希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全234ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

合宿でエリゼミ始動!

新学期が始まり、新しい出会いでワクワクします。

エリゼミ(和歌山大学英語教育・江利川ゼミナール)もスタートしました。

前期の参加者は、本ゼミ生が院生を加えて7人、副ゼミ生(他のゼミ所属)8人の総勢15人です。

実は、エリゼミは大学の授業が始まる前からスタートしています。

恒例の新歓合宿です。

今年は4月3・4日、和歌山県有田川町の古民家「やすけ」で開催されました。

詳細は、ゼミ報告をご覧ください。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

和歌山大学岸和田サテライトの一環として、以下の講演を行います。

どなたも無料でご参加いただけます。

ぜひ、お越しください。

イメージ 1

【4/19(水)】第91回わだい浪切サロン「新学習指導要領で英語教育はどうなる?どうする?」

日 時  2017年4月19日(水)午後7時〜8時30分

場 所  岸和田市立浪切ホール1階多目的ホール

話題提供 江利川 春雄(教育学部教授)

英語が使える「グローバル人材」育成を旗印に、2017年告示の新学習指導要領は小学校3年生からの外国語活動の導入と、5年生からの正式教科化を盛り込んでいます。

しかし効果は疑問視されており、教員研修の不備など問題山積です。

中学・高校では英語の授業を英語で行い、単語数も急増するなど、英語嫌いの増加が懸念されます。

また、生徒同士が能動的・協同的に学び合うアクティブ・ラーニングの導入が打ち出されており、講義・解説型授業をいかに転換するかが問われています。

講演では、英語教育の最新の動向と各地の実践を紹介し、平等と協同の原理で子どもたち全員を伸ばす「豊かで楽しい外国語教育」をどう実現するかを共に考えたいと思います。

http://www.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/pickup/pickup_63.html

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2016年度の終わりに

2016年度もいよいよ終わりですね。

卒業式を終え、送別会も終えて、気分を一新し、新しい学生・院生たちとの出会いを楽しみます。

桜も咲き始めましたし。

イメージ 1

もうじき次期学習指導要領も出るはず。

外国語教育に関しては、元文部科学省教科調査官だった知人の某氏が、メールで「史上最悪の指導要領」だと憤慨していました。

同感です。

とりわけ、深刻なのは以下の3点。

,泙箸發塀猗・教員研修もせずに実施を強行する小学校外国語活動の早期化・教科化

学問的・実践的根拠もなく実施する中学校での「英語による英語授業」

0豕い烹嫁椶傍涸する中学校の英語語彙

これらの問題点については、「グローバル・エリート育成に特化した英語教育」(『人権と部落問題』2017年4月号)を書きました。

また、私たち「4人組」(大津・鳥飼・斎藤・江利川)の対案を、「ひつじ英語教育ブックレト」第4弾『英語だけの外国語教育は失敗する―複言語主義のすすめ』として発表します(原稿は昨年中に書いたのですが、いろいろありまして5月発売予定です)。


新学期早々の4月2日(日)には、下記の講演も行います。

■日時 4月2日(日)13:30〜16:30(開場13:00)

■場所 エル大阪 南734号室
地下鉄谷町線・京阪「天満橋」下車7分

■講演 江利川春雄(和歌山大学教育学部教授)

    「新学習指導要領における英語教育政策の危険性と対応策」

■参加費:800円(学生400円、事情のある方はご相談ください)

■主催 子どもに『教育への権利」を!大阪教育研究会
http://eduosk.cocolog-nifty.com/blog/

一緒に、英語教育問題を考えましょう。

そうそう、ゼミ報告が1つ残っていました。

では、来年度もよろしくお願い申し上げます。

イメージ 2
イメージ 3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

2017年2月に公表された次期学習指導要領案は、小中学校の外国語教育に関しても、きわめて危険な内容が含まれています。

これに対して、ぜひパブリック・コメントで批判し、修正を求めましょう。

送ったパブコメは公的に記録され、開示請求も可能です。

「どうせ無駄」などと言わず、意見を送りましょう。沈黙は加担です。

締切が3月15日(水)に迫っています。

すぐ行動を起こしましょう。

ネットからは、以下にアクセスして下さい。(鳥飼玖美子さん情報によれば、文科省はわざとアクセスしにくくしているようです。)

