写真

[ リスト | 詳細 ]

昔の写真。最近の写真。フィルムをスキャンした写真。デジタルの写真。女の子の写真、風景写真、娘の写真。いろいろ。
記事検索
検索
いつも近くにいるのに、心が通わない。二人の間に距離を感じる。あゝ、片想い。

今回のエントリーは、恋愛のはなしではなく、シンガポールについてです。マレーシアに住んでいる人の多くが、シンガポールは近くて遠いと感じているのではないでしょうか。シンガポールはマレーシアの隣国です。でも、マレーシアからシンガポール頻繁に行くことはありません。(実際のところ、Johorという、シンガポールに接しているマレーシアの州から、毎日出稼ぎに行くマレーシア人はいますけどね。)要するに、単刀直入に言うと、シンガポールに行っても金がかかるだけで、何ら面白くないということです。

1.昔、NIESの一角。今や、立派な先進国。
2.世界で一番 生活費の高い国になった。
3.のんびりできない雰囲気がある。

私が学生の頃、日本はバブル経済の絶頂期でした。その頃シンガポールは、韓国、台湾、香港とともにNICS(その後NIES)と呼ばれていました。当時の新興国だったわけです。今や、NIESなどと呼ぶ人はいません。全ての国が、立派に経済成長を遂げたということです。2007年に、一人当たりのGDPで、シンガポールは日本を抜きました。まさに先進国です。(日本は、香港にも台湾にも追い抜かれました。)

さすが先進国、世界で一番生活費の高い国(市)にもなりました。東京やニューヨークを抑えての一位です。これはUSドルベースなので、為替レートの変動により、毎年ランキングは変わります。それでも、やはり生活費は高いみたいです。国土が狭いので、どうしても不動産価格は高くなります。

マレーシアは、まだ先進国ではありません。政府は2020年に先進国の仲間入りを果たすと謳っていますが、さあどうなることでしょう。マレーシアとシンガポールとの経済格差を見るには、為替レートがわかりやすいです。SGD1 = MYR2.8くらいです。ものすごく単純で乱暴な計算をすると、シンガポールの生活費はマレーシアの3倍すると言うことです。

シンガポールは国土が狭く、政府は国を管理しやすいと思います。その反面、政府は国を守るため、とても必死だとも思います。一年おきに首相を交代している余裕などありません。政府の誤った判断が、即国の衰退・滅亡につながるのですから。危機感があります。政府だけでなく、国民の大半も同じように危機感を持っているのだと思います。だから、シンガポールにはのんびりした雰囲気がありません。
イメージ 1
とても人工的な街です。
イメージ 2
なんとなく無機質な感じがします

開く トラックバック(0)

今頃、日本の各地で桜満開。お花見で宴たけなわといったところでしょうか。先週、日本に行ったときは、成田空港から福島あたりまでは、桜が七分咲きでした。が山形県に入ると桜はまったく開花していません。それどころか、雪が残っていました。桜前線北上の過程を垣間見ることができました。

さて今日は、そんな桜の話とはまったく関係のない、ジャカルタ国際空港のお話です。

1.ジャカルタ国際空港は、ASEANの他国の空港に比べて古い。
2.ジャカルタの中心地から近いのに、時間がかかる。
3.余計な費用がかかる。

インドネシアの空の玄関口、ジャカルタ国際空港。正式な名前は、Soekaruno-Hatta(スカルノーハッタ) Jakarta International Airportらしいです。IATAコードは、CGK。

ジャカルタ国際空港は、1985年に開港しました。マレーシアのKLIAが1998年、タイのスワナプーン国際空港が2006年に、それぞれ開港。シンガポールのチャンギ国際空港は頻繁に改装・拡張しています。だからジャカルタの空港は、結構古いのです。天井が低く、少し暗めです。東南アジアの空港にしては、涼しくありません。しゃれた免税店もなく、ゆったりとくつろげる飲食店もありません。スタバくらいですか。

ジャカルタの中心地から約20kmしか離れていません。比較的、街に近い空港なのです。それにも関わらず、いつも街から空港まで、車で一時間以上かかります。渋滞がひどいのです。ですから、空港到着までは、ハラハラドキドキの連続です。時間帯によっては、拍子抜けするくらい早く到着してしまう時もあります。でも先述の通り、空港でくつろげる場所がないので、早く到着してしまうのも嬉しいものではありません。鉄道を一本通せば、とても利用しやすくなると思うのですが、だめでしょうか。

ASEAN域外の人は、入国時にVisa on Arrivalの名目でUS25ドル徴収されます。しかも、手続きが面倒くさいのです。通関の横の小さなブースでVisa(スティッカー)を購入し、そのVisaをパスポートと一緒に通関の役人に提出します。せっかく一番乗りでイミグレーションに来たのに、「横でVisa買ってこい。」と宣告されるて、長い行列の後ろに並ぶ羽目になってしまう人が、後を絶ちません。もっと分かりやすい看板・標識立てといてください。

出国の時は出国の時で、空港利用税150,000ルピアを徴収されます。チェックインカウンターでですよ。紙幣の両替をしなくても良いようにルピアを使い切った!と喜んでいると、チェックインカウンターでうろたえてしまいます。しかも、小銭は拒否されるんです。紙幣しか受け付けないのです。スムーズに出国させてくれませんね。

いつになれば新しい空港ができるのでしょう。次期大統領に期待したいです。
イメージ 1
街の発展は目覚しいものがあります。
イメージ 2
とは言うものの、発展していない地域も当然あります。

開く トラックバック(0)

マレーシア航空機MH370が消息を絶って既に3週間が経ちました。機体発見と真相解明は時間がかかりそうですね。

あの事故・事件が起きた後も、マレーシア航空を使っています。MH88で日本に来ました。日本は春休みということもあり、日本人でいっぱい。満席でした。おかげで、2−5−2のエコノミークラスの席のど真ん中という幸運に恵まれました。日々是修行。

イメージ 1
この写真は、事件前に撮影しました。アラブの大富豪(?)の写真を撮りたかったのです。
昨日の続きです。
灼熱の太陽の下、スポーツをするのは本当に大変。危険ですらある。子供たち、大丈夫なのかなあ。
イメージ 2
昔は、水を飲むなと指導されたものです。水分の補給は絶対に必要。これは、審判員用。氷が瞬く間に溶けてゆく。

イメージ 1
応援するでけでも大変。日陰もないからね。
日本では、春の選抜高校野球で盛り上がっているのでしょうか。ここマレーシアには春がありません。いつも夏です。だから夏の高校野球だ、というわけには行きません。高校野球もありません。そもそも野球人口が少ないです。そんな野球環境が整っていない状況でも、野球を愛して止まない種族がいます。そう、日本人です。

イメージ 1
整理整頓。日本人らしいです。
イメージ 2
試合中は、決して座りません。日本人らしい。
イメージ 3
少し内股で野球観戦。これは別に日本人らしくありません。日本人らしさと、何の関係もありません。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事