希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

英語教育

すべて表示

7月20日(土)専修大学で日本英語教育史学会

日本英語教育史学会第273回研究例会のご案内

日時:2019年7月20日(土)14:00〜17:00

会場:専修大学サテライトキャンパス(小田急線向ヶ丘遊園駅北口徒歩1分)

参加費:無料

イメージ 1


研究発表 日本の英語検定教科書に見られる文分類の発達―「5文型」断章2019  

川嶋正士氏(日本大学教授)

本発表では「5文型」の史的研究の一環として日本の英語教育における統語分析による述部の分類法が発達する過程を考察する。人口に膾炙している「5文型」ではあるが、これまで英語教育界での普及を取り上げた論考はほとんどなかったのが発表者の問題意識である。発表では具体的な調査対象は検定教科書とし、以下の区分に従いながら、「5文型」の発達過程をまとめてみる。

I. 1898年〜1916年:斎藤秀三郎の『実用英文法』で現在の「5文型」と同じ分類が示されてから細江逸記の『英文法汎論』が出版されるまで―
II. 1917年〜1946年:『英文法汎論』で「文の5公式」が提唱されてから旧制中学の最終年まで―
III. 1947年〜1958年:新制中学発足から第2回中学校学習指導要領改訂まで―


<自著を語る>
春水の晩年―松江における生き様―『評伝佐川春水』を素材に

提案者:森悟氏(元高校教員)

指定討論者:孫工季也氏(和歌山市立西和中学校講師)

正則英語学校の吊物講師として全国にその吊を知られた佐川春水は、類まれな英語教師であるとともに芸事にも通じ、特に俳句では高い評価を受ける粋人でもあった。阿修羅のごとく働き、明治・大正・昭和の英学をリードした春水であったが、大戦末期、自宅を空襲で焼かれた後は松江に戻り、再び東京の地を踏むことはなかった。しかし春水の人生は松江で再び輝き始めていく。そして多くの人々に影響を与えていくのである。

<問合先>日本英語教育史学会例会担当===メール: reikai@hiset.jp

◆研究例会はどなたでもご参加いただけます(予約不要)。

◆例会終了後に懇親会を行います。こちらにも奮ってご参加ください。

<会場案内>次のリンク先をご参照ください。
専修大学サテライトキャンパス交通アクセス

ブログリンク

更新

開国後の日本-英学史・英語教育史・娯楽移入

刺激を受けた学会全国大会

「六合叢談」に悪戦苦闘している内に、大阪四天王寺大学で行われた日本英語教育史学会第29回全国大会から早くも2週間以上経ってしまいました。 最近...

Paulのブログ−言語による世界の平和を求めて

殺人者・船瀬俊介

今日5月3日は憲法記念日でした。日本国憲法第12条には「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない...

未登録です


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事