「学校教育法施行規則の一部を改正する省令案並びに幼稚園教育要領,小学校学習指導要
領案及び中学校学習指導要領案に対する意見公募手続(パブリック・コメント)の実施
について」


ネットでは2000字以内です。

参考までに、私の意見を述べます。

次期学習指導要領案(外国語)に対する意見

小学校・中学校の外国語教育方針に対して、3つの疑問があります。

1. 小学校外国語活動の中学年実施と高学年での教科化は撤回すべきです

(1)入門期の外国語指導には高度な力量が要求されますが、小学校教員の英語免許所持率は5%、英検準1級以上の所持率は0.8%にすぎません。実施には本格的な研修が必要ですが、その体制が整っていません。小3以上の担任は約14万4千人ですが、国が研修を課す英語教育推進リーダーは平成30年度までに約1千人だけで、推進リーダーから指導を受ける中核教員は31年度までに約2万人(各校に1人程度)にすぎません。残り12万人以上はまともな研修も受けられずに外国語を担当させられるのです。これでは教員に重い負担を課すものの、教育の質は保障されません。英語嫌いや苦手意識を増やし、その後の学習への悪影響が強く懸念されます。

(2)教科としての外国語は週2コマに減らされ、しかも1コマ分は10〜15分の短時間学習等で埋め合わせようとしています。これでは学習効果が低い上に、教員の負担が著しく、小学校教育全体を疲弊させるでしょう。

(3)見切り発車で実施すれば、塾等で英語を習う子どもが一段と増え、学力格差が早期化するでしょう。中学入試への英語導入も過熱し、受験英語化も懸念されます。

(4)外国語の学習で大切なことは、早期に始めることではなく、指導内容の質と学習時間の量です。つまり、児童英語教育に熟達した教師が指導し、1500〜2000時間以上をかけない限り、有意な効果は期待できないのです(バトラー後藤裕子『英語学習は早いほど良いのか』2015)。
 英語教育の充実のためには、限られた予算と人員は中学・高校に向けるべきです。とりわけ、外国語教育には20人以下の少人数学級やIT機器などの整備が不可欠です。


2. 中学校の語彙の大幅増は無謀すぎます

 現在、中学生が各教科に対して「好き」と回答した割合は、英語が最低です(ベネッセ「第5回学習基本調査2015」)。にもかかわらず、改定案は中学校外国語の語彙(新語数)を現行1200語から1600〜1800語に引き上げ、小学校段階の600〜700語(これも無謀)を加えると合計2200〜2500語、つまり現行の1.8〜2.1倍に激増させようとしています。
 しかも、現在完了進行形や仮定法を中学校に下ろし、英語で授業を行うことを求めています(後述)。これでは、英語がわからない、嫌いという子どもを急増させかねません。中学生の現状を踏まえるならば、語彙や文法項目を現行以上に増やすべきではありません。


3. 中学校英語の「授業は英語で行うことを基本とする」は削除すべきです

 (1)この方針には学問的・実践的な根拠がありません。「英語で授業」は2013年度から高校で実施されましたが、この方針は中央教育審議会外国語専門部会の審議を経ていません。次期学習指導要領改訂に関する2016年12月の中教審答申では「高校生の多様性を踏まえ、外国語で授業を行うことを基本とすることが可能な科目を見直す必要がある」と指摘し、事実上、方針の誤りを認めました。にもかかわらず、中学校に下ろすのは支離滅裂です。
 現在の世界の外国語教育界では、母語の適度な活用は外国語学習に効果的であるとの知見が主流です(江利川・久保田「学習指導要領の『授業は英語で』は何が問題か」『英語教育』2014年9月号)。
 子どもの概念形成や思考力と感性を豊かにする上で、母語の鍛錬と再認識は欠かせません。そのために、日英比較や、和訳を含めた日本語の適切な活用を推奨すべきです。

