ここから本文です
内之浦2日目。

この日は釣れそうな予感が有るのです

そう、なぜならこの日は港までの道中、動物の死骸を見ていないのです!!

コスモピア内之浦から港までわずか5分なので、死骸を見らずに済んだのです

睡眠もしっかりとってるし、やる気十分


この日は15人ほどの底物師を乗せ5時半出船。

前日と違いベタ凪で良い釣り日和

15番から瀬付けをはじめ、私は予定通り16,5番に上礁。

昨日も撒き餌を入れてるので、屋久島スタイルで、同じ瀬を攻めることにこだわりました

昨日と同じ場所にピトンを打ち、準備完了。

イメージ 1

朝一から2本出し体制で臨みます。

イメージ 2

しかしこの日も潮がほぼ動いておらず、昨日と同じく4号鉛でゆっくり釣りが成立します

幾分撒き餌効果が出て来てるのか、瀬戸貝は餌盗りがちょいちょい当たり素針になりますが、ヤドカリで放置してるレボリューション石鯛には全く当たりが出ません。

イメージ 3

貴重な朝マズメ、小一時間放置してたヤドカリにウツボが触って来ただけで何のドラマも無く終了

そこで置き竿の餌をガゼの2個掛けに変更し、再度放置。


イメージ 4

9時前。

相変わらず潮は動いていないが、何となく海の雰囲気が変わって来た

そこでガゼの置き竿を新しいガゼに替え、切れ込みを入れ、今まで攻めてたカウンター24から15に変更し放置。


そして撒き餌をパラパラ撒きながら、手持ち竿に瀬戸貝で攻める。


相変わらずコツコツと餌盗りの当たりだけで、石物の気配無し


今日も厳しいなぁと思いながら手持ちで構えてると、20分程放置してるガゼの置き竿に当たりが

ガツン、ガツン、グッ、グッ〜と2番目まで押さえたので、あら?この当たり方は舞い込みそうな?と、手持ちで構えながら見てたら・・・

ギュギュギュギュッと綺麗に舞い込みました!!


手持ちの竿をピトンに置き、5メートルほど離れてる置き竿の所に向かう

その間竿が起きて来ないので、そこそこのサイズと思える。

そしてピトンから竿を抜き、乗ってるのを確認して合わせを入れると確かな手応え

重量感のある締め込みに期待が高まる

が、内之浦サイズではない感じ。

浮かせてみたら4㌔弱のメスでした〜

狙いの内之浦サイズではないが嬉しい限り

今回も置き竿放置プレイが功を奏しました(笑)

イメージ 5

ストリンガーに掛け、釣り座裏のタイドプールに活かすと元気に泳いでおります。

16,5番は活かし場所に困りませんね

イメージ 6

今が時合?とすぐにガゼの2個掛けを放り込み置き竿とし、手持ちで次を狙いますがやはり餌盗りの当たりだけ。

ガゼには何にも触りません。

ホントにラッキーヒットだったようですわ
レボリューション石鯛、いい仕事してくれましたわ

イメージ 7

潮止りを迎え、潮が動くかな?と期待しましたが、相変わらずほぼ動かない状態。

イメージ 8

納竿の3時前まで色々やってみましたが、手持ちでは石鯛の当たりを拾うことなく終了。

イメージ 9

結局ラッキーヒットの1枚のみでした。

記念にセルフタイマーで写真を。

イメージ 10

だいぶ丸っとして来ており、乗っ込み本番ももうすぐって感じですね!

港に帰るとゲンガで4,2㌔。黒島でも4,2㌔。15番で3㌔ちょいが出てましたわ。

松島に行った猪野さんは餌盗りも少なく撃沈。高島に行った平川さんは餌盗りが凄く撃沈。ガゼを持って行ってたら良かったと言ってましたよ。

そうそう、この日船間では一人で70UP2枚仕留めてた方もおり、67とか65とかも出てたそうです!!やはり大隅半島激熱ですね!!

今回も内之浦サイズには出会えませんでしたが、何とか顔を見れたので良かったですわ。ちなみに16,5番ですが、翌日の15日(金)に5㌔over。
16日(土)に69,5㎝、5,2㌔が出たそうです!!

私が帰った途端にデカバン続出とは・・・

私の撒き餌効果もあったと信じたいですね〜。

仕留めた方、おめでとうございます!

