな瞳が印象的だが
1959年に女優を引退。
また信子役の藤田佳子は大映女優として活躍した後に
八代亜紀の「なみだ恋」「しのび恋」の作詞で大ヒットを飛ばした
作詞家の悠木圭子だ。

製作は昭和31年だから「売春防止法」(昭和32年施行)の前
だから管理売春は違法ではなかった。
政府公認の売春容認エリアを「赤線」それ以外を「青線」と呼んだ。
大映東京撮影所では巨匠・溝口健二監督の『赤線地帯』(1955)や
『赤線の灯は消えず』(田中重雄監督・1958年)などを製作した。
この作品はある漁村の村の春から秋にかけての半年の物語を
置屋の女将のひとり娘であるおコウを中心に据えて
この店に出入りする不幸な女たちの切実なタッチで描いている。
また脇役も懐かしい俳優ばかりで多々良純、浦辺粂子
賀原夏子、中条静夫も出ている。
イメージ 3
本作は未だにビデオ化はされていない。

監督: 木村恵吾 
製作: 永田秀雄 
企画: 塚口一雄 
原作: 壺井栄 
 「屋根裏の記録」
脚本: 井手俊郎 
    木村恵吾 
撮影: 秋野友宏 
美術: 柴田篤二 
音楽: 團伊玖磨

 川上康子
 望月優子 
 藤田佳子 
 八潮悠子 
 船越英二 
 浜口喜博
 岸田今日子
 倉田マユミ

1956(昭和31年)6月14日公開
87分(10巻 2,380m)35mm 
モノクロ スタンダード(4:3) 
映倫番号:2252(一般)
配給:大映
併映「女中さん日記」

コピーライト:「屋根裏の女たち」1956 KADOKAWA



イメージ 1
イメージ 2
1964(C)角川映画
 
 
昨日7月17日は昭和の大スターだった
石原裕次郎(1987年没)と市川雷蔵(1969年没)の命日だった。
裕ちゃんは石原軍団の法要などでテレビのニュースでご存知の方
も多いと思うが、没後43年もいまだ旧大映の主演作映画の上映会などで
新しいファンを増やしているのが市川雷蔵。
彼の当たり役のひとつがこの『眠狂四郎シリーズ(1963−1969)
 
 

円月が回るにつれて、相手の剣を吸い寄せずにおかぬ
恐ろしい技だ。
 
 
眠狂四郎勝負』(1964・大映京都)
 
 
柴田錬三郎の創作した眠狂四郎は昭和三十一年に週刊新潮で初めて登場した。
この人気時代小説『眠狂四郎・無頼控』は鶴田浩二主演で東宝で映画化されるが
3本製作されただけで、人気シリーズには成り得なかった。
昭和三十八年に新連載の『眠狂四郎殺法帖』が始まると
監督・田中徳三は手ごたえを感じて、大映に働きかけ、主役に想定した
市川雷蔵に田中徳三は打診した。雷蔵は眠狂四郎のキャラクターに興味を示して
大映での眠狂四郎の第一作『眠狂四郎殺法帖』は撮影が開始され、
その年の十一月に封切られたが、マスコミの評判は酷評が目に付いた。
初作は完全な失敗だったが、プログラムピクチャーの全盛期だった当時、
最初の予定通り、雷蔵主演で第二作の撮影が開始された。
監督は田中徳三に代わって三隅研次で、脚本は前作と同じ辻久一星川清司が書いた。
三隅研次のこの二作目の出来により雷蔵の眠狂四郎が打ち切られるか、存続するか
まさに題名どおりに『眠狂四郎勝負』となったのである。
当時の大映は勝新太郎が『座頭市』と『悪名』で番組を支えていた。
市川雷蔵も『忍びの者』がヒットして、シリーズ化がされていたが、
大映としてはもうひとつ『眠狂四郎』のようなドル箱映画を欲していたのだった。
三隅研次はこの『眠狂四郎勝負』でその後のシリーズの雛形を作り
昭和44年に雷蔵の最終作を迎えるまで、眠狂四郎のが持つ虚無感や主演女優までが
大胆に見せる妖麗壮絶なエロティシズムや、無双円月殺法を使ったスピーディな殺陣など
この作品で位置づけられたのだった。
雷蔵の眠狂四郎の魅力は権力と徹底的に戦う男として、そのニヒリズムも。
男のエロティシズムが横溢する稀有な俳優、市川雷蔵の魅力は決してあなどれないのだ。
『眠狂四郎勝負』は昭和三十九年の正月第二弾として封切られて、
前作とうって変わって高評価を得て、興行収入も伸びた。
こうして市川雷蔵の眠狂四郎はシリーズ(全12本)として製作されることが決定した。
眠狂四郎のキャラクターは転びバテレンの父と武家の娘であった母が
黒ミサで肉体を生贄にされた時に生まれた悲惨な生い立ちを持った混血児である。
茶髪で黒い着物を着て、討つ相手を確実に死に誘う魔剣「無双円月殺法」の使い手である。
 
