希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

全体表示

[ リスト ]

「教育のつどい2011」に出席のため、千葉に来ています。
本日は全体会で、いよいよ明日から外国語分科会が2日間にわたって開催されます。

冒頭で、僕は共同研究者として基調報告を行います。


  →過去ログ参照。

同検討会の主な活動目的は、2003〜07年に実施した「『英語が使える日本人』の育成のための行動計画」の改訂です。
そのため、今回の「提言」も「行動計画」の路線ときわめて近い「英語スキル一辺倒主義」的な貧しい内容となっています。

「行動計画」の問題点については拙著『英語教育のポリティクス:競争から協同へ』(三友社出版、2009)を参照してください。

この「提言」に対しては、日本外国語教育改善協議会2011年度世話人会が批判的な意見を吉田研作座長に提出します。

僕はいま出張中のホテルにおり、細部に立ち入って「提言」を批判する時間的余裕はないのですが、取り急ぎメモ風にコメントしておきます。

・「外国語能力の向上に関する検討会」でありながら、「提言」は「国際共通語としての英語力向上のための・・・」であり、多言語主義が世界の基調となる中で、「外国語=英語」とするきわめて貧弱な外国語政策の提言となっている。

・公教育での到達度評価を外部試験にゆだね、中学卒業時に英検3級程度、高校卒業時に英検準2級〜2級と設定している。
 学習指導要領と英検とは、たとえば語彙一つをとっても整合しない(指導要領では中学校の語彙数は1200語、英検3級は2100語、高3までの語彙数は約3000語、英検2級は約5100語)。生徒の到達度を外部試験に委ねることは教育課程を歪め、内容を貧弱なものにしてしまう。

・英語教員には英検準1級以上、TOEFL(iBT) 80点、TOEIC 730点以上を求め、教員採用試験でもスコアの活用を求めている。しかし、たとえばTOEICはビジネス用の英語力を測る試験であり、教員の能力・資質をこうした外部試験で安易に評価すべきではない。スコアが一人歩きして、教員への差別・査定につながることが懸念される。

・「学校は、学習到達目標をCAN-DOリストの形で設定・公表し、達成状況を把握」とあるが、会社の売上とは違い、公教育の学習到達目標はCAN-DOリスト的なもので安易に測れるものではない。
 たとえば、英検の合格率を目標に掲げるならば、授業の内容を英検対策的なものにし、クラブ指導や生活指導を放棄して、ひたすら英検対策にシフトすれば「目標」は達成されよう。しかし、もはやそれは公教育ではない。

・優秀な外国人教員の採用促進や民間の人材活用を提言しているが、危険きわまりない。教師は専門職であり、そのために厳格な免許法が適用されている。素人を安易に教壇に立たせるべきではない。

・「地域の戦略的な英語教育改善のための拠点校を形成」(250校程度)と提言しているが、公教育は一部の学校のみではなく、全体を底上げすべきである。

・そのために、クラスサイズの削減と教員の増員こそがカギであるが、「提言」はそうした条件整備についてはまったく言及していない。

その他、きわめて問題の多い提言なので、ぜひ全体を読み、各自で批判的に考え、対応していきましょう。

この記事に

閉じる コメント(73)

顔アイコン

江利川先生
ご回答有り難うございましたm(__)m

「無」から構築するわけですので難儀するのは分かってましたが、新制中学の場合は学力差が広すぎますからヤりにくさは数倍に広がりますね。新入生に対する指導は小・中・高に関わらず大変ですが、初めて習う(最近は小学校でも習いますが…)から余計に神経使いますね。

「成績の最下位クラスと最上位クラスの担当を志願」とは本当に勇気がありますね。最上位クラスのレベルは東大・京大志望レベルでしょうが、最下位クラスは具体的にはどの程度だったのでしょうか?アルファベットを卒業した辺りですか?中一を卒業した辺りですか?詳細にお答え願えませんか? 削除

2011/8/23(火) 午後 3:34 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

私がいた予備校では、最下位クラスの浪人生はほぼ高1レベル程度だったように思います。1990年前後ですが。
その点、現在より楽でした。

2011/8/23(火) 午後 4:05 [ 江利川 春雄 ] 返信する

顔アイコン

江利川先生
ご回答有り難うございましたm(__)m

浪人で高1レベルですか…。それは現在よりマシなのは間違いないですね。現在なら中一レベルの浪人生がいそうですね
それこそ
私は彼が好きである。
→I like he.
と書きそうな受験生がいそうです。尤も私が出会ったこの手の生徒は、高1でした。
ただあの頃より18歳人口が少なくなっていますので、今の方が選ばなければ「大学入学」は可能ですよね。 削除

2011/8/23(火) 午後 4:55 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

伊藤英語の継承者の一人さん
2011/8/23(火) 午前 4:28の書き込みについて
きちんと理解している人もいるのですね。安心しました。
私は公立中高出身なのですが、親も同級生も「学校には任せられない」という空気の中で育ったためか、どうもそういった意見に過敏に反応するようです。
(皆様:話を引き戻してしまい、申し訳ありません) 削除

2011/8/24(水) 午前 11:57 [ i ] 返信する

顔アイコン

iさん
スミマセンm(__)m
発言の主旨が分かりません。分かりやすく仰ってくださいませんか?

