ここから本文です
愛媛県立宇和島水産高等学校 海洋技術科・教育活動等ブログ
えひめ丸や学校での実習、えひめ丸見学会等の活動を紹介します。

新入生

新入生


   この4月、専攻科にも1年生10名が入学してきました。

   船員への自己紹介のあと、早速甲板部、機関部に分かれて作業に
   とりかかっていました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

   食堂に集まるとご覧のような状態。2年生を含め20人の専攻科生が
   乗船中です。
イメージ 5

   えひめ丸で精一杯実習に励んでくれるでしょう。頑張ってください!
イメージ 6




この記事に

開くトラックバック(0)

造船所と新造船の見学研修を行いました

 専攻科1年生が、今治市大島にある山中造船を訪問し、造船所内と新造タンカー  を見学しました。

イメージ 1


 まずは会議室において山中造船の概略と見学に際しての注意がありました。
イメージ 2

イメージ 3

 早速造船所内の見学となりました。あいにくの雨となりましたが、
 傘まで用意して頂きました。
イメージ 4

  船体構造も、これでよく分かります。
イメージ 5

  屋根付きのドックにより、作業効率も上がるそうです。
イメージ 6

  昼食は、三鳳汽船の乗組員さんとの懇談会となりました。
  活躍されている乗組員の話は、参考になることがたくさんありました。
  
イメージ 7


  午後は三鳳汽船の新造タンカーを案内して頂きました。
イメージ 8


  船内居住区や機関室、操舵室だけでなく、荷役制御室やタンクの中も見せて
  頂きました。
イメージ 9

イメージ 10

  タンカーに乗らない限り、見ることはできませんね。
イメージ 11

イメージ 12


  社長からもご説明頂きました。タンカーの安全管理は想像以上でした。
イメージ 13

 今回は専攻科生だけでなく、教員の研修機会にもなりました。
 現場の情報を得るためにも、この様な機会を増やしていきたいと思います。

 山中造船、三鳳汽船の皆様、お忙しい中、本当にありがとうございました。



この記事に

開くトラックバック(0)

西予市愛護班によるえひめ丸見学会

   好天に恵まれたこの日、久しぶりにえひめ丸の見学会が行われました。

   今回は西予市愛護班による見学会です。11家族、30名の方々に来船
   頂きました。

   救命胴衣を実際に膨らませてもらいました。

イメージ 1

   久々にマグロ解体を見学してもらいました。
イメージ 2

   20㎏のメバチマグロです。「結構、重い!」
イメージ 3

   引き続き、船内見学です。
イメージ 4

   無線室も人気がありましたね。
イメージ 5

イメージ 6

    専攻科生もうまく説明できたようです。
イメージ 7

イメージ 8
   
イメージ 9

イメージ 10

   休憩をはさんでマグロの刺身つくりに挑戦です。
イメージ 11

   そして試食。試食といえども、お腹一杯になるまで食べてもらいました。
イメージ 12

   見学者の中から、本校海洋技術科に進学してくれる方がいると嬉しい
   ですね。楽しみに待ってます!!
イメージ 13

   見学会の開催は久しぶりでしたが、子供たちが興味を持って見学して
   くれて、嬉しかったです。
   またのお越しをお待ちしております。




この記事に

開くトラックバック(0)

宇和島港港湾保安対策総合訓練

  平成29年2月15日、好天の中関係機関による総合訓練が開催され、
  えひめ丸も参加しました。

  参加機関は県南予地方局、宇和島海上保安部、宇和島警察署、神戸税関
  宇和島出張所、入国管理局等々、13機関、約70名もの参加者による合同
  訓練でした。

  この日は11時に樺崎岸壁を離岸、対岸となる坂下津岸壁へとシフト。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

  1330から訓練開始。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

  専攻科生も旅客としての役割を行いました。
イメージ 10


  なかなか見ることのない訓練に、専攻科生も驚きの連続となりました。

  訓練終了後、樺崎岸壁へとシフト。綱外し・綱取りの先生方も大変でした。
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

  何かと物騒な気配のするこの頃ですが、本当にこのような事態にならない
  ことを願うところです。

  参加された皆様、お疲れ様でした。




この記事に

開くトラックバック(0)

271330分より、四国運輸局船員労政課の方から、内航船の現状と内航タンカーについて話をしていただきました。

  イメージ 1    イメージ 2
「日本の海運と船員」について説明があり、全国内航タンカー作成のDVDを視聴しました。

  イメージ 3    イメージ 4
質疑応答では、生徒の素朴な疑問を丁寧に答えていただきました。

  イメージ 5    イメージ 6


内航海運事業者の方々からは、内航船やタンカーへの就職希望者について質問がありました。

卒業後に海技資格を取得できる皆さんは貴重な人材で、ぜひ内航船に、できれば内航タンカーに乗船してほしいと激励されました。











この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事