国際結婚妻のひとり言。

再び春が巡ってきました。。放置ごめんなさい

卵子購入、超高齢出産の成れの果て

 
因果応報、というべきでしょうか。
しかし親の業は、やはり生まれた子にすべて被されてしまうもの。
 
1月に出版された長野県、諏訪マタニティークリニック院長の根津との共著「この国で産むということ」、
購入し読みました。
そして、「生まれた命にありがとう」も購入しました。
 
著書や彼女のブログからは、
どのくらい生きられるのかもわからない生まれた子供ではなく、
すでに違う方向に目が向いているのが伺え、
薄気味悪く、なんとも言いがたい嫌悪感をうむのです。
 
 
壮大な人体実験でしたね。
永田町を子供をつれて歩いても、
母体も子宮を失うことになり、子供がそのような状態では
「生みたい」とは思う女性はないでしょう。
他の議員からも一般からも、ますます相手にされないと思いますよ。
 
危険であること、非人道的であること。
これらを身をもって示してくれて、ありがとう。
 
日刊スポーツ
 
 

野田聖子議員 子の疾患手記で明かす

 
 米国で第3者から卵子の9提供を受けて体外受精で妊娠、1月6日に長男を出産した自民党の野田聖子衆議院議員(50)が、不妊治療開始から初産までの壮絶な経験をつづった「生まれた命にありがとう」(新潮社刊)を、明日25日に出版することがわかった。
 
  出産後に血の塊が見つかり、子宮摘出手術を受け、2度と子供が産めなくなったことを明かした上で、「私は泣き濡れた」としている。また、長男はおなかにいる間、肝臓と心臓に疾患が見つかったが、「何があっても産み遂げる」との決意で出産に臨んだことも記した。
 
 野田氏は「子供を産み育てることの覚悟を、あらためて出産の神様は私に促している」「この試練を乗り越えてでも子どもがほしいのか、子どもを持つということはそういう問題をも引き受けることなのだ」としている。長男は新生児特定集中治療室(NICU)に入院。産後に食道閉鎖症も見つかり、母乳はチューブを通して飲んでいる。おむつ交換などで、母子のスキンシップを撮取っているという。
 
 野田氏は選択性夫婦別姓制度推進の立場だが、事実婚の関係だった父親の男性と婚姻届を提出したことも明かした。男性が「子供の父親として戸籍に名前を刻みたい」として、野田姓になったという。同書は「子連れで永田町を闊歩(かっぽ)する野田聖子の姿を見せることができた暁には、1人でも多くの女性が『私も、産みたい』と思ってくれれば」と結ばれている。
 
 [2011年2月24日8時27分 紙面から]
 
 
 
 

.


みんなの更新記事