* PRIMROSE COTTAGE *

花屋のジジです。山の麓でおうち作り、庭づくり。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

毎年恒例〜
誕生日前のミュージカル鑑賞
今年は「A CHORUS LINE」にしました
大好きな作品


ジャズ友のJUNさんがこのところミュージカル鑑賞に付き合ってくれます
価値観が同じ人と時間を共にするのは
とても有意義です

美しいものに触れていたい
表現すること
クリエイトすること
いくつになってもチャレンジできること・・

など

会うたびお互いに刺激しあえます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさに「A CHORUS LINE」はそんな作品で
役を得るため、仕事を得るために
全身全霊で自分自身を表現するダンサーたちのストーリー

一列に並んだオーディションなど大胆な演出もぐいぐい引き込まれていきますが
ダンサー個々のシーンやお気に入りの歌&ダンスは
観る人それぞれあって語り合うのもおもしろい

80年代のダンスファッションも
今となってはノスタルジックでいいですよね!


映画版では
ザックの元恋人とキャシーがフィーチャーされすぎている
オーディションに遅れてきたのに特別扱い?
など、映画版に否定的でミュージカル版を支持される方の意見が多いですが・・・
私は舞台版、映画版どちらも好きなんです

今回ブロードウェイキャストで見るにあたって
サブタイトルに頼らないよう、役者さんのアクトを見逃さないよう
久しぶりにDVDを引っ張り出して予習〜♪

映画版での私のお気に入りナンバーは
ディアナの’Nothig’
リッチーの’Surprise Surprise’
キャシーの’Let Me Dance for You'
など、感情移入しちゃいます

それに・・
映画版は多少感傷的なストーリーにしがちなんだな〜と

「JERSEY BOYS」の時も論争がありましたから^^;

「BILLY ERIOT」は制作や監督が同じチームだったから
感動はそのままに角度を変えた描き方で観客を魅了してくれましたよね!


おっと、話が脱線しています💦

「A CHORUS LINE」の舞台、最高によかったです!!


そんな話をしながら
JUNさんとアフターも楽しんだ1日でした

イメージ 2

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事