写真

[ リスト | 詳細 ]

昔の写真。最近の写真。フィルムをスキャンした写真。デジタルの写真。女の子の写真、風景写真、娘の写真。いろいろ。
記事検索
検索

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

マゾっ気のある人にオススメ。(やらしい事を想像しちゃダメよ。)手動でピントを合わせる苦行に喜びを見い出す感性を持ち合わせている人にはピッタリのレンズです。

135mmのレンズは、かつて望遠の入り口のような存在だった。今やコンデジでも200mmの画角をカバーするモノまであるので、135mmレンズの人気はまったくない。メーカーも、付加価値を付けた高価な135mmレンズしか生産していない。

ありがとうございます。おかげで、投げ売り価格で、昔の135mmレンズが出回るようになりました。そんなわけで、お値打ち価格で入手しました。

操作性
三脚か一脚があった方が良い。AFではないので、自分の目と指先で瞬時にピントを合わせるには修行が必要。風景など、じっくりピントを合わせるのは楽しいかも。動きモノの撮影の場合は(1)置きピンというテクニックを使うか、(2)何度もシャッター切って、ピントが合ってる絵があればラッキ–と思うことで乗り切ろう。

画角
私の愛用のリコーGXRはAPS–Cサイズなので、135mmが35mmフルサイズに換算すると202.5mm相当の画角になる。当然、遠くのモノが大きく写る。そして、写る範囲が狭くなる。意外と使いこなすのは簡単ではない。

描写
普通に良く写る。キレキレのシャープな絵にはならないけどね。

イメージ 1

風景写真。三脚使用。

イメージ 2

踊る娘の写真。手持ち。

開く コメント(0)

リケノン、またはXRリケノン 50mm f2.0は、そのシャープな描写で有名なレンズである。有名と言っても、一部の写真・カメラ愛好家の間での話し。誰が言ったか知らないが、別名、和製ズミクロン。だから、f2.0のレンズのお話は、ネット検索にヒットする。

*ズミクロンとはライカのレンズ(光学設計)の名前。ライカとは、ドイツのカメラ・光学メーカー。

ところが、f1.4のレンズの話しはあまり聞かない。目にする機会もない。流通量自体少ないのかもしれない。ネットオークションでもなかなか出てこない。数が少ないと、価格が高いというのは資本主義・市場経済の原理。しかし、その原理が通用しないのが、このレンズの面白いところ。お手頃価格で入手可能です。

開放f値
f2とf1.4の一段の違いは、写真撮影・表現に大きな違いをもたらす。屋内での光量の少ないと場所や、背景をボカしたい時など重宝する。(でも、最近のデジカメは高感度特性が良いので、f1.4に拘らなくても良いかも。)

描写
良い。シャープに写る。(一眼用の50mmレンズで、良くないレンズはないかもしれない。)開放はあまい。

背景のボケ味
良い。当然ボケる。絞り開放では、少しザワザワ感あり。(下の作例をじっくり見てね。)まだ使い込んでいないので、他の条件下でどうなるかは未知なところがある。

フォーカスリング
当然MF。ビューファインダーを付けて、じっくりフォーカスを合わせるのが良い。もちろん、両腕を伸ばして撮影するスタイルでも良いが、両腕伸ばしてフォーカスリングを回すのはかなり辛い。

重さ
レンズが重い。「ガラスが詰まっています感」があってワクワクする。このレンズを装着するカメラによっては、フロントヘビーになるので、カメラの構え方を調整する必要はある。先述の通り、両腕伸ばしスタイルには適さないと思う。

絞りリング
絞りのクリックが1段刻み。デジタル化してから、半段刻みどころか、1/3段刻みも当たり前になったレンズ絞り。これは大きな戸惑い。シャッターか感度の調整で乗り切ろう。緑のPがあるけど、これは無いものとする。

画角
リコーGXRのマウントユニットに、アダプターを介して装着すると、(35mmフルサイズでいう)75mm相当の画角になる。これは、以前に紹介したロシアレンズ、ジュピター8と同じ。ポートレート撮影に最適な画角となる。
http://blogs.yahoo.co.jp/gimpei222/71195493.html

さて、ジュピター8との使い分けをどうしよう。屋外での撮影は、小型軽量のジュピター8で、屋内でのポートレート撮影は、このリケノンでじっくりという感じか。果たして屋内でのポートレート撮影の機会はあるか?(男女問わず、モデル募集します。)

イメージ 1

絞り開放。

イメージ 2

絞りf2.8(だったと思う)。

開く コメント(0)

イメージ 1


2本目のソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)製のレンズを入手した。

今回は、Jupiter 12 35mm f2.8である。

知る人ぞ知る、ツァイス ビオゴンのコピーレンズ。ツァイスはドイツの光学メーカー。ビオゴンはレンズ(光学設計)の名前。

歴史的背景は前回のエントリーを参照されたし。
http://blogs.yahoo.co.jp/gimpei222/71195493.html

以下、個人的な評価:
1.小型軽量だが、レンズ交換時は注意が必要。
2.フォーカスリングが重く、絞りリングも回しにくい。
3.当然AFなし。
4.センサーのサイズがAPS-Cだと、52.5mmレンズになる。
5.写りはキリッ。ボケ味はそれなり。
6. 最短撮影距離が…。

