希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

*写真は1970年代前半の国立小山工業高等専門学校(栃木県)

10.21といえば「国際反戦デー」が口を突いて出てくる小生らの世代だが、今年の10月21日は別の意味で衝撃的だった。

地元和歌山市の高校で入試説明会があり、入試委員長を拝命している小生が説明におもむいた。

対応に出てくださった教頭先生はとても温厚な紳士で、「先生の論文は雑誌『英語教育』で拝見しております」と、嬉しいメッセージ。お互い英語教員ということで、すっかり打ち解けた。

歩きながら、
教頭先生「私は東大の斎藤兆史先生と同郷なんです。」

小生「斎藤さんは僕の友だちですよ。じゃあ先生は宇都宮出身ですか。僕も栃木県に住んでいました。小山高専の卒業生なのですよ。」

教頭先生「えーっ!」(ここで立ち止まり、顔を見つめる。)
  「僕も小山高専の出身です。1968年入学で、4年で中退したのですが。」

小生「えーっ!」
  「僕は1971年の入学で、機械工学科でした。」

教頭先生「私は工業化学科です。なんという奇遇でしょう!」

かくして、栃木県の工業高専で青春を送った二人が、40年近い時間と800キロもの空間を超えて、英語教員として、和歌山の地で出会った。
万に一つもない奇遇。

(一般の高校出身の人には、この感動は分かりにくいでしょうね。なんせ、高専は各県に1つあるかないかのレアな存在。マイノリティーの結束は強いのですよ。)


記憶が甦ってきた。
小山高専の授業で印象に残っているのは、岩波文庫の魅力を熱く語られた歴史の時野谷滋先生(のちに文部省教科調査官として侵略を進出と変えさせ、歴史教科書問題を起こす)。
英語だけで授業をされるので「キザだな」と思いつつ、意外に優しいので驚いた野中忍先生(今はやりの「英語は英語で」の実践者)。
厳しく英語の基礎をたたき込んでくださった本多俊男先生(東京高等師範学校の青木常雄門下)。
ちょっとエッチな脱線が面白かった国語の小林祥次郎先生(切れ字の専門家だとか)。
英語でも寮監としてもお世話になった吉川邦三先生。
恐かった体育の黒川真幸先生(柔道家)
などなど。
こうみると、教養科目の先生はみな東京教育大系。

専門科目の指導教官は井田晋先生。東北大学の助手から転任されたばかりの流体力学の専門家で、おかげで僕の卒業研究は「風洞実験による建造物周辺の風の研究」だった。(あの論文、母校に残ってるかな?)

その後、2003年に和歌山大学教職員組合執行委員長として上京の折、全国大学高専教職員組合の会合で、同副委員長だった井田先生にお目にかかるとは。これも奇遇。

人生って、面白い!

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

小山高専ですか?工業化学科に宮沢三郎先生居ませんでしたか?私の高校時代の担任でしたが。

2009/10/24(土) 午後 10:54 hn2043 返信する

顔アイコン

えっ、そんなつながりがあるのですか。
『小山高専十年史』(1975)によれば、1966(昭和41)年に「宮沢教官・物理化学担当」として着任されたと書いてあります。
「設計製図・分析化学」も担当されたみたいです。
1972(昭和47)年3月に退職されています。
僕が1年生を終えるときです。
奇遇ですね!

2009/10/25(日) 午前 1:25 [ 江利川 春雄 ] 返信する

顔アイコン

世の中狭いもんですね。
岩手県にある演習林でアカマツの生態調査をした帰り、岩手富士、八甲田山などまわって、小山高専に宮沢先生を訪ねって行ったことありますよ。

2009/10/25(日) 午後 9:34 hn2043 返信する

顔アイコン

化学、69年入学です。寮生でした。宮沢先生から物理化学の授業でお世話になっておりました。卒業前に定年退官されたと記憶しております。
お名前の上がっている先生方の授業や試験の記憶が蘇ります。特に歴史の大3問、小1問の試験がw 先生の主義主張と真反対の本を貪り、解答欄書いたら書き賃を半分ほどくださりせんせいのいけんを書かれてました、青かったあの頃(^_^;) アップからだいぶ経っていますのでお目に止まるかどうか… 関係があったかどうかわかりませんがコンピュータ室の南斎(旧姓金井、当時技手)教授が今年度で定年退官だそうです。

2016/2/17(水) 午後 11:05 [ nabe3 ] 返信する

顔アイコン

nabe3 様、嬉しいコメントをありがとうございました。
69年というのは熱い時代ですね。
小山高専も創設50年。先日、最新の同窓会名簿が送られてきました。

2016/2/18(木) 午前 0:41 [ 江利川 春雄 ] 返信する

顔アイコン


私の時も東京工業大学付属工業高校でしたが宮沢先生は物理化学の授業を担当していました。
もう、半世紀以上前の話ですが・・・^^;

2016/3/6(日) 午前 1:47 hn2043 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事