 (2)教師の裁量権に対する不当な介入です。英語と日本語をどう使い分けるかは指導内容や生徒の特性などによって慎重に見極める必要があります。国が学習指導要領で「英語で授業」と定めてしまうことは、教師の裁量範囲を狭め、実態に応じた柔軟な授業運営を阻害しかねません。学習指導要領で使用言語まで拘束することは1976年の最高裁「旭川学テ判決」に反しています。国が行うべきは、教師に最大限の裁量権を与え、予算的・人的な条件整備を行うことです。

 (3)戦前の失敗から学んでいません。1922年に来日したハロルド・パーマーは、英語で教えるオーラル・メソッドの普及に奮闘しましたが、軌道に乗りませんでした。こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本語の使用を認めるようになったのです。

 見切り発車の小学校英語の早期化・教科化、中学での「英語で授業」と語彙の大幅増は、英語嫌いと苦手意識を加速させるでしょう。こうした無謀な方針を盛り込むべきではありません。
 よろしくご検討をお願いいたします。
(1955文字)

【3月10日追記】

「こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本語の使用を認めるようになったのです。」という表現は誤解を招きそうなので、補足説明します。

2000字以内という制約のため、文章を極端に圧縮したのですが、より正確には次のようになります。

「こうしてパーマーは1927年に自説を修正し、日本では読書力の養成に主眼を置くべきであることを理解しました。その後のパーマー理論は、英文和訳などの日本語の使用を認める「福島プラン」(1933)などの現実的な実践を通じて、ようやく日本の英語教育界に受け入れられるようなったのです。」

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2月20日(月)、ゼミの学生・院生と共に、和歌山県有田市立宮原小学校を訪問しました。
本年度3度目です。

見学させていただいたのは1年生の算数。

協同的な教育実践において、藤井英之校長率いる宮原小学校は全国でもトップレベルに達していることを再確認しました。

まさに、驚きの授業でした。

これまで協同学習は困難だと言われていた小学校1年生ですが、児童同士が深くかかわり合い、さりげないケアをしながら、仲間と共に学び合い成長していく姿に強く感動しました。

イメージ 1


とりわけ、私が観察の中心に置いたA君は特別な支援が必要と思われる子でしたが、教師からの働きかけはごく短時間の1回のみでした。

それ以外のほとんどの時間では、周囲の子どもたちが自然体で接し、かかわり合っていました。

それこそが、A君への「特別ではない支援」になっていました。

最後の確認テストでA君が満点を取り、先生から大きな○をもらったときの嬉しそうな、自信に満ちた表情が忘れられません。

宮原小学校では教室に教師のいる授業と、いない自習の授業での確認テストの成績がほぼ同等か、むしろ教師のいない授業の点数が高いと伺いました。

このことは何を意味するでしょう。

授業とは教師が教えるもの、授けるものという積年の固定概念を打ち破る必要性を痛感しています。

というか、すでに実践によって打ち破られているのです。

教師の役割とは、学びのコーディネーターに徹し、いかに子どもの主体性を引き出すか、内的動機付けを高めるかに基軸を置くべきであることを、宮原小学校を見学するたびに強く思います。

そうなると、私たちのような大学での教員養成の責任は重大です。

今後、どれだけ協同的な学びをコーディネートできる教員を大学で育成できるかが、火急の課題として問われています。

また、教育行政も、このような素晴らしい実践を展開されている宮原小学校からもっと学び、授業・学校改革のモデルとして、その実践的な知見を各校に広げるべきだと思いました。

文科省の国立教育政策研究所の関係者や県外からの来訪者が多いのに比べて、行政の対応の鈍さに寂しさと危機感を感じます。

この3月には藤井校長が退職され、また多くの教職員の異動もあるように伺っています。

異動は一般に授業・学校改革の大きな障害にもなります。

これまで培ってこられた実践経験と知見を来年度以降もぜひ継承し、また異動先の学校での授業改革に活かして頂きたいと切に願っています。

そのために、及ばずながら今後とも協力できれば幸いです。

というか、今後も同校の卓越した実践から多くを学び取りたいです。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全234ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事