私の順番が来ることを信じて、行ける時にまた行こうっと



この記事に

開くトラックバック(0)

それにしても今年の大隅半島半端ないっすね!

70出現率、めちゃ高くないですか

このチャンスに乗り遅れないよう、先週に引き続き内之浦にチャレンジして来ました!

今回は天候に恵まれたので13,14日と二日釣です


今回は先週デカバンを仕留めた猪野さんと、平川さんの3人でのチャレンジ。


前回同様宮崎市内で猪野さん、平川さんと待ち合わせており、日向市から向かっていると、もう少しで宮崎市内に入る所でなんとまたも猫の死骸が!!

ヤバい、また見てしまった・・・


嫌な予感を感じつつ、猪野さん、平川さんと合流し、いざ内之浦へ!


無事内之浦に着き、翌日分の餌を海に浸け、準備をしていると船長到着。


この日は20人程の底物師を乗せ、5時半前に出船。


港を出ると、ベタ凪かと思いきや、思いのほか波風が有り、湾内を抜けるまで大揺れでした

湾内を抜けるとだいぶ波は落ち着いており、風は強いが問題なく出来そう。

そして順次底物師を降ろしていきます。

そして私は予定通り16,5番に上礁。

16,5番は風の影響も少なく良い感じ

イメージ 1

最近は赤貝で実績が上がってるそうですが、私は赤貝を使うと手が荒れるので今回も瀬戸貝をメインにガゼとヤドカリを持参。

先ずはいつものようにカラス貝の撒き餌を撒き、瀬戸貝で実釣スタート!

期待の1投目、餌盗りのコツコツのみ。

数投してみるがやはり石鯛の当たり無し

沖は凄い風で、高島予定だった猪野さんは隣の16,2番に上礁。
微妙に竿が見えております(笑)

イメージ 3

ちなみにゲンガ予定だった平川さんも中の方に降りたとのこと。

それにしても石鯛らしき当たりが来ません。

餌盗りのコツコツだけ。瀬戸貝も残って来ます。

そこでもう1本竿を出し、ガゼ放置作戦を決行(笑)

イメージ 2

しか〜し、両方の竿共全く良い当たりが来ません

潮もほぼ動いておらず、10号鉛でやってましたが、もっと軽いのでも良さそうと、たまたま持ってた4号鉛に代えてみると4号でも流されず釣が成立します。

沖はかなりの風が吹いてます

イメージ 4

ジワ〜ッと潮は動いてるような気もしますが、ドキっとする当たりは全く出ません。

イメージ 5


全く良い当たりは出ず、穏やかな時間が過ぎて行きます。

イメージ 6

気配が無いのでポイントを休ませる意味も込め、ご飯を食べ、昼寝をし再開。

再開後、遠近色々探ってみますが、エサ取りのコツコツだけで、やはり雰囲気が有りません

イメージ 7


やっと何か釣れたと思ったら内之浦名物?巨大ガガラ。30㎝オーバーでしたわ。

イメージ 8

結局1度も石鯛の当たりを拾うことなく初日終了

迎えの由佳丸に乗り込みました。

イメージ 9

港に帰り、他の方の釣果を確認すると、14番で5㌔オーバーを浮かせたらしいですが、残念ながらバラシ。他にも竿が舞い込んだが乗らなかったりで結局この日は誰も仕留めておらず、厳しい1日でした。20人は底物師が居たんですがね

ちなみに前日は70,68,65と出てたそうですわ。やはりタイミングですね〜。

それにしてもやはりジンクスは生きてるようで、2連続でボーズ

明日こそは!と気合を入れ宿泊施設のコスモピア内之浦に向かいました。

2日目に続く。



この記事に

開くトラックバック(0)

内之浦・カゴ瀬!

こんばんは

久しぶりの更新ですわ。

気が付けばもう3月。乗っ込み本番秒読みですね!

今年は大隅半島でデカバン続出!という情報を得まして、2月の上旬から釣行予定を組んではいたのですが、ことごとく時化で中止に

やっと3月5日に内之浦に行けたのでその時のことを。


今回は猪野さんとk氏の3人での釣行。k氏は内之浦初チャレンジです

シラセ、カゴ瀬、15番に予約を入れており、猪野さんがシラセ。私がカゴ瀬。k氏が15番に上がる予定。

当日午前1時に宮崎市で猪野さんと合流し、一路内之浦へ!

