夫の悪口ばかり言っている妻ですが、だいぶ心配しています。
やっぱね。こういう子とずっと暮らすって、もの凄いストレス溜まるんですよ。反省はしていますし、わかってはいるんですよね。
でもストレスの行き場が無くなっているのでしょう。「耐えられない。」って言っていました。

私の自身は、ストレスを運動にぶつけて元気なわけですが、それでもこうやってわざと常に気を張っていないと、逆に精神参ってしまいそうなところはあります。夫よりは耐性ありますけれど、折れそうになるところを勢いで乗り越えている感じです。

薬、まだまだ使い始めたばかりなので、アップダウンがあるのでしょうが、減らすとアグレッシブになるところを見ると、脳の問題なんだというのは改めて認識させられます。私たちには何ができるのだろうか…。

変な時間に突然ダルそうに自分の部屋に入り、昼寝してしまうので、夜中に起きたりもします。お漏らしも毎日のようにするようになってしまいました。眠りが深くて気が付かないのか、感覚も鈍っているのか、よくわかりませんが、夜中に素っ裸で泣いていたり、笑っていたり、風呂場のドアをガチャガチャやったりする音で目を覚まします。
そうすると、だいたいお漏らしです。

夫も頑張って起きて世話したり、シーツを交換してくれます。
昨日は私一人でしたけれど。
さっき、またオムツを買ってきました。夜中に掃除や洗濯するのでヘトヘトなんでね…。

猫のトイレ。しばらく前に砂をばら撒かれる大事件があったじゃないですか?それで買ったのがこれでした。
イメージ 1
家具調で、中に猫のトイレが入っています。縁が高い箱(中に見えるグレーのやつ)なので、余程無理やり手を入れないと砂は取れないようになっています。子供の腕の長さでは相当難しいです。
これで、だいぶ解決はしました。

しかし、猫の出入りの際に、どうしても砂がちょっと箱の外に飛び出るんですよね。それを取って、まき散らした形跡をこの数日見るようになりました。

対策しなければ…。
ウーン。

は!
こ、この形状は!


閃きましたよ〜。


ご覧ください。


イメージ 2

猫は入ってくれるのでしょうか?

この記事に

開く コメント(7)[NEW]

引っ掻かれた。

先ほど、長男に顔と首を引っ掻かれました。
Lowe's (ホームセンター)に、ヘッジトリマー(庭の木を刈る機械)を買いに行った時です。

長男が怒りだした理由はこれ。
家族で出かけたはいいが、夫が自分のデスクのコーヒー温めヒーターのスイッチを切ったかわからないから戻る!と言い出しました。

誰にでもそういう事はあるし、気になり始めると面倒なので戻るのは全然かまわないのですが、彼の場合、それで不機嫌になるんですよね。顔や声にもろに出る。私は「そんな小さなことでイライラするなよ。これで家族の楽しいムードが台無しじゃん。」っていつも言うのですが、できません。

最悪です。
長男が唸り始めました。
そして家に戻ると、怒り始めました。
彼にしてみれば、せっかく「外に出かけるよー。」って言われて、ルンルンで車に乗り込んだのに、「何で戻るんだよ!ふざけんな!」ってなるわけです。

結局、スイッチは切ってあったのですが、何となく嫌なムードのまま、ホームセンターに向かいました。長男はまだ機嫌が悪く、着くとすぐにトイレに行きたいと言い出しました。こうなると、一度その要求を聞いてやった方が後々楽だったりするので、夫が腰ひも付きで連れて行きました。

ヘッジトリマーのコーナーに戻って来ると、長男は今度はそこにあった商品を投げました。グラストリマーの替えのヒモだったから、危なくは無かったですが、夫がここでまた怒り出しました。
どうして、落ち着いて対処できないのでしょう?
「外に出る!」と言って、無理やり長男を引っ張って連れて行きました。

仕方が無いので私と次男も追って出ると、

「俺はネットでいいのを見つけたと言ったじゃないか!何でここに連れてくるんだアホか!家に帰るぞ!時間の無駄させやがって!」

みたいに私を責め始めました。当然、長男は更に泣き出し、次男は不安そうに見ています。離婚しようかと思う瞬間です。

「1週間前に古いのが壊れて、その時そういう話をしたけれど、あんた一向に注文する様子も無かったでしょ?今朝庭を見たら、木がボーボーになってたから、ホームセンターで買えるのがあればその方が早いと思ったんだよ!そもそも、そのネットのが欲しいんだったら、私がホームセンターにヘッジトリマー見に行くって言った時に、ネットで買うって言えばいいだけじゃん。長男の問題を私に八つ当たりしているだけだろが!!私や子供たちはあんたのせいで、最悪の気分なんだよ、いい加減にしろ!!」