なお、2011/8/23(火) 午前 4:28の書き込みについてですが、補足として「地元一の公立学校」であり、「地元一の学校」ではありません。「地元一」は私立の中高一貫校です。したがって学校を信頼していないことはないのですが、補強として私の指導があったわけです。例えば、関係副詞を中学時代彼は塾で習っていたわけですが、例の「先行詞が場所を示すときはwhere…」の考え方を習得していたわけです。それを私が修正したら目を輝かせていました(こんな時が一番嬉しいです)。因みにその生徒は現役で医学部医学科に合格しました。順調にいっていれば、医者になっているはずです。 削除

2011/8/24(水) 午後 1:39 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

伊藤英語の継承者の一人さん
私は中高時代を、生徒・保護者の(特に学習面に関して)学校に対する不信を目にしながら過ごしたので、小林さん氏のような意見を見て、どうやら私は「これが代表的な保護者の考え方なのかな」と早とちりをしていたらしい、
が、先の継承者の一人さんの書き込みを見て、小林さん氏のような考え方が世間(特に中高生の保護者)の平均的な意見だとは限らないということを理解した、というのが主旨でした。
改めて自分の書き込みを読み返してみると、何を言いたいのかさっぱり分かりませんね。申し訳ありませんでした。(これで理解して頂けるか、いまだに不安ですが……) 削除

2011/8/24(水) 午後 3:17 [ i ] 返信する

顔アイコン

なるほどわかりました

「今は難癖をつける保護者ばかりいない」

ということですね?ただ地域性にもよりますが、難癖をつける場合もあるみたいですよ。今の職場の怠惰な職員(寝る、食う、屁こく)は、あくまでも噂ですけど、間違ったことを教えたということで委員会に訴えられていたみたいですね。私も一昨年担当したクラスを昨年外されたのは、ある生徒が私にビビってたことが原因だと思ってますよ。学校の人権・同和教育推進部に相談に来てましたから。またその担当者が教科主任でしたからね。またハッキリとは言われませんが、「○○はおとなしめだから、先生が苦手なんですよ」なんて担任がそれとなく私に言いましたから、そうだと思ってます。
したがって「難癖をつけられてない」をより正確に言うと、「教え方が悪いと言って難癖をつけられてない」ですね。当たり前です。「継承」しているのですから(謙虚さが足りない…)。 削除

2011/8/24(水) 午後 4:32 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

ただ、中学に対しては今も学習面で当てにしていないと思いますよ。義務制だから、どうしても出来る子は足踏みさせられるのは昔と変わらないみたいですから。私が中学に実習に行ったとき、どう見ても足踏みさせられている感は拭えなかったからですね。
そもそも公立中学の教員が子どもを塾に通わせているくらいですからね。内部事情に精通しているから、余計にそうあるんじゃないんですか?
高校の場合は、そこまではないと思いますよ。高3では課外を腐るほどしますし、私も昨年は土曜日は返上してましたよ(土曜課外がない学校でしたから、無償です)。各学校、「進路保障」は課題ですので、当然ですが…。 削除

2011/8/24(水) 午後 4:58 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

iさん
「公立中学の教員が子どもを塾に通わせている」
についてちょっと補足します。勿論全てがそうあるとは言いませんので…。
公立の教員が我が子を私学に通わせたり、私学の教員が公立(高校)に通わせたりすることはありますので…。まぁ一本筋金が通った先生は、意地でもそういうことはされませんがね。「愚か」と言えば「愚か」でしょうが、私はそういう意地がある教師は好きです。厳しいけど暖かみがある人が多いですから。 削除

2011/8/25(木) 午前 10:18 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

皆様がご自分の立場で児童や生徒にとって何が大事かを真摯に書き込まれているのを拝見して、年長者として嬉しく拝見しています。以前「外国語・日本語という考え方は、古い」と発言させていただいたものです。言語教育は、人間にとって必要不可欠です。そして個人差が広いことも事実です。江利川先生は、この項目の最後に皆さんひとりひとりがこの提言をよく読み、批判的に検討されることを望んでいらしたはずだと思います。批判的に議論することが言語教育にも非常に重要です。この点が今の教育には、欠けています。
英語も日本語も大事です。いつまでも切り離して教育しようとする提言をさせる文科省のお役人がちょっとやっぱり古いのかな。教員免許の問題も古いですよね。Mr.YENと呼ばれた榊原氏が一生懸命学校教育について提言をされているのですが、やはり経済学者であった方のご意見は、文科省としては、好みでないのでしょうか?そういえば江利川先生も…?(苦笑)私自身は、公立小学校で外国語教育を行なっています。地道に忍耐強く実施しているつもりです。
いつか江利川先生には、実践をご報告申し上げたいと思いつつ、先生のブログを励みに頑張ります 削除

