希望の英語教育へ(江利川研究室ブログ)

歴史をふまえ、英語教育の現在と未来を考える、和歌山大学江利川研究室のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全247ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

東大・京大など旧7帝大中6大学が、出願要件ないし必須要件としない。

文部科学省や国立大学協会の強い縛りがあるにも関わらず、大学英語入試への民間試験の導入は、スタート前から前代未聞の異常な展開となりました。

なぜ、このような事態になったのでしょうか。

大学英語入試「民営化」の問題点を、『全大教新聞』第357号(2019年3月10日)に寄稿しました。

イメージ 1

全大教というのは、全国大学高専教職員組合の略称で、和歌山大学教職員組合など国公立大学などが加盟する全国組織です。

この記事を読まれた「地方国立大学教員」(匿名)から私に葉書が届き、次のように書かれていました。

「英語民間試験利用の問題点の指摘、全くそのとおりだと思います。国大協内で真面目に議論が行われたとは思えませんが、国大協のガイドラインを完全には無視できないという大学執行部の主張に従い、本学も東大方式を採用することになりました。弱小大学の精一杯の抵抗と言ったところです。」

「東大方式」とは、(1)CEFRのA2以上を出願要件とする。ただし、(2)高校からA2レベルに相当する英語力があるとの証明書、または(3)いずれも提出できない場合には理由書を出せば代替措置とする、というものです。

要するに、民間試験は出願の必須要件にはしない、という賢明な方針です。

この東大方式が、その後の流れを変え、全国の大学に希望の光を与えていることがわかります。

W大学でも「英語入試に民間試験A2の成績を出願要件とする」という大学執行部の流れができつつありました。

しかし教育学部の教授会ではこの方針は認められず、継続審議を経て、最終的に民間試験は出願資格として活用するが、やむを得ない事情がある場合には理由書をもって代替させることに決しました。

また、学部長は出願資格はA2ではなくA1にしたいと明言しました。
これは熊本大学の英断と同様、素晴らしいことです。

いま、全国各地で同様のバトルが展開されていることでしょう。

制度設計の不備が、学校現場に大混乱を招いています。

政府や文科省の関係者は、この失策でもまた、誰も責任を取らないつもりなのでしょうか。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

新英研和歌山支部の研究例会

どなたでもご参加いただけます。
皆さまのお越しをお待ちしております

日時:3月9日(土) 10:00〜12:00
 (*同日13:45からは同じ教育学部で和歌山英語教育研究会も開催されます)

会場:和歌山大学 東3号館(教育学部)自然棟410教室(4階)



【内容】

1 少し長めの参加者自己紹介
  最近の授業や教育活動や研究で悩んでいること、うまくいったこと、課題点、到
達点など自由に出し合いましょう!

2 発表1 「自分たちで授業をつくり、未来を創る」 和歌山大学 江利川春雄

 全国各地の小中高で行われている協同学習授業実践を数多く見てこられた江利川先
生が到達した「授業がうまくいくツボ」とは?4月からの新年度に向けて必見の発表で
す!

3 発表2 「高校英語科授業におけるMediationを踏まえた生徒の役割について−「英語
表現供徑儷飢塀颯妊スカッションパートの分析から−」和歌山大学教育学部4回生 小
阪直也

 2018年2月に発表されたヨーロッパ共通言語参照枠(CEFR)のCompanion Volume(補足版)に記載されたmediation(仲介)の概念で、実際高校で使われている英語の教科書の使用法をとらえるという、学習指導要領の1歩2歩先を行く研究。指導要領の4技能5領域という固定観念を超えた新しい世界を、4月から高校の教壇にたつことになる青年教職員のホープ、小阪さんから聞き出しましょう!

イメージ 1

会費:一般会員1000円 学生会員500円
 ※今回初めて会に参加される方は無料です。次回の研修会から会費を徴収させていた
だきます。

akohi11923[@]live.jp

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本英語教育史学会 第272回 研究例会のご案内

◆例会は会員・非会員に限らずどなたでもご参加いただけます(予約不要)。
  ふるってご参加ください。

 日 時: 2019年3月16日(土)14:00〜17:00

 会 場: 真宗教化センター しんらん交流館

        (京都市下京区諏訪町通六条下ル上柳町 199)

 参加費: 無料

研究発表

 1940年幻の東京オリンピック及び1964年東京オリンピックにおける英会話ブーム

溝口 悦子氏(拓殖大学・早稲田大学(非常勤))

【概要】太平洋戦争開戦間近の1940年に開催予定だった東京オリンピックと、戦後高度経済成長期に開催された東京オリンピックにおいて、一般庶民はどのように英語と向かい合っていたのか。英会話ブームと呼べる現象はみられたのか。本発表では、それぞれのオリンピックにおいて日本人が英語と向き合う様子と背景を、国立公文書館所蔵の資料や新聞・雑誌記事等の分析を通して、浮き彫りにすることを試みたので報告する。


研究発表

 旧制第五高等(中)学校お雇い外国人英語教師の経歴と教育業績

西 忠温氏(元崇城大学教授)