順調に向かってると、内之浦までもう少しというところで猫の死骸を見てしまった
私には釣に行く道中に動物の死骸を見たらボーズというジンクスが有るので嫌な予感が・・・
あ、そういやいつぞやジンクスを打破したんだ、と思い出すも、なんとな〜く、ねぇ


その後無事内之浦港に着き、小一時間程仮眠をとり、朝5時半前に出船。

渡船は由佳丸さんにお世話になりました。

微妙にウネリが有る感じだが、どうにかシラセに上がれる海況だったので予定通り猪野さんがシラセに上礁。

他の底物師を9番、10番に降ろし、私も予定通りカゴ瀬へ上礁。

今年はすでに70弱が上がってるそうで、大いに期待出来そう

しかしカゴ瀬、荷物を船着けからポイントまで移動させるの結構大変ですね

まだ薄暗かったので、先ずはピトンをセットし、サシエの瀬戸貝を剥いてタックルを組み、撒き餌を撒く。

イメージ 1

そして期待の第一投。先ずはL字になってる壁際、カウンター16位を狙ってみる。
左側のサラシの中くらいですね。

イメージ 2

餌盗りは居り、瀬戸貝にコツコツと当たりは有る。

数投してみるが、石鯛らしい当たりは無い。

そこであちこち探ってみるがやはり餌盗りだけでドキッとする当たりは来ない。

撒き餌をパラパラ撒きながら探ってると、8時半頃、やっと押さえる当たりが

ドキドキしながら慎重に対応したら走ったので合わせを決めると、狙いのサイズじゃないが締め込みが。

小ぶりの石鯛かな?と思いながら水面に浮かせると・・・

イメージ 3

まさかの良型ヘダイ〜

今年になって瀬戸貝で2枚目のヘダイです(笑)

まぁ良い。ウォーミングアップだ、とヘダイをリリースし、次を狙う。

潮色も良く、潮も入って来てる感じなのですが、肝心の石物の当たりが出ません

イメージ 4

瀬戸貝はサンノジらしい当たりのみ。そこでヤドカリを入れてみると尻尾はサンノジにやられ、頭が残って来る。

ま、昼前が勝負タイムだろうとのんびり構えてたら猪野さんからラインが。

イメージ 5

ううぉ〜、デカバンやってるし!!

顔つきからして65は有りそう!

速攻で猪野さんに電話すると「65位かなぁ?瀬戸貝で送って送って喰い込んだ」と。
「やりましたね、おめでとうございます!私も続きまっせ〜」と電話を切って、15番に上がってるk氏に、「猪野さんがやりました!我々も続きましょう!」とラインを送る。

そして集中してるとヤドカリに怪しい当たりが

これはデカバン??と緊張が走る。

慎重に送って行くと止まってしまったので、竿できいてみたら根掛かりした感じに。おかしいな?と竿をあおると、ヌルっとした感じで出て来ました、ウツボちゃんが

イメージ 6

くそ〜、騙されましたわ。怪しい当たり方だったんですがね〜。

速攻でリリースして、次を狙ってるとk氏からラインが。

イメージ 7

k氏もやってるし!!

どうやらこれも60は超えてる感じ。

電話してみたが、15番は電波が悪いので詳細は後で聞くこととし、自分の釣りに集中してるとまたも猪野さんから「3㌔程のを追加」とラインが。

イメージ 8

ヤバい、このままでは一緒に来た3人のうち私だけがボーズじゃんと気が焦る

下のポイントに降りて見たり、ちょい投げしてみたりとあちこち探るも餌盗りのコツコツだけで石物からのコンタクト一切無し


期待の潮止りを迎えても同じ。

イメージ 9

やはりジンクスが生きてるのか?と考えずにはいられません。

気が付けばすでに13時過ぎ。

今日はダメかと諦めの心境でガゼで攻めてみることに。

2個掛けに切れ目を入れて、5〜10分くらいで底切りして撒き餌効果をはかりながら手返ししてたら5投目位に石物っぽい当たりが

これ舞い込むんじゃ?と見てたら舞い込んでくれました〜

ラッキー、何か来てくれた

ピトンから竿を外そうと近づいたらなんと戻って来た

え?乗って無いの?マジか?