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 3
1964(C)角川映画

正月の神社の境内で、狂四郎は正義感の強い老武士と知り合う。
居酒屋から出た老武士が刺客の襲われたことから、狂四郎は老人が勘定奉行の朝比奈伊織であることを知る。
財政緊縮のため化粧料を廃止された将軍の息女・高姫や豪商との黒い関係を粛清されそうな勢力が、
伊織を亡き者にしようとしていたのだ。翌日から狂四郎は伊織の護衛を買って出るが・・・。
(1964年1月9日封切 大映配給)

朝比奈を演ずるは加藤嘉。また眠狂四郎を取り巻く3人の女。
将軍の娘、高姫は新東宝出身の久保菜穂子が演じる。
艶かしい淫蕩な女で捕まえた狂四郎の身体を「味見」しようと試みるが
将軍家斉には妾の子が50人もあるというが、おまえ何番目だ
高姫「おのれ無礼な!」
狂四郎無礼はそっちだ。鏡に映してみろ、豚より醜いぞ
その豚姫が雪よりきれいな俺の体に触れようなど無礼千万だぞ!」
この台詞、鶴田浩二や後釜の松方弘樹(1969年に2本に主演)には絶対に合わない台詞だ。
幼い時に梨園の世界で育った歌舞伎役者だった雷蔵だから吐ける台詞だろう。
キザな台詞だが、厭味に聞こえないのも市川雷蔵の魅力だ。
 
やはり謎の女、采女を演じる藤村志保。一重まぶたの美人で
占い師で何かと狂四郎の身辺をまとわりつく。
ミステリアスな彼女の目のアップと、か細い声。
この映画では着物は脱がされることはないが、清潔なエロチシズムが伝わってくる。
夜鳴き蕎麦屋の娘で狂四郎を慕うつやを演じる清純派・高田美和
完全にアイドル的な添え物な役割だった。
特筆すべきは須賀不二男が演じる白鳥主膳で始終猫背で演じる悪党。
また、成田純一郎 、戸田皓久、 丹羽又三郎、 五味龍太郎らの悪役も
次々と無双円月殺法にて倒されていく。
 シリーズ後半にはほとんど見る事のない狂四郎の笑顔
勘定奉行の朝比奈と並んで熱い蕎麦をすする狂四郎の人間臭い一面も
落とさずこの作品にはしっかり嵌め込まれてあった。
 

イメージ 4監督: 三隅研次 
企画: 辻久一 
原作: 柴田錬三郎 
脚本: 星川清司 
撮影: 牧浦地志 
美術: 内藤昭 
音楽: 斎藤一郎
 
 
 市川雷蔵 
 加藤嘉 
 藤村志保
 高田美和
 久保菜穂子
 成田純一郎 
 丹羽又三郎 
 五味龍太郎 
 須賀不二男
 浅野進治郎 
 原聖四郎

イーストマンカラー
大映スコープ(1:2.35)
83分
 

 
イメージ 1
1966 (C) 角川映画
 
大魔神』(1966・大映京都)

大映はかって京都太秦にあった京都撮影所で特殊撮影技術を応用した
時代劇を製作する企画を永田雅一大映社長に提出した。
大映京都は戦前は日活の撮影所で戦後は大映になってからは
多くの時代劇を製作していたが、スタッフは優秀であり
1963年にMGMと合作した『あしやからの飛行』では
ブルーバックやミニュチュアを使った特殊撮影は本場ハリウッドの映画スタッフも
唸らせるほどの見事なテクニックを擁していた。
 
イメージ 6
挂甲武人埴輪(国宝)
 

大映京都撮影所のスタッフは前年に大映東京撮影所で生まれた怪獣映画
大怪獣ガメラ』の成功を尻目に自分たちが作ればもっと素晴らしい作品を
世に出せると意気込みはあった。実は『大怪獣ガメラ』と併映された
大映京都作品『新鞍馬天狗 五條坂の決闘』は市川雷蔵主演。黒田義之監督作品
で総天然色(イーストマンカラー)で『大怪獣ガメラ』はモノクロだった。
大映の思いは『新鞍馬天狗 五條坂の決闘』の添え物が『大怪獣ガメラ』だった。
だが会社の思いと裏腹にガメラはヒットして、鞍馬天狗は消えていった。
『大魔神』は鞍馬天狗の弔い合戦に登場した企画だったのだ。
この映画の元になったのは昭和17年に公開されたフランス映画『巨人ゴーレム』。
これを日本特有の埴輪の武神石像に置き換え、民話を加え戦国の世に登場させる作品が
立案された。これが阿羅羯磨(アラカツマ)=荒神信仰を描いた『大魔神』となる。
監督は『新鞍馬天狗』の第一作を監督した安田公義。そして一緒にクレジットされる
のはガメラに敗れた『新鞍馬天狗 五條坂の決闘』の黒田義之特技監督。
黒田義之は特撮のパートの全責任を受けて『大魔神』と併映される大映東京の第二作目
田中重雄監督『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』に対抗すべく全精力を注いで撮影に入った。
京都スタッフは五班に分かれてプリプロダクションに二ヶ月、撮影にも二ヶ月
バジェットは通常色彩映画の1.6倍をかけて製作された。
まさに大映京都が一丸となって製作にあたった記念碑的作品だった。
 