【概要】明治19(1886)年政府は「中学校令」を発布、全国に5つの中学校が設置され、翌年熊本では第五高等中学校がスタートした。同27(1894)年高等学校(通称五校)に昇格、帝大進学のための超難関校となり、昭和16(1941)年12月8日の対米英宣戦布告まで17人の外国人教師が在任した。 

本発表では熊本市の崇城大学共同研究チームで調査研究した紀要論文9編から4編を選び、各人の経歴と教育実績などについて報告する。

イメージ 1

<問合先> 日本英語教育史学会例会担当 メール: reikai[@]hiset.jp

       
        ◆例会終了後に懇親会を行います。こちらにも奮ってご参加ください。


<会場案内>

 次のリンク先をご参照ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年度第3回和歌山英語教育研究会のお知らせ

和歌山英語教育研究会会長
江利川春雄(和歌山大学教授)
---
時下ますますご清祥のこととお慶び申しあげます。
さて、標記研究会を下記の通り開催いたします。
関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。
ぜひ、ご参加くださいますようお願い申しあげます。
---
日時: 2019年3月9日(土)13: 45〜17:00
※開始時刻が通常より早くなっています。ご注意下さい。

会場: 和歌山大学 東2号館(教育学部講義棟) L-202・203(〒640-8441和歌山市栄谷930)
※会場も通常と違い2階になっています。キャンパスマップでご確認ください。


内容:
13: 45 受付
14:00 発表1
テーマ:「the Solomon Islandsの紹介」

発表者:Ms.Boka Emarlyn Marade(和歌山大学観光学研究科前期課程2年)

要 旨:和歌山大学観光学研究科の留学生、ボカ エマリン マレードさんが、ソロモン諸島の生活や文化について、英語でご紹介します。

14:20 質疑応答
14:30 休憩
14:40 発表2
テーマ:「参加者全員で仮想の文化を再現!文化葛藤を乗り越えるための心構えを学ぶ授業」

発表者 藤田恵奈さん(元青年海外協力隊員としてアフリカ・ベナンに2年間赴任、和大教育学部4回生)

要 旨:アフリカで小学校教育に携わった体験をお話し頂き、異文化体験活動Bafabafa を参加者に実体験してもらいたいと思います。

16:10 休憩
16:20 質疑応答
16:50 諸連絡
17:00 閉会
---
17:30: 懇親会(実費自己負担):「赤鬼本店」(〒640-8451和歌山市中347-1電話073-455-7954)

資料代: 会員無料・非会員一般300円・学生200円

入会: 年会費(一般800円・院生・学生600円)

イメージ 1

メーリングリスト: 件名「WASETのML登録」、本文に「登録アドレス(複数可)」と「お名前」をご記入の上、下記の問合先までご送信いただくか、受付でアドレスをご記入いただきますと毎回ご案内をお送りします。

ホームページ: http://www.nnc.or.jp/~waset/

※当日のご感想も、下記問合先までお送り下さい。情報管理に十分注意を払いホームページでご紹介させていただきます。

問合先: waset2[@]gmail.com


なお、当日午前10時から、東3号館(教育学部自然棟)410で、新英語教育研究会和歌山支部例会も開催されます。ぜひご参集ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本英語教育史学会 第271回 研究例会のご案内

私も拙著『日本の外国語教育政策史』について発表の機会をいただきました。

ぜひ、お越しください。

 日 時: 2019年1月12日(土)14:00〜17:00

 会 場: 順天堂大学 お茶の水キャンパス第2教育棟303教室
        (東京都文京区本郷2-4-4) 
       →キャンパスマップ

 参加費: 無料

研究発表

 Harold E. Palmerはリーディング力育成に関して何を残したか

久保野 りえ 氏(筑波大学附属中学校講師)

 Harold E. Palmer は音声を重視した英語教授法を主張したが、リーディングについてはどのように考えていたのであろうか。英語教授研究所のBulletinにPalmerが書いた記事等からリーディングについての記述を収集すると、現在にも活きる提言が早い時期からされていた。在日当時の雑誌では強い批判も見られ、リーディングにつながる音声の授業が理解されなかったことがわかる。Palmerのリーディング面での功績を明らかにしたい。


研究発表

 <自著を語る> 政策史から現政策を斬る:江利川春雄著『日本の外国語教育政策史』を素材に

提案者:江利川 春雄(和歌山大学教授)

指定討論者:拝田 清 氏(和洋女子大学教授)

 官邸主導による「グローバル人材育成」を学校教育に求める異常な外国語教育政策。英語教育界に身を置く者として、沈黙は許されない。まずは即座の反論、幅広い呼びかけ、代案の提起。より根本的には、外国語教育政策を歴史的にたどり直し、現状の問題点を学問的に焙り出すこと。古代にまで溯り、現実の政策批判に追われ、刊行に7年を費やした。政策史年表と資料集も附したので、多角的・批判的な検討の上に、あるべき外国語教育政策を共に考えていきたい。

イメージ 1

<問合先> 日本英語教育史学会例会担当 メール: reikai@hiset.jp

        ◆研究例会はどなたでもご参加いただけます(予約不要)。

        ◆例会終了後に懇親会を行います。こちらにも奮ってご参加ください。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

全247ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事