と思ってたらやはり乗ってるようでまた舞い込んだので、ピトンから竿を外して魚が乗ってることを確認してうりゃ!と合わせを入れたら

パツン

え??

道糸飛んだ〜

なんで?

道糸を巻き取ってみたらスッパリ切れておりました

どうやら舞い込んだ時に瀬を回ってたんでしょうね〜。それで大合わせを入れたから瀬に触れてた所から飛んだんでしょうね〜。

気を取り直し納竿まで粘ってみましたがチャンスは訪れずボーズで終了。

港に帰って猪野さんの石鯛を検寸すると
実寸66,5cm 5㌔!
素晴らしいッス!!

イメージ 10

実寸65overは簡単には出ないですもんね〜。いやぁ、お見事です!

そしてk氏の銀ちゃんは実寸62㌢、4㌔!

イメージ 11

こちらもナイスな銀ちゃんでしたわ。
内之浦初チャレンジできっちり結果を出すところが流石ですわ

他は出てなかったですが、当たりは有った瀬もあったようです。

そして同日船間に釣行してた三輪君も御覧の釣果を!

イメージ 12

オス実寸60,8㎝、3,9㌔! メス61,5㎝ 4㌔!

60overの夫婦石鯛を仕留めておりました!お見事です!!


大隅半島、シーズン序盤でこれですから、本格的な乗っ込みシーズンなったらはヤバそうですね!今度行く時は私に70の順番が回って来て欲しいなぁ。

この記事に

開くトラックバック(0)

米水津・サズリ!

気が付けば2月もうすでに中旬ですね

宮崎県北ではクロが好調に推移していましたが、2月になってちょっとトーンダウンしております。石鯛はポツポツですが上がっており、オフシーズンは無いですな


さて、先月のことですが、FB友達の永島さんが我が故郷、米水津サズリで28キロの見事なアラを仕留め、FBにアップされてるのを見てしまい、サズリでアラ狙いをやってみたい衝動に。

そこで幼馴染のエビスに「サズリに行きたいねぇ」と打診してみたら、「んなら行こうや!」と相成り、先月28日に行って来たのでその時の事を。

メンバーは私と幼馴染のエビス、マーオと、エビスの上司のk氏の4人。

私の中の当初の計画では、前日に活餌となる木っ端グレを釣って、活かしてサズリまで持って行き、3時出船で朝の潮止り前後を集中して狙う予定でしたが、他メンバーが3時出船は寒いから却下!5時で!と5時出船に決定

なので昼アラしながら石鯛釣をすることに変更。

そして前日、米水津色利の防波堤昔、木っ端グレが良く釣れてたポイントで木っ端を狙うもまさかのボーズ

撒き餌を撒けど木っ端1匹出て来ませんでした

釣れるのはネンブツダイとメバルのみという昔では考えられない状況に。

どうしても泳がせでアラ狙いをしたかったので、サズリでクロを釣って泳がせる計画にし、結局3刀流の大荷物に(笑)

当朝はべた凪、快晴で良い天気

無事にサズリに上礁し、先ずはアラタックルを組んでとりあえずスーパーで買ったアジをブッ込む。

イメージ 1

前にサズリに行った時はウツボが入れ当たりだったので、アジじゃあっさりウツボの餌食だろうと思っていましたがまさかの何も触らない状況

マーオとエビスは早速石鯛釣をスタート。

イメージ 2

2人の餌ははガゼとカラス貝、ボイルアサリを持って来ており、朝マズメ集中してますが全く石物の気配はない様子。

私はアラ竿を眺めていましたが、ウツボも触らないので、クロを釣って餌にしようと上物タックルを組んで上物スタート。
ついでに石鯛タックルも準備し、2人に石物の当たりが出たら即石鯛釣を開始予定(笑)