出演者は費用がかかる特撮に重きを置いたために大スターは起用されていない。
藤巻潤青山義彦、それに歌うスター高田浩吉の愛娘だった高田美和
「大魔神」の中に入ったのは大毎オリオンズの投手から俳優に転じた橋本力
橋本は大映東京の大部屋俳優だったが、京都で主役が貰えると喜んで京都に行ったら
待っていたのは大魔神の着ぐるみだった。ただあの眼力はなかなか評判で
ブルース・リー主演の『ドラゴン怒りの鉄拳』(1972)で香港へ呼ばれたのも頷ける。
 
よく「大魔人」と誤記・誤植があるが、正しくは「大魔神」だ。決して人ではなく神の存在だから。
また怪獣映画だと呼ぶ人がいるが幻想映画でガメラと同じではない。
 
魔神像にタガネを打ち込んだ左馬之助の手下が地割れに次々と吸い込まれて行く場面や
それまで晴天だった刑場に暗雲が立ち込め、天空から巨大な光の玉となって
降臨する大魔神の何んと恐ろしい登場の場面。
昭和41年、まだ幼稚園児だったが、ガメラより100倍も面白かった。
その年の続編、続々編になる『大魔神怒る』も『大魔神逆襲』も
祖父に大映の劇場に連れて行ってもらった。(おかげで勝新の座頭市や雷蔵の忍びの者も覚えている)
 
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 5イメージ 4
1966 (C) 角川映画

戦国の頃、丹波・花房領での祭の夜、家老の大館左馬之助(五味龍太郎)とその一味は謀反を起こす。
両親を討たれた幼い忠文と小笹は、猿丸小源太(藤巻潤 )巫女の信夫(月宮於登女)
とともに狼谷の洞窟にひそんで成長する。
この山には魔神を封じた巨大な武神像がまつられており、
領内に災いある時は防いでくれるという伝説があった。左馬之助ら悪の勢力が栄える一方、
領民たちは困窮をきわめていた。やがて忠文(青山良彦)と小源太は左馬之助に捕まり処刑されそうになる。
その時、少女・小笹(高田美和) の祈りに応えて武神像に魔神が乗り移り、
魔神が登場する。 魔神は城下へ暴れ込み、すさまじい復讐をはじめる。
城下に下りた魔神は破壊の限りを尽くして、左馬之助の手下が魔神像の額に打ち込んだ
タガネで左馬之助の心臓を一突きにして惨殺した。
それでも怒りの収まらない魔神に自ら身を投げ出した小笹。小笹の流した清い涙で
魔神の怒りは消え、魂の抜けた武神像に戻りやがて土へと戻る。
やっとこの丹波の国にも平和が蘇った。(1966年4月17日公開  同時上映『大怪獣決闘ガメラ対バルゴン』)

魔神の身長は4m半(十五尺)でこれには理由があった。撮影の森田富士郎によると
人間の身長の2倍半のなのでカメラのスピードも2.5倍に固定されいて
通常のスピードに戻した時に人間の動きのようにリアリズムが生まれる点と
ミニュチアも精巧に作れる尺図であり、これが功を奏したようだ。
ガメラと違って、「大人の鑑賞」に耐えれる娯楽時代劇であり、その夏には
第二作『大魔神怒る』(三隅研次監督)が公開されることになる。
音楽は『ゴジラ』を始めとする名匠・伊福部昭。確かに『ゴジラ』的な低音の利いた
大魔神の音楽を作っている。また録音の林土太郎が作った魔神の足音。
あれは偶然に見つけた音をアレンジしたものだが、それが何かは明言していない。
大映はウエスタンエレクトリックの録音資材を早くから取り入れているので
音響が素晴らしい。光学モノラルのサウンドトラックでも魔神の足音は迫力がある。
大魔神の顔の造詣だが、アゴが割れている。安田公義のヒントでカーク・ダグラスを模して
アゴに割れ目を入れたとか。また石像にタガネを打ち込んでそこから血を流す場面は
美術の内藤昭が昔に観たフランス映画からヒントを得たものらしい。

監督: 安田公義
特技監督: 黒田義之   
製作: 永田雅一 
企画: 奥田久司 
脚本: 吉田哲郎 
撮影: 森田富士郎 
美術: 内藤昭 
造型: 高山良策 
編集: 山田弘 
音楽: 伊福部昭 
音響効果: 倉嶋暢 
アクション: 橋本力
擬闘: 楠本栄一 
助監督: 西沢鋭治
 
 高田美和
 青山良彦
 藤巻潤
 五味龍太郎
 島田竜三
 遠藤辰雄
 伊達三郎 
 出口静宏 
 二宮秀樹 
 月宮於登女

イーストマンカラー
大映スコープ(1:2.35)
84分(8巻/2296m)
 
参考図書
「鮮烈!アナーキー日本映画史 1959−1979」 (洋泉社)
「大魔神の精神史」 (小野俊太郎・著 角川書店)
 
 
 

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事