全体表示

[ リスト ]

ラミー2000バカ その参

事のついでに、少しマニアックな話をしてもいいかな。ダメと言われても、もうしちゃうけどね。

ラミー 2000に採用されているプラスチック素材を見てみよう。カタログやネットショップの説明に、

素材:マクロロン

て書いてあるよね。「マクロロン」っていうのは、ドイツの総合化学品メーカー、バイエル(Bayer)社の商品名なんだ。バイエル社は、日本でも知られているベイヤー製薬の親会社ね。バイエルとかベイヤーとか、ドイツ語発音か英語発音かの違い。
 
で、「マクロロン」 って何?だよね。これ、ガラス繊維強化ポリカーボネートっていう、プラスチックの一つなんだ。日本にもポリカーボネートを生産している会社はあるけど、やっぱりドイツのLAMYはドイツのバイエルのポリカーボネートを採用するよね。
 
このポリカーボネート、ペンの胴軸に採用されている事例は、実はあまりないんだよね。21世紀初頭の今現在、ペンの胴軸に採用されているプラスチックで多いのは、PMMAとASかな。

余談だけど、ポリカーボネートはPCて表記もする。日本だとポリカて言ってたりもする。

PMMAは一般的にアクリルと呼ばれているやつ。30cm定規によく使われてるよね。15cm定規にもね。ASは100円ライターの燃料が入っているタンクの部分に使われ
てるね。(まだ100円ライター売ってるかな?)

だから、ポリカーボネートを採用したLAMYという企業、またはラミー2000をデザインしたミューラーという人は、結構チャレンジャーなわけよ。しかも50年くらい前の話だから、かなりの冒険だったんじゃない?
 
じゃどうして、そのPMMAやASがペンの胴軸に多く使われて、ポリカーボネートはあまり使われないの?って疑問が湧いてくるよね。(湧いてこなくても湧いてくる事にしてね。) 多分、コストとプラスチックの性質が理由かな。あ、これは筆者の勝手な推測って断っとくよ。
 
一般的に、ポリカーボネートは、PMMAやASより高価なんだ。

それと、ポリカーボネートって、表面が柔らかくて傷が付きやすいんだ。お気に入りのペンが、筆箱やカバンの中でこすれるだけでキズついたら、気分悪くなっちゃうよね。キズを目立たせないようにヘアラインの模様になってるのかなあ?なんて勘ぐっちゃう。実際、ラミー2000を手に取ると、何となく柔らかい感触しない? サファリなんかと比べると、違いがよくわかると思うよ。ああ、サファリに使われてるプラスチックは、ABSっていうまた別の種類のものね。
 
そうすると、ポリカーボネートっていうプラスチックって全然ダメじゃん、って思うよね。でもね、ポリカーボネートは弾力あるんだよ。だから、ラミー2000を落とした場合、キズつくことはあっても、
バキーっとひび割れたり、粉々に砕けることはないんじゃないかな。他のパーツが壊れたら終わりだけどね。

最後に重要事を書いとくね。
ラミー2000愛用者の多くが、経年変化で艶が出てくるって、喜んでるみたい。でもそれ、経年変化じゃないよ。ただの脂や汚れだから。試しにウェットティッシュで拭いてみたら?艶が消えるからね。

どのような素材でできてるか、何となく分かった?

イメージ 1

キャップをしてるとサインペンのような安っぽさ。ラミー2000万年筆。

イメージ 2

ところがキャップを開けると、シャキーン。ラミー2000万年筆。このギャップがいいね!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事