2011/8/25(木) 午後 0:30 [ hirogon ] 返信する

顔アイコン

伊藤英語の継承者の一人さん
中高の現状についていろいろ教えて頂き、ありがとうございます。特に
「(全員ではないが)そもそも公立中学の教員が子どもを塾に通わせている」
「公立の教員が我が子を私学に通わせたりしている」
これらは少なくとも私の通っていた当時の中学校では考えられないことで、ちょっと驚きました。 削除

2011/8/25(木) 午後 8:40 [ i ] 返信する

顔アイコン

例えばある管理職には息子が3人いましたが、全員地元最高の中高一貫校に中学から入れてました。ご子息が優秀ではあるのは間違いないのですが、生徒に「○○先生の息子さんたちは優秀だよ。3人とも××に入っているからね」なんて、そね管理職を高く評価してもらおうと思って言おうものなら、トラブルが起こったと思いますよ。「何で公立の○○が子どもを××に行かせるんだ?」なんて劣等感から言い出しかねませんから。だから私は黙っていました。
まぁ勿論学習面だけでなく、安全面も考慮に入れて通わせるのかもしれませんが…。
(多分続く) 削除

2011/8/25(木) 午後 10:49 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

「安全面も考慮に入れて通わせるのかもしれませんが…」
と私は言いました。これは「公立中学が荒れているから、それを避けるため」という意味です。その意味で実績があまりない私立中に通わせる教員もいますよ。
以前私はそういう私立中高一貫校に勤務したことがありますが、保護者が公立学校に勤めているところはスゴいですよ〜「お前の所に通わせて『やっている』」という態度をするそうですから(私は当時非常勤でした)。滑り止めとしてしか見てません。更にその学校は他の高校の受験を認めていましたから(普通は受験には退学手続きが必要だが、そこは高校受験に失敗しても高校に進級できる)、尚更そうじゃないでしょうか?
(終わり) 削除

2011/8/25(木) 午後 11:03 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

前回の「行動計画」の時と同様、早速、文科省より標記提言に係る状況調査依頼がおりてきました。今回は、「CAN-DOリストによる設定・公表及び達成状況の把握の状況」「英語担当教員の英語力の状況」をたずねる項目などが新たに加わっています。以上、情報提供まで。

2011/8/29(月) 午後 3:19 [ yoshi_motto ] 返信する

顔アイコン

情報提供をありがとうございました。
学校に数値目標を設定させ、教員と生徒が到達したかどうかを見たいのでしょうね。
こうした数字による管理ばかりが進みますが、文科省が一番やらないと行けないのは、教育予算を財務省から取ってきて、教育条件を良くすることです。
それ以外は、何も要りません。あとは、教員だけで十分にやれます。

2011/8/29(月) 午後 3:59 [ 江利川 春雄 ] 返信する

顔アイコン

要するに文科省には金を融通することだけしてほしいわけですね。
文科省の思考行動は
「○○の考え休むに似たり」
どころか「台風に似たり」ですからね 削除

2011/8/29(月) 午後 5:26 [ 伊藤英語の継承者の一人 ] 返信する

顔アイコン

>文科省が一番やらないと行けないのは、教育予算を財務省から取ってきて、教育条件を良くすることです。それ以外は、何も要りません。あとは、教員だけで十分にやれます。

ガハハ江利川先生ぶっちゃけすぎですよ。橋本が圧倒的な支持を与えるような「世論」は我々公務員にはキツイわけですから・・もっと自重しましょう(笑)でないと、出入り禁止の小林某がいっていたように「英語もできず学問もやらずに政治的にだけ動こうとする」なんていわれてしまいますから。個人的には私は大変楽観視してます。なんといっても、我らが輿石先生が幹事長ですからね。教職員は一致団結して戦いましょう!未来は明るい! 削除

2011/8/31(水) 午後 5:00 [ 難波教員 ] 返信する

顔アイコン

僕も早く大人にならないといけないのでしょうね。
いいトシなのにね。
<m(_ _)m>

2011/8/31(水) 午後 6:23 [ 江利川 春雄 ] 返信する

顔アイコン

前略、やっと昨日(10月21日)に、文科省国際教育課に「意見」を提出してきました。改善協世話人代表田島 削除

2011/10/22(土) 午後 1:25 [ 田島久士 ] 返信する

顔アイコン

田島さん、重要なお仕事をありがとうございました。
また、フライング掲載してしまい、たいへん失礼しました。
またお目にかかれる日を願いつつ。

2011/10/22(土) 午後 5:03 [ 江利川 春雄 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事