ここから本文です
愛媛県立宇和島水産高等学校 海洋技術科・教育活動等ブログ
えひめ丸や学校での実習、えひめ丸見学会等の活動を紹介します。
【えひめ丸 内地航海】
 2か月間のえひめ丸長期乗船実習もついに最終日を迎えました。
 昨日予定を変更して入港したこともあり、今日は片付けや整理に専念できたよう  です。
イメージ 1

 機関部では最後の実習が行われました。
 陸電用のキャブタイヤケーブルを船内へ引き込みました。
イメージ 2

 陸揚げする荷物の整理や使用した毛布などを片付けました。
イメージ 3

イメージ 4

 2か月間面倒を見てきた指導教官から最後の話です。
 この航海中によく話された「感謝の気持ちを持って欲しい」という言葉を
 これからも忘れずいてくださいね。
イメージ 6

 下船前に船長から話がありました。2か月間、ありがとうございました。
イメージ 5

 迎えに来られた保護者の顔を見ると皆表情がほころんでいました。
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 7

 この2か月間の航海を終え、全員が船への就職を希望するようになりました。
 これからは目標を持って勉強や部活動に取り組み、船員になるための体力や資格  を身に付けてくれることでしょう。
 本当にお疲れ様でした。またお会いしましょう。



この記事に

開くトラックバック(0)

【えひめ丸 内地航海】
いよいよこの航海実習も残すところあと1日となりました。
今日は関門海峡を通過し、宇和海まで戻ってくる予定でしたが、
乗組員に体調不良者が発生したため、急きょ宇和島に入港することとなりました。

今朝の関門海峡西口です。遠くに見える客船は「ダイヤモンド・プリンセス」です。
イメージ 1

イメージ 2

【実習生の状況】
 関門海峡ではFコースの生徒が航路標識や航法について勉強しました。
 07時過ぎからの見学で寒かったようですが、しっかり勉強できたようです。
イメージ 3
1年生の時にも使用した資料を使って見学しました。
知識も増えており、見るポイントも違っていたようです。
イメージ 4

イメージ 5
    関門橋を前にして。
寒い中でしたが、意欲的に見学できたようです。ご苦労様でした。
イメージ 6

 宇和島入港
 入港作業はいつもと変わりません。ブリッジ内は船長の指示が響き渡ります。
イメージ 7

見覚えのある山や島が見えてきました。
イメージ 8

いよいよ宇和島港へ着岸です。綱取りの先生方、ありがとうございました。
イメージ 9

イメージ 10

機関部では最後の実習が待っていました。
岸壁についてもすぐに終わり、というわけではありません。
イメージ 11

夕食後、機関長に訓練記録簿の進捗状況を確認してもらいました。
2か月間でいろいろなことを勉強したことが分かります。
イメージ 12
  点検を終え、機関長も実習生もホッとしているようでした。
  残ったところは専攻科で乗船してきたときに勉強しましょう!
イメージ 13

 体調を崩した乗組員も病院で診察を受け、さほど心配も要らないとの連絡があり
 安心しました。また、実習生は体調を崩す者もなく皆元気にしています。
 保護者、関係者にはご心配やご迷惑をお掛けしましたが、今晩の停泊中に荷物の
 整理や実習ノートのまとめも終えられそうです。

 明日、本科生は09時30分に解散し、下船する予定にしています。
 荷物もたくさんありますので、保護者のご協力をお願いいたします。
 専攻科生も11時頃には解散できる予定です。

この記事に

開くトラックバック(0)

【えひめ丸 内地航海】
長崎港停泊も4日目となり、出港の日を迎えました。
長崎を出港すると北上し関門海峡を通過します。関門海峡の潮流に合わせるため、
今日の出港は15時となりました。
イメージ 1

【実習生の状況】
専攻科生は午前中の空き時間も作業や勉強に励んでいました。
イメージ 2

イメージ 3

 午後、機関室では本科生がスタンバイ作業に入っていました。
イメージ 4

 機関室での作業も残りわずか。油染みた帽子が2か月間の経験を物語っています。
イメージ 5

 長崎港出港
 地域柄でしょうか。長崎の方々はよく手を振ってくれます。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 出港後、食事当番はすぐに調理室に入って夕食の準備となりました。
 出港作業に時間を取られてしまい、慌ただしかったようです。
 本当にご苦労様でした。
イメージ 9

イメージ 10

 明日は関門海峡を通過し、瀬戸内海から宇和海へと進んでいきます。
 この航海実習もいよいよ終わりが見えてきました。


※ 今後の予定
  11月4日(日)09:00 宇和島港入港
         09:30から10:00の間に本科生は下船予定です。

  本科生は積み込んだ荷物を全て降ろしますので、保護者の皆様方の
  ご協力をお願いいたします。

この記事に

開くトラックバック(0)

【えひめ丸 内地航海】
長崎港停泊3日目となりました。
今日の長崎は昨日より気温も上がり、穏やかな日和でした。

イメージ 1

今朝06時に入港してきたクォンタムシーという豪華客船です。全長350m。
今日の長崎はこの客船に乗船していた外国の方々が大勢いました。
イメージ 8

【実習生の状況】
本科生は昨日同様、実習のまとめを行っていました。
イメージ 2

【給水作業
専攻科漁業科は朝から昼前まで約40トンの給水作業がありました。
えひめ丸には実習生、乗組員を合わせて46名が乗船していますが、1日当たり約
7トンの清水を使っています。一人当たりだと150リットル強です。
通常の生活では一人当たり1日180〜200リットルの水を使うそうですから、皆が
節水している様子が分かります。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 乗組員から作業の合間にピザを頂きました。とても美味しかったそうです。
イメージ 7

イメージ 6
 漁業科生は港港で大変ですが、これも船乗りになるために必要なことです。

 明日は15時長崎港を出港します。

 皆変わらず元気に過ごしています。


この記事に

開くトラックバック(0)

【えひめ丸 内地航海】
長崎停泊2日目です。昨日と比べて気温が3度近く下がっている上、北寄りの風が
やや強いため、体感的にも昨日よりかなり肌寒く感じます。実習生も昨日は半袖姿
がありましたが、今日は全員上着を着て上陸していきました。

イメージ 1

今朝は雲が広がり、風もやや強くなったため肌寒く感じました。
イメージ 4

【実習の状況】
実習生は午前中、実習ノートの整理や訓練記録簿の確認を行い、残り少なくなった
航海実習で何をやらなければならないかを再確認していました。
イメージ 2

海洋工学コースの生徒は胴の間で身体を動かしてから学習となりました。
イメージ 3

専攻科生も学習となりました。機関科生は参考書や問題集を見ながら、航海中に
経験したトラブルや作業について振り返っていました。
イメージ 5

漁業科生は海技試験の模擬試験を行いました。航海中の課題や講義が元になって
います。
イメージ 6

イメージ 7

午後からはお土産や食事に出掛けたり、残って勉強に取り組む生徒もいたようです。
寒くなってきていますので、早めに帰船するよう注意しています。

実習生は特に異状もなく、皆元気に過ごしています。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事