イメージ 4

簡単にクロは釣れるだろうと思っていましたが、全くクロも気配無し

k氏も懸命に手返ししておりますが、餌も盗られない状況。

小1時間ほどクロ釣りをしてみましたが、サッパリなのでk氏がクロを釣ったらクロ釣りを再開するつもりで石鯛釣を開始。

先ずは瀬戸貝を入れてみると、カワハギ、サンノジ系の当たりですぐに素針に。

3投程瀬戸貝を入れてみたがあっさり盗られるのでもったいないので次はガゼの2個掛けで放置。

しばらく放置してたらゴツ、ゴツと歯のある魚の当たりが。

これは底物っぽいなぁと見てたら竿が入ったので合わせを入れるとそこそこの重みが。浮かせてみたら3㌔位の青ブ〜でした。

イメージ 3

青ブが来たので、状況は良くないなぁと考え、とりあえずガゼを再度投入。
と、k氏から竿を借りてクロ釣りを開始したエビスが竿を曲げてる

イメージ 15

上がって来たのはイサキ!(写真撮り忘れました)

餌にもらいたいと思いましたが、さすがに1匹目の釣果をもらうわけにいかないので、イサキを釣ろうと上物再開!

よし、来た〜!!と思ったらサンノジ

ちと泳がせるには大きいサイズ

イメージ 5

次もサンノジが来て、せめてクロが欲しいと思っていたら、やっとクロが来てくれました〜。サイズは30ちょいといった所。

イメージ 6

即このクロをアラタックルにセットし投入&放置。

この1枚を皮切りにクロが順調に釣れ、同サイズを6,7枚確保したので石鯛釣に戻ることに。

マーオの状況を見た感じ、たまにガゼは素針になったりしてるが、石物の気配は無い様子。

イメージ 7

エビスは上物を楽しんでおり、イサキ、クロと順調に上げております。
石鯛竿を放置したまま(笑)

イメージ 8

と、放置してたエビスの愛竿、ゼニス・石鯛野郎が強烈に舞い込んだ!!

重量感のある強烈な締め込みに素晴らしい弧を描いております!


イメージ 9

これは米水津名物カンダイでしょ?とやり取りを見守ってたらあと少しで正体がわかるというとこまで浮かせたのにピタッと根に付かれてしまった

そこで糸を緩め出て来るのを待ってたが、全く出て来ない。

もう一度あおってみたらなんと針外れ

正体はいったい?カンダイっぽかったけど、カンダイで針外れはほとんど無いと思うんですがね〜。青ブかな?

その後はまた沈黙の海となり、昼過ぎに私の竿にイガメが。

イメージ 10

そして13時頃から急に風が強くなって来た。

イメージ 11

おまけに潮も左からの激流になり釣にくいこと

イメージ 12

強風で竿がブレ、手持ちでも置き竿でも細かい当たりは全くわからない状況に。

しかし、私の竿に石物の当たりが

置き竿のまま見てたらキレイに舞い込んだ!!

ラッキーと、ピトンから抜いて合わせを入れると小さそうだが石物で間違い無さそう

2回目の締め込みをかわし、後10m程となった所でパラッ・・

まさかの針外れ

掛かり所が悪かったのか・・・

気を取り直して再開するもますます強くなる風

もちろん上物も非常に釣りにくい状況に。

が、その厳しい状況の中、k氏がこの日1番の良型イサキをGet!丸々して旨そうなイサキでした

恐らく㌔は超えてたかと〜。お見事です

イメージ 13

風は更に強まる一方

ピトンに付けてたタオルはめちゃ風であおられております。

イメージ 14

この状況では釣になるわけもなく、帰りたい衝動にかられます。

エビスに早めに上がらん?と提案し、船長に連絡を取ってもらうも、すでに3時回収便は港に向かってるとのこと。んなら最後まで我慢するしかないかと思ってたら少し早めに迎えに来てくれることに。

この強風で前当たりがわからない状況でしたが、ガゼが素針になるように。

早めに回収に来るとなった途端石物の雰囲気が出て来た。

不思議ですよね〜。終わりが近づくと当たりが活発になる。石鯛釣に限らず、釣りあるあるですね

3度ほど舞い込みそうな当たりが有りましたが舞い込まず。

最後にガゼの芯の2個掛けを投入し片付けていると、k氏のクーラーのフタが突風にあおられ海にポチャン

それがちょうど私の釣り座の前に流れて来た。

そこで石鯛仕掛けで回収にチャレンジしようとピトンから竿を抜いた途端
一気に締めこまれた

どうやら居食いしてたよう。

締め込み具合的に3㌔は超えてそう。

最後にラッキーヒットが来たとウキウキで締め込みに耐え、2度目の締め込みに耐え、後10m程と思ったところでパラッ・・・

またか〜っ〜!

