合唱&演奏会

昨日は、小学3年生の合唱とリコーダー演奏会がありました。
自閉症の長男は、ほとんどをスペシャルニーズの部屋で過ごしますが、この練習には一応参加しているようでした。で、昨日本番だったのでした。

私が知っている自閉症の子はうちの子を含めて4人いたのですが、うち1人はかなり普通クラスに混じってできるようになっていて、もう1人もエイドが手伝えば、かなりの時間を普通クラスでできるようになっていました。歌もリコーダーもできていました。

しかし残りの重度の2人はもう始まりそうな時間でも出てこないんですよ。でね。こういう時にやっぱ普通の公立学校じゃ待ってくれないんですよね。
何がインクルージョンだ。
1人の子は最初から脱落。うちの子は先生2人がかりでどうにか出てきましたが、1曲目で降ろされてしまいました。

哀しすぎる。みんなどうにか出してやろうという努力さえしない。
何がインクルージョンだ。

で、私は直接校長に言いましたよ。うちの子はどこ?って。
校長先生は、ハッ!と気が付いたようで、すぐに担任にどうなっているのか連絡を取ってくれました。
結局私ともう一人の子のお母さんは、スペシャルニーズの部屋に行きました。その子はうちの子よりも大変そうな子でね…お母さんはもう諦めていました。

長男は私を見るなり、家に帰れると思ったらしく、腕に手を回して喜んできました。そのまま騙して、ステージに連れて行きましたが、結局はステージの外の端っこで、先生にリコーダーを手に持たせてもらうだけで終了でした。
1回、ステージの真ん中に走り出してしまい、先生が慌てて連れ戻すとかもありました。こういう状況でも、どの親も私たちに声をかけてくれたりもしません。知らない人だからというのもあるでしょうが、なんだか普通クラスで幸せな人々との壁を感じます。
何がインクルージョンだ。

夫はその様子を撮影していたので、すべて証拠があります。知っているお父さんが最前列でビデオも撮影していたので、それも入手可能です。

そのあと、また学校から電話が来ました。長男が暴れて腕や頭を壁に打ち付けてしまったと。迎えに来るほどではないけれど、あざやたんこぶはそれです、みたいなの。

はああああ。
ありゃ相当なストレスだったんだな。

このストーリーをすぐにアドボケート(教育の権利に詳しいアドバイザー)に報告すると、詳しく教えてくださいとなりました。

こういう事なんです。私たちはもう何年も前から、この子には外部の自閉症学校の方がいいと主張しているのに、学校は「いやそんなことは無い。インクルージョンの方が大事だ。私たちの学校は環境が整っている。」って返してきたわけです。私たちも「それなら信じようじゃないか、今はどうせ埒あかないし。」って、この2年くらい、素直にやってきたわけですよ。それどころか、「そんなにインクルージョン言うなら、ちゃんとやってください。」と念まで押してね。

実際は、言語の方も学習の方もだめだわ、日常生活のトレーニング(公共トイレなど)も定型発達児に合わせた環境ではできないわ、体育、美術、音楽でさえ、この子に教えようって人はいないわ、学校行事はこのざまだわ。

これ。十分証拠集まっているよね。
そういう事です。

要するに、私らとアドボケートはもう無理と認めろよって主張したいんですよ。学校や先生を責めるつもりはありません。無理と認めてくれと。親も協力して頑張っただろと。
自閉症や知的障害のある方の多くは、特に芸術や特殊な方向を専門にしていくじゃないですか。それなのに、これは無いだろと。

さ〜てと。
もうすぐ、運動会がやってきますよ〜。

この記事に

開く コメント(11)[NEW]

ハンモック

急に思いついて、木にハンモックかけてみました。

イメージ 1

これいいですよ。写真見てもわかるように、普通に寝転がるだけでなくて、ブランコになるんです。
座るだけでなく、腹ばいになったり、仰向けになったりでも安定しているブランコ。

イメージ 2

こんな風に半分を頭に被ってみることもできる。
自閉症者は、こういう包まれる感じが好きな人も多いですよね〜。そういうタイプにはおすすめです。

イメージ 3

兄弟で取り合いしていました。2人同時に乗っても大丈夫。
一人が寝っ転がって、もう一人が押したり、漕いだりもできました。

丁度良い枝の広がり具合で、昼は木陰、西日でもピッタリ日陰に入るというナイスな位置に!

$15で万能、多目的!おすすめです。

この記事に

開く コメント(6)

寒天レゴ

でました!レゴシリーズ!!

買ってきましたよ。寒天。
イメージ 1

DOFU!ストロベリー味!

Made in USAな寒天パック。ちゃんとあるんですね〜。Since 1979ってかいてあるので、何気に定番商品なんですね。もうフルーチェとかと変わらないじゃん。
箱の裏の説明が英語、スペイン語、中国語、日本語です。珍しいですね。日本語説明がパッケージにあるの。

変な話ですが、Dofu情報、スロバキア人ママ友から得たんですよ。ビーチ歩きの時に。海藻が浜に上がっていて、磯の香りがいいね〜って話になって、臭いっていう人もいるけれどいいよね〜ってなって、日本人基本食べるし。爆 みたくなって、そうそう海藻のゼラチンのDofu知ってるってなって、Dofu? (あ〜杏仁Dofu)のことかな〜?ってなって、それで知った。笑

彼女によると、美味しかったけれど子供たちには慣れない食感で、あんま食べてくれなかった〜、でした。

寒天ってとろみをつけるとかにも使えるの?って聞かれて、私は料理苦手だからわからないけれどなんかできそうだよね、くらいで答えときました。汗 (情報求む)

パッケージみたら、1パックで水3カップ半、牛乳1カップ半で約1リットルくらいなので、1パックでレゴいけそうです。

さあ結果発表〜!


イメージ 2

完全ホラー。

イメージ 3

表面が剥がれてしまいました。というか、なぜ牛乳分離しちゃったんだろう…。

う〜ん。これを見たら、次男食べてくれないよね…(長男はこういうの一切食べない。)。
よし、削り取ってごまかすか…。

イメージ 4

うあああああああああ!
赤剥けじゃないかあああああ〜!

…でもちょっと食べてくれましたよ。半べそで。牛乳で流し込みながら。
(お母さんに失礼だと思わないのか?と言った。)

やはり食感がダメみたいでした。食べ物って結局慣れなんですよね。(って、完全にトラウマにした自信あり。)

まあもう1パックあるんでね…これをジェロと混ぜ混ぜして…。

ユーチューバーか!

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事