ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

ガレージ引越し

前回の引越しは過去記事で確認したトコロ2015年9月だったようで、たぶん前々回の引越しはブログを始める前なので2012年だったかと・・・3年ごとの恒例行事になりつつあります・・・。

出来れば恒例行事にはしたくないガレージの引越しです。


まずは引越し前
クルマ1台分のシャッターガレージを2つ借りていたうちの1つ目イメージ 1

2つ目イメージ 2イメージ 3

今回はGT750、GT550、GT380など大きいバイクは別のトコロに隠してありますので最大185㏄までなので前回と比べると比較的楽ですが次のガレージはクルマ1台分しかないので大幅に減らしながらの引越しです。

イメージ 4イメージ 5ある程度、減らしたり移動したり・・・


移動後のガレージ1番奥
イメージ 6

奥から2列目イメージ 7

手前イメージ 8
減車に伴いご協力いただいた皆さまありがとうございました!!!

まだ数台オーバーフローしておりますがボチボチやります〜。
またまたバイクの修理シリーズです。

イメージ 1以前、修理した薔薇の方の紹介で蘭が売れましたので簡単な点検整備をしていきます。

一応、エンジンは始動していましたがキャブレター清掃、エアクリーナーエレメント、プラグ、バッテリー、エンジンオイル、ミッションオイル交換などイメージ 2ガソリンタンクキャップシールと燃料ゲージ窓がひび割れていたので交換。イメージ 3イメージ 4燃料ゲージ窓はランディと同じだったので部品取りのランディからいただきました。イメージ 5
ここまでで一旦、大阪〜奈良まで試乗しました。
イメージ 10イメージ 11796kmイメージ 12923km 凍ってる〜。
127km試乗して問題なかったのでシート張替えイメージ 6外したシートカバーがカチカチでシートの形を保ったままになってます。イメージ 7当時もの純正オプションシートカバーイメージ 8イメージ 9張り替えたあと写真とるのを忘れましたね…。

タイヤ交換イメージ 13イメージ 14パターンがイマドキな感じですが…。
無事、納車しました〜。

で、突然ですが2月の予定です。
3,9,10,17,23,24日は奈良で仕事
これ以外は大阪で仕事の予定です。
ご用の方や突撃訪問される方はどうぞ〜。

奈良 若草山焼き

寒くなってきましたね〜。
今日もそこそこ寒かったですが久しぶりにうまく休みが取れたので3年ぶりに若草山焼き行事に行ってきました。

3年前はチョイノリで行きましたが今回はアドレスV125で。イメージ 1奈良公園に到着してまず最初にすることは



イメージ 2神の使いである鹿と戯れます〜。イメージ 3
奈良公園から春日大社に向かう道中いっぱいいますのでドンドン戯れます。
イメージ 6
神の使いといえども野生動物ですので「かむ」「たたく」「突く」「突進」にはお気を付けください。イメージ 4そして春日大社へイメージ 5参拝をして、まだ時間があるのでイメージ 7なら仏像館の無料で入れるスペースを見てみたりイメージ 8般若心經のてぬぐいを買ったりして若草山へイメージ 9イメージ 10若草山でのんびりしてイメージ 11イメージ 12イメージ 13日が暮れてイメージ 14山の上での冬の花火はいつも綺麗ですが今年はほどよく風があって煙も流れて何度か見た中では一番良かったです。

そして山焼きイメージ 15イメージ 16イメージ 17イメージ 18久しぶりに山焼きに来て休みを満喫できました。

さてこれから準備して和歌山寄りの奈良へ仕事で向かいます〜。
本題とは関係ないですが・・・
印鑑を作りました〜。
イメージ 1名前とスズキGT380
他にもストリートマジックとかイメージ 2
T500とかイメージ 3スバル レヴォーグとかイメージ 4スバル360とかイメージ 5


ハイ本題。
オイル漏れでお預かりしたモトコンポ。
主にマフラーフランジ付近からと駆動系カバー底も薄っすら滲みがあったのでイメージ 6まずオイルを抜いてカバーを取り外し。
マフラーを外すとオイルが溜まってました。
エンジンを降ろしてオイルタンク周辺からは漏れは無かったですが
イメージ 7イメージ 9イメージ 8前もって注文しておいた新品部品に交換。イメージ 10エンジンを作業台に。イメージ 11主な原因はコレイメージ 12ロードパルでもよくありますがオイルポンプのオイルシール脱落で2ストエンジンオイルがクランクケースに垂れ流しになる現象です。イメージ 13コレをオフロードパル製作時と同じように対策後、オイルポンプ単品で漏れ確認。イメージ 14あとは組み立てていきます。イメージ 15キャブも汚れていたので清掃。イメージ 16古いホースひと通りとキックゴム交換。イメージ 17テールレンズもひび割れがあったので手持ちの中古に交換しておきました〜。

スズキ 薔薇 修理

1年前ぐらいにお譲りした薔薇ですがエンジンは回るけど進まないということで修理します。

駆動系あたりから異音がするのでミッションオイルを抜いてケースカバーを外します。イメージ 1もう中身の部品も外してしまっていますが原因はイメージ 2チェーン駆動のスプロケットの山が全くありません。
イメージ 3ダメもとで純正部品を注文したらまさかの在庫あり。
1983年なのでもう35年ぐらい前のバイクですが・・・イメージ 4さすが・・・スズキイメージ 5早速組み立ててイメージ 6ガスケットも新品。イメージ 7組み立ててミッションオイルを入れてオイルポンプのエア抜きして出来上がり〜。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事