ついてねぇ〜

これにて終了。

港に帰り、待合所で船長と話してると、「今日は今までで今年一番の強風だった。」と。確かにこれほどの爆風の中釣りしたことなかったですわ(笑)

今度サズリにチャレンジする時は良い状況に恵まれたいですねぇ。



この記事に

開くトラックバック(0)


UP遅くなりましたが、前回触れてた美々津釣行のことを。

渡船は長栄丸さんにお世話になりました。

朝6時半出船。

他に底物師が1人と上物師が2人の4人で出船。

港を出ると少しウネリが有るが、どうにか一つ神で出来る感じなので全員で一つ神に上礁。


荷物を移動させ、いつもの場所にピトンをセットし実釣スタート!

今回餌は前日の残りの瀬戸貝、カラス貝、ガゼ、ヤドカリ2個を準備して来てる。

イメージ 1

先ずは足元からせめて見る。

流石に餌盗りも減って来てるだろうと思っていたが意外と多く、瀬戸貝剥き身ではあっさりやられてしまう

しばらく瀬戸貝で手返ししてたが、餌盗りに盗られるだけでもったいないので、カラス貝の殻で包んで投入し、2本目の竿をセット。

こちらはガゼの3個掛けでカウンター30程の中遠投で放置。

イメージ 2

潮が満ち始めると、だんだんとウネリが気になって来た

始めにピトンをセットしてた所だと、セットが入るとピトン足が波の中に
そこで少し上に打ち直す。

しかしそのうねりの中、貴重なヤドカリを入れてみると石鯛の当たりが

しかし走らせ切れず素針に

残りのヤドカリは1個なので、温存することとし、瀬戸貝を入れてみるも瀬戸貝はフグらしい当たりであっさり盗られてしまう

そこでガゼはどうかと、放置してた中遠投の竿を上げると、芯が残ってた。

新たに小粒のガゼの3個掛けをセットし、同じ所に放置

ウネリはさらにひどくなり、もう一度ピトンの位置を上に打ち直す

まだ満潮までは時間が有るし、このままではゆっくり出来ないなぁと思い、瀬替わりするつもりで、温存してた残り1個のヤドカリを針にセットし投入。

と、3個掛けで放置してた竿に当たりが

あら、当たってる、と思ったとたんそのまま舞い込んだ!

ヤドカリの竿をピトンに置き、少し離れてる所にセットしてたガゼ放置の竿を手に取り、乗ってるのを確認して合わせを決めると確かな手応え

今年初の石物の引きを味わい、ゆっくり浮かせてみたら2㌔弱の銀ちゃんでした〜

嬉しい〜

イメージ 3

型はとにかく、今年初物をGetしたので気分上々

しかしウネリは満ち潮に伴い太るばかりで、ますます釣にくい状況に

イメージ 4

そこで、1枚獲ったし、ウネリの影響のない龍神バエにでも移動して納竿までのんびり竿を眺めようと船長に電話するとすぐに来てくれた。

で、ウネリが有るので他の皆さんも回収となった

船に乗ると船長が、「最近上物で石鯛がぽつぽつ出てる所が有るからそこでやってみんね?沖に漁礁が有るし、出ると思うよ」と。

「んじゃそこでやってみますわと答えると、他のお客さんをウノクソ、西バエに降ろした後にそのポイント、大バエへ。

磯に渡る前におおよその漁礁の位置を教えてくれ、降りた後にも船を漁礁の上に移動させ、「ここらへんよ〜」と丁寧に教えてくれた。

この場所は足元はカウンター9程なので、撒き餌を撒いたら足元での釣りでも出そうだが、今回は素直に漁礁回りを遠投で攻めてみることに。

先ずは鉛だけの仕掛けで数回底どりしてみるが、よくわからないので、ゴツゴツしている所を狙い所と決め、小粒のガゼの3個掛けでカウンター38に落ち着けた。

そしてもう1本の竿を準備し、こちらは瀬戸貝を付け、漁礁を挟むイメージで左側に投入。

イメージ 5

15分程放置してみるが、何にも触らない

やはり餌が入ってないし、龍神バエと同じ感じで、回遊待ちかな?と考えてると門川に行ってる猪野さんから電話が。

猪野さんはゴンゲンでやってるそうだが、やはりウネリがひどいうえに良い当たりは全く来ないとのこと。

猪野さんとなんやかんや話してたらガゼの竿に当たりが

「当たりが出ましたわ。これ、怪しいですよ〜」と言ってたら、

ガツン、ガツンからグ〜ッと押さえ始め、一気に舞い込んだ!!

