過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ラミー2000バカ その弐

前回に引き続き、ラミー2000バカです。今回は、ボールペン(BP)とタクサス&ブラックウッド(どちらもボールペン)の違いを見てみましょう。

1.胴軸の素材
2.重さ
3.リフィル
4.継ぎ目、ネジ
5.尻軸

ノーマル、レギュラー、普通の、基本形の2000ボールペン(BP)は、ポリカーボネートという合成樹脂が胴軸に使われている。そう、プラスチック。うーん、なんとも現代的。遠目には備長炭に見えなくはない。

一方、タクサスとブラックウッドの胴軸は木だ。タクサスは、西洋一位(または櫟)。ブラックウッドはグラナディラ。黒檀とは違いますよ。うーん、自然の肌触り。これ大切。
無機質な職場に、ささやかな安らぎをもたらしてくれる(ことにしておこう)。タクサスは、柔らかさや円やかさが感じられます。ブラックウッドは硬いです。

重量はBPが軽く(17g)、タクサスとブラックウッドが重い(35g)。なんと、倍以上の重さ。木だと軽いはずなんだけど。多分、胴軸の内側に真鍮の管を入れてあると思います。このずっしり感は、うまい具合に高級感を醸し出す重要な要素となっています。このボールペンに限らず、小さいけれどずっしりしていたり、密度が高かったりすると、なぜか高価な代物と思ってしまうでしょ?これは、庶民感覚?富裕層の人たちも同じ感覚ですよね?

リフィル(替芯)は、ラミーのM16。黒、青、赤と3色ある。私は、BPに青、タクサスに赤、そしてブラックウッドに黒を入れている。正直なところ、4色ペン要らないくらい。しかし、4色ペンも有するところが、ラミー2000バカのラミー2000バカたる所以。

同じ単色ボールペンでも、継ぎ目の位置は少し違う。BPは胴軸の真ん中に継ぎ目があり、その胴軸にネジが切ってある。胴軸とネジが一体なんです。タクサスとブラックウッドは、先っちょの金属部と胴軸とにハッキリわかれる(写真参照)。胴軸の内側には真鍮のネジがねじ込まれている。締まりは金属に分があるかな。

デザイン的に違いが分かるのが尻軸です。BPは胴軸と同じプラスチック。タクサスとブラックウッドは、先っちょと同じパラジウムコーティングを施したステンレス(だよね)。でLAMYて彫ってあります。(写真参照)。ラミーにしては主張し過ぎのような気がしします。この尻軸も胴軸と同じ木で出来なかったのかなあ。

3者3様、いずれも魅力的なボールペンです。ズバリお薦めは? Well, let me think for a while.

イメージ 1


イメージ 2

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事