と言い返しました。

え、怖い?笑

というわけで、もう一度ホームセンターに戻りました。
今度は夫が選べるように、私が長男に腰ひもをつけていました。
長男はまだ何度も腕に掴みかかっては来ましたが、後ろに回り手を前で交差させて、手首を持ち、動けないようにしながらどうにか少しだけ落ち着かせました。しかし落ち着かないので、私は外に出る事にしました。
すると、おんぶをねだってきたんです。
小さい頃から、抱っこやおんぶでユラユラすると落ち着くようなところがあるので、いい加減重くて嫌なのですが、おんぶして外に出ようとしました。

するとその時です。

顔を後ろからグチャっと強く掴まれました。右手の指が頬に食い込みました。
左手は目に近かったので危なくて振り払いましたが、その時に、右頬を引っ掻かれました。左手は首にしがみつかれて首に引っ掻き傷ができました。

夫がこんなのを見たら、また逆上するので、黙って外で待っていました。

夫と次男がヘッジトリマーを買って出てきました。スマホでネットのと較べながら選んでいたようで、結構な時間がかかりました。
その間、私は駐車場で自分の傷を撮影し、学校に説明付きでメールしました。これもタウンに相談する時の証拠になるからです。

夫は私の顔を見て驚いていましたが、「大したことないよ。猫のひっかき傷みたいなもん。」と言っておきました。本当は、ヒリヒリなんですが。

その後も夫は、ふて腐れてはいましたが、私は言いましたよ。

「はい、3,2,1!みんな笑って!はい、おしまい!忘れて帰ろう!」

本当はお昼食べて、スーパーに寄ってから帰りたかったんですけれどね。
バーガーキングになってしまいました。笑

家に帰ってから、この前の脚噛まれた時にもらった消毒の薬を塗っておきました。

実は、新しい薬を飲ませてから、どうもダルダルしているんですよね。英語で言うとsluggish、lethargicってとこでしょうか。学校からも言われています。
変な時間に昼寝してしまったり、夜中に起きてしまったりで、大人しくはなったものの、そういう意味で大変ではありました。あまりにもダルダルで、日常生活や学校生活ができなければ、それはそれで困りますよね。

それで病院に相談したところ、「まだ安定までに時間がかかるので様子見になりますが、とりあえず量を半分にしてみましょうか。」という話になって、この3日くらい半量にしてみたところだったんです。

しかし昨日の夜くらいから、またアグレッシブさが出てきてしまいました。
というわけで、また量を戻すことになりそうです。

これさえも、夫に「お前が先生に余計な事言うから、量減らされたんだよ!」とか言って来ました。そのメールだって、2人で相談しながら書いたものだったのに。

なので私は言いました。

「あんた、大学の講義で、手を挙げて教授に質問しなかったタイプでしょ?」

「…そう。半分ぐらいチンプンカンプンだったから。」

「わからないなら、なおさら聞かないとじゃん。」

「…。」

終了〜!

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

今日は、近くの農園で、ブルーベリーとイチゴを摘んできました。
イメージ 1

まずはブルーベリー。
この前、長男は庭の毒草を食べる問題がありましたよね。
なのでちょっと悩んだんですけれど、ボストンなんて郊外ちょっと行けば田舎なわけですから、こういう楽しみができないのも困るんでね。

これはこれ。庭先の毒草は毒草。って分かるようになってもらう方針で行くことにしました。

次男に主に摘ませますが、長男にも手伝わせました。
イメージ 2
一応、摘んでくれました。

が、あまり熟れていないのを摘んでしまいますし、美味しそうなのは、容器にも入れず、食べずで指で潰してしまいます。私が食べてみせると、口に入れましたが、渋い顔をして、今度は摘んだのを私の口に入れて食べさせてくれました。

それを見た夫。
「僕には?」
アーン

すると、緑の実を口に入れられていました。
うわっ!プへッ!

