全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


2本目のソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)製のレンズを入手した。

今回は、Jupiter 12 35mm f2.8である。

知る人ぞ知る、ツァイス ビオゴンのコピーレンズ。ツァイスはドイツの光学メーカー。ビオゴンはレンズ(光学設計)の名前。

歴史的背景は前回のエントリーを参照されたし。
http://blogs.yahoo.co.jp/gimpei222/71195493.html

以下、個人的な評価:
1.小型軽量だが、レンズ交換時は注意が必要。
2.フォーカスリングが重く、絞りリングも回しにくい。
3.当然AFなし。
4.センサーのサイズがAPS-Cだと、52.5mmレンズになる。
5.写りはキリッ。ボケ味はそれなり。
6. 最短撮影距離が…。

小さい。軽い。(上の写真はフードを付けた状態。) 小さいミラーレス機にマッチする。するよね? 取り扱いに関して気を使うのは、レンズ交換の時。後群レンズがむき出しになっているので、何かにぶつけないか心配。

フォーカスリングは重い。前回エントリーのJupiter 8と真逆。絞りリングは、クリックがない。しかも回しにくい。上の写真のように、フードを付けると回しやすい。ただ、フードの形状によってはフォーカスリングと干渉してしまう。

ピント合わせは当然マニュアルになる。撮影者の視力と指先で、ピントを合わせることになる。そのため、ビューファインダーのあるカメラの方が使いやすいだろう。普通のデジカメのように、両腕を伸ばした状態で、フォーカスリングを左手の親指と人さし指で調整できる自信があれば、もちろんビューファインダーは不要だ。

私のカメラGXRのセンサーはAPS-C。35mmレンズが、52.5mmの画角になる。いわゆる標準レンズの画角。ちなみに4/3ミラーレス機だと70mmの画角になる。

写りは普通。1987年製にしてはシャープ。キレキレではない。ボケを活かした写真も撮れるが、ボケ味は良くない。少しグルグル系。(下の写真参照くだされ。右上の葉っぱ周辺。)

このレンズも最短撮影距離が1mというのがねえ。

総じて言うと、使い勝手の良くないレンズ。敢えてこのレンズを選ぶ理由はあるだろうか?私自身は、珍しいロシアからのレンズだから、愛を込めて使い倒そうと思っている。

イメージ 2


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事