しかもドラグが滑ってる

うわっ、入いりました!!と猪野さんに伝え、スマホをポケットに入れ、竿をピトンから抜き、乗ってることを確認して合わせを入れると重量感のある手応え

途中数回締め込まれながらも無事に浮かせることに成功し、海面を割ったのはパッと見60クラスの良型石鯛ちゃん!!

針掛かりを見るとガッチリ地獄をとらえてたので、そのままずり上げた。

イメージ 6

まさか1投目に釣れるとは。しかも適当に投げて放置してたのに。運が良い時はこんなものですね〜(笑)

何はともあれ超ラッキーでした

すぐにストリンガーに掛け、猪野さん「まさかの60(笑)」と写メを送る。

そしてガゼの2個掛けを先程釣った当たりに投入。

が、やはり当たりは無い。

瀬戸貝の方も何も触らない。


イメージ 7

30分程放置してみるが何にも当たらないので、たまたま釣れたんやろうなぁとの思いが。

暇なので、甲斐さんに良いサイズ釣れましたと電話してると、またもガゼの竿に当たりが

これもイクかも?と甲斐さんに実況しながら見てたら入ったので、電話を切って竿を手にすると乗ってるものの、先のと比べると軽い。
浮かせてみたら㌔クラスの石垣でした〜。

イメージ 8

やはり漁礁が有るからか、魚影濃いのかも?と思わずにはいられません。

そして石垣を仕留めて10分後位に全く当たりの無かった瀬戸貝にも石鯛らしい当たりが

これもイキそうです

そしてそのまま舞い込んだので、ピトンから竿を抜き、重さを確認して合わせを入れると根掛かりしてる感じ


根に付いてる?

糸を緩めると走り出したのでよしっと上げにかかるとパラッ・・

残念ながら抜けました

この後は潮が変わったようで全く当たり無く2時半に納竿としました。

港で測ると、実寸60㌢、3,86㌔でした

前日の北浦のうっぷんを晴らせましたわ

イメージ 9

ちなみにゴンゲンの猪野さんは2時から当たりが出だし、2㌔弱〜3,1㌔を3枚仕留めておりました

餌は全て瀬戸貝。

猪野さんの連れで、同じく2日釣のクロ狙いの今村さんも、コタツ船着けでクロをクーラーフル満タンにしており(小ぶりは全てリリースして)、お二人とも前日の北浦のうっぷんをしっかり晴らしました

イメージ 15



そして大バエの可能性に惹かれ、2匹目のどじょうを狙い、23日に再チャレンジ!

この日は快晴べた凪!風も無し!

イメージ 10

が、大バエの前に来ると、エビ網が漁礁回りに入っており、上礁をためらうも、すぐに上げに来るよと船長が言うのでそのまま上礁

ゆっくりと準備してるとエビ網を回収に来た。

イメージ 11

今回も2本出しで前回と同じ所を狙うも、全く当たり無し

イメージ 12

夕方までやるつもりで、アジでも釣ろうと上物道具も持って来てたので、石鯛竿を放置したままフカセもやってみましたが、フカセも全く反応無し

オキアミも盗られません

イメージ 13

30分に一度は手返しをし、エサの置く位置を変えたりしながら夕方5時まで粘ってみましたが、一度も当たり無く撃沈

上物も磯ベラ3匹と惨敗でした
アジ1匹位は釣れると思ってたんですがね〜。

イメージ 14

この日は他のお客さんも、最近好調のクロも、半夜釣で好調に釣れてたアジもパラパラ程度で不調な感じでした。水温が下がってたのでしょうかねぇ。
やはり魚は潮ですね

しかし、デカバンが出そうな雰囲気は有るので、のんびりやりたい時に再チャレンジしてみようっと

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事