これが摘んだブルーベリー。
イメージ 3
そして田舎の送電線。
1パイント(約半リッター)で$4。
安いよね。

そして次はイチゴ。
イメージ 4
イチゴが見えない…。

イチゴは外のワイルドな感じのやつなので、いいやつを見つけるのが難しくて、長男には無理でした。
アメリカのイチゴって、実が詰まってなかったり、大きさも熟れ具合もバラバラだったりしますが、私は好きです。酸っぱみもあって、野菜感覚。ベビースピナッチサラダなんかにも意外と合いますし。そもそもイチゴは茎ですからね。

日本のイチゴやトマトの完璧さと甘さには驚きますし、あれも好きです。
こっちは逆にデザート感覚。
こっちに慣れていて、渡米した最初の頃は、アメリカの野菜マズイな…とか思いましたが、慣れると酸っぱさや苦さが好きになってきます。

これがそのイチゴ。
イメージ 5
イチゴも1パイント4ドル。

その後、直売野菜を買って、農園の動物を見に行きました。
イメージ 6
ウサギ、羊、ミニチュアホース、ヤギ、アヒル、鶏、牛がいましたが、子供たちはヤギが気に入ったようでした。

最近まで、長男は基本的に動物に無関心だったんですよ。動物園とか、「何のために来たのだろうか…。」って感じになるんです。ところが、赤ちゃんヤギが気に入ったようで、近づいて行きました。

この前の猫もそうですが、こういうところで、ちょっとした変化が見られます。

すかさず夫が
"What are these?"

という質問をすると…


ちょっと考えていました。

そして…

"Animals!"

家族一同: ズコー!

で、でも正解!

ピンポンピンポン!

しばらくした後で"Goats!"とも言っていました。わかってはいるんですよ。
その場では出ない。

自閉症の人たち、高機能でも重度でも、多かれ少なかれこんなところがありますよね。

あー楽しかった。
本当はラズベリー狩りもしたかったんですよ。
でもまだ熟れていないようでした。

熟れるまであとちょっとなようなので、夏休み中にもう一度行くことになりそうです。

赤ちゃんヤギにまた会いに行きたい!って次男が言っていました。
長男は言わないけれど…

たぶん同じだよね。

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

痩せたって言われた!

みんな!聞いて!
とうとう「痩せた。」って言われた!
隣のオッチャンに。

英語がそんなに達者でない中国人だから、"Skinny."って、手で細めるジェスチャーだったけれど。

そういうことだよね! ね!

…え?

「痩せろや、デブ!」

って意味?

は!

「ダイエットしてるの?」って意味?

…段々自信無くなってきたわ。
全然体重変わって無いし。

ま、いっか。

ガレージ道場で、デッドリフトしている時でした。

今日は105lb(48kg)、125lb(56kg)で8回3セット、145lb(65kg)で5回3セットやりました。
ジリジリと重量は上がっていて、挙げるのも楽になってきてはいます。
しかしまだ145lbは慎重にやっています。

走り込んで脂肪を落としながらなので、何気に大変なのですが、維持しておりますよ。

走る方も、今まで25分コースと呼んでいたところを、とうとう3回連続で20分切りました。今日はデッドリフト直後に走ったので、脚がかなりきつかったんですけれどね。最後ダッシュで、ギリギリ20分切りました。

なので、ここはもう20分コースです。
また新しいコースを考えないといけません。

我ながら、元気過ぎる。
これを発電に持っていけないだろうか?
自転車とかで。

この記事に

開く コメント(4)

即行動。

さっき、ボストンの合気会があるとこに行ってみました。
いつでも道場に入って見学できるとホームページに書いてあったので。

残念ながら、道場は閉まっており電話も留守電でした。
家に帰って、道場の時間帯を見たら、昼間開いているのは週末だけで、ビギナークラスの時間帯は限られているようでした。平日は働いている人たちに合わせて、夜だけクラスがあるようでした。

子供たちが学校に行っている間でないと通えないので無理そうです。

それと…ロケーションが良くなかったです。
合気道をその場ですぐ実践できそうな治安のとこ。笑

そして、ボストン市内なので、東京並みに駐車場所がほとんど無く、鬱蒼とした墓地の裏の道にやっと路上駐車できるところを見つけ、そこから人気の無い道を15分くらい歩いて行きました。

こんなとこ、真っ暗で雪の降っている夜に歩くとか…絶対に嫌だ。
たぶん銃つきつけられる。合気道習っても、リスクありすぎ。笑

駅前だから、そういうとこ通らずに電車で通う人にはいいでしょうけれどね。うちからは電車では通えません。
他の道場も、柔術も調べてみましたが、どこも平日は夕方のみです。

そういうものなんですね…ガッカリです。

世間は母ちゃん業には合わせてくれないんですよね。
自力で覚えるしか無さそうです。

ちなみに私と弟のゴリラ遺伝子は、講道館の八段だか九段だかの祖父(三船十段がアイドル)から来ています。弟は武道やったけれど、私は拒否。

爺ちゃんなんか凄い人でした。若い時はボクサー、相撲も少しやったと言っていました。合気道、居合道もやり、気功や太極拳もかなりのものでした。

…ちゃんと教えて貰えば良かった。ちょっとだけ、手の払いとか教えてもらったんですけれどね。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事