小さい。軽い。(上の写真はフードを付けた状態。) 小さいミラーレス機にマッチする。するよね? 取り扱いに関して気を使うのは、レンズ交換の時。後群レンズがむき出しになっているので、何かにぶつけないか心配。

フォーカスリングは重い。前回エントリーのJupiter 8と真逆。絞りリングは、クリックがない。しかも回しにくい。上の写真のように、フードを付けると回しやすい。ただ、フードの形状によってはフォーカスリングと干渉してしまう。

ピント合わせは当然マニュアルになる。撮影者の視力と指先で、ピントを合わせることになる。そのため、ビューファインダーのあるカメラの方が使いやすいだろう。普通のデジカメのように、両腕を伸ばした状態で、フォーカスリングを左手の親指と人さし指で調整できる自信があれば、もちろんビューファインダーは不要だ。

私のカメラGXRのセンサーはAPS-C。35mmレンズが、52.5mmの画角になる。いわゆる標準レンズの画角。ちなみに4/3ミラーレス機だと70mmの画角になる。

写りは普通。1987年製にしてはシャープ。キレキレではない。ボケを活かした写真も撮れるが、ボケ味は良くない。少しグルグル系。(下の写真参照くだされ。右上の葉っぱ周辺。)

このレンズも最短撮影距離が1mというのがねえ。

総じて言うと、使い勝手の良くないレンズ。敢えてこのレンズを選ぶ理由はあるだろうか?私自身は、珍しいロシアからのレンズだから、愛を込めて使い倒そうと思っている。

イメージ 2

開く コメント(0)

イメージ 1


ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)製のレンズを入手した。

Jupiter 8 50mm f2である。

知る人ぞ知る、ツァイス ゾナーのコピーレンズ。ツァイスはドイツの光学メーカー。ゾナーはレンズ(光学設計)の名前。

ソ連は第二次世界大戦の戦勝国。アメリカと戦利品を山分けした。その戦利品の中には、ドイツの軍需産業以外に光学産業もあった。それでカメラレンズもソ連で生産していた。おそらく、愛を込めては生産していなかったと思う。

第二次大戦後、ソ連とアメリカは冷戦に突入。アメリカの庇護にあった日本は、レンズの距離表示をメーター(m)とフィート(feet)を併記していた(今もしている)。しかし、ソ連はメーター(m)表示のみ。冷戦当時のソ連は、アメリカ市場など目もくれなかったのだろう。

以下、個人的な評価:
1.小型軽量。
2.フォーカスリング、絞りリングがスカスカ。
3.当然AFなし。
4.センサーのサイズがAPS-Cだと、中望遠レンズになる。
5.写りはキリッとしっとり。
6. 最短撮影距離が…。

小さい。軽い。(上の写真はフードを付けた状態。)小さいミラーレス機にマッチする。するよね?

フォーカスリングと絞りリングはスカスカ。殆ど抵抗なし。個体差があると思われる。絞りリングは、クリックもない。慣れるしかない。

ピント合わせは当然マニュアルになる。撮影者の視力と指先で、ピントを合わせることになる。そのため、ビューファインダーのあるカメラの方が使いやすいだろう。普通のデジカメのように、両腕を伸ばした状態で、フォーカスリングを左手の親指と人さし指で調整できる自信があれば、もちろんビューファインダーは不要だ。

幸い私のカメラGXRは、専用の電子ビューファインダーが取り付けられる。100%とはいかないが、高確率で自分の狙い通りにフォーカスできるのがわかった。(ただし、動かないモノに限る。)

私のカメラGXRのセンサーはAPS-C。50mmレンズが、75mmの画角になる。中望遠レンズだ。かつて女性ポートレート写真撮影に多用していた85mmに近い画角。とてもしっくりくる。ちなみに4/3ミラーレス機だと100mmの画角になる。

ゾナーのコピーと言うだけあって、シャープな写り。キリッとしている。そして、特筆すべきはボケ味。しっとりしている。(下の写真参照くだされ。)

最短撮影距離が1mというのが、唯一の不満。当然、マクロ撮影もなし。

いろいろ制約はあるが、とても遊び甲斐のあるレンズだ。

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

イメージ 1

光陰矢の如し。もう2016年だ。しかも2週間過ぎた。もう直ぐ旧正月だ。

以下、写真・カメラに興味があれば、ご一読下さい。

新年の花火を撮影した。しかも、生産終了して久しいリコーGXR S10ユニットでだ。おまけにテレコンまで付けて。GX200と比べて、夜景が綺麗に撮れるのがわかった。今頃わかったのかい?と言うツッコミが聞こえてきそう。だって夜の撮影あまりしないもーん。

最近のカメラは高感度特性も向上し、夜の撮影、室内の暗い場所での撮影なども、フラッシュなしでもできるようになってきた。でも、夜景撮影には三脚は必要だね。

開く コメント(0)

全50ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事