ここから本文です

門川・魚釣鼻!

こんばんは

今週末は台風5号の影響も有って、あいにくの天気でしたね

それでも昨日はどうにか出船出来まして、門川では良い釣果出てました!

今年の門川は好調で、船さえ出れればかなりの確率で石鯛が上がっております!

まだしばらくは釣れ盛りそうな勢いですわ


そんな好調な門川に6月6日(水)に行って来ました〜。



前日の天気予報では波21,5m、曇り/雨予報とあってか、お客さんは私と猪野さんのみ。しかも他渡船は悪天予報に出船をとりやめたようで、二人で門川を貸し切りでした

しかし、昨日の夕方はかなりの波になってたみたいで、出船してみないとどこまで行けるかわからないという条件付きでの出船です。

朝5時半出船。

予報通り小雨が降っております。

イメージ 7

気になる波も、有るのは有るのですが、ビローでやれる位のレベルです

前日は長友さんが魚釣で3㌔over頭に石垣混じりで7枚!日吉さんがブリバエで3,7㌔を頭に5枚と、2人で爆釣させてたので、私はここ数年乗っ込みの良い時期に上がってない魚釣に。

猪野さんは下り潮が流れそうとの読みでブリバエに行く事に。

やはりウネリは有りますが、ギリギリ低い所でやれる波なので、船着けにピトンを打つ。

イメージ 8

ブリバエに猪野さんを降ろした後、波具合が気になるようで国男船長がしばらく待機してくれてました〜。ありがたい心使いですね

イメージ 9

先ずは瀬戸貝で1投目。

横からのウネリなので糸をとられるがどうにか釣が成立するレベル。

と、エサ取りが居るようでコツコツと細かい当たりが有り、上げると芯は残っていた。次も瀬戸貝を入れてみると同じ感じで細かい当たりのみ。

瀬戸貝で3投目位までやってみたが細かい当たりのみなので、功丸で分けてもらった貴重なヤドカリを入れてみた。

ヤドカリにも細かい当たりのみで、上げたら頭が残って来た。

そこでヤドカリの頭をたくし上げ、瀬戸貝を半分にしたものを頭の下に付け投入。

投入後、しばらく待ってみたが、ウネリに翻弄され当たりがわからないので、餌を置く位置を変えようと軽く持ち上げてみたら、いきなり竿がひったくられた

どうやら居食いしていたよう

重量感は有るが締め込みに鋭さはない。なんやろか?と上げてみたら水面近くで鋭い締め込みが。

よしよし、石鯛でしょうと上げてみたらサラシの中から思ってたより良いサイズの銀ちゃんが。

事前に準備してたタモですくってみたら60ある無しといった感じ。

イメージ 10

帰ってはかってみたら59㎝ 3,8㌔でした〜

当たりは全く分からなかったけど釣れたので良し(笑)

今が時合と続けてヤドカリを入れると今度は明確な石鯛の当たりが

2mほど送ると素直に走ってくれました〜

度は重量感は無いが、元気に引っ張ってくれます

浮いてきたのは2㌔弱の銀ちゃんでした〜。


イメージ 11

どうやら石鯛が群れてるようで投入の度に石鯛らしき当たりが出ます。

オスが多いようで、ヤドカリに反応が良好です。

そしてまたヤドカリで良い当たりが。

ウネリに翻弄される糸を手持ちで丁寧に操作し、違和感を与えないように送ってくと3m程送ったところでギュギュギュッと走ってくれました〜

なかなかの締め込み

浮いてきたのは55㎝ 2,8㌔の銀ちゃんでした〜

イメージ 12

朝の時合で3枚の銀ちゃんをゲット出来上機嫌。
この3枚で前回の深島の8枚と同じ位の重量じゃ?(笑)

イメージ 1

しかしもうメスがメインと考えてたのに雄ばかり3連ちゃんとは。
第2陣が入って来たのでしょうかねぇ?


天気は小雨程度で、降ったり止んだりで暑くもなく梅雨としては快適に釣が出来る感じ。
潮も本筋は下ってる感じですが、下り潮が舞い込んでポイントに入って来てる感じです。

イメージ 2

3枚仕留めた後は石鯛の当たりが遠のいたので貴重なヤドカリを温存し、ガゼを入れてみることに。

始めは餌盗りが軽く突き、芯が残る感じでしたが、切れ込みを入れたガゼを入れてると活性が上がって来たようで、またも石鯛の当たりが出るように。

そこで切れ込みを入れまくった小ぶりのガゼの2個掛けで置き竿にし、しばらく見てたら良い当たりが

お、これはイクでしょ?と見守ってたら綺麗に舞い込んだ!!!

良いサイズのようで、ピトンから竿をやっと外し、良し、合わせようと思ったらパラッ・・・

外れてしまいました〜

どうやら掛かり所が悪かったみたいですね〜。ま、合わせる前だったのでまた来るかも?と気落ちせず次を投入。

やはりガゼに反応が良く、良い感じで素針になります。

そこで小ぶりのガゼの芯をエサ巻糸で巻き、その上にガゼを通して投入。 
手持ちで対応してると良い当たりが。

違和感を与えないように対応すると、キレイに走ってくれ2㌔クラスのメスをゲット

イメージ 3

この後もガゼに反応が良く、たまに芯が残るものの、毎投反応が有ります。

このままじゃ35個持って来たガゼが昼前には無くなりそうな勢いです。

そこでまたガゼの芯をエサ巻糸で針にきっちり巻き、その上にガゼを通して当たってるカウンター16に投入。

手持ちで構え、道糸が取られないよう、ウネリに合わせて竿で左右に付いていくと、右に行った時に微妙な当たりが。

ん?今の当たり?

ウネリの跳ね返りで左に竿を振り、次のウネリでまた右に竿を振るとまたも違和感が。

やっぱり当たりでしょ!と違和感を与えないよう竿を操作すると、3度目の同じ操作の時に重みが乗ってきて、
ギュギュギュッと走ってくれました〜

先に置き竿で針に乗らなかったので、竿が魚とまっすぐになって、綱引き状態になり、ドラグが3回滑るのを確認して引き抜き合わせを入れたらかなりの重量感&引き!!

これはデカいぞ!と、竿を立てようとしたら、

パラッ・・・

またも針外れ〜

マジか〜

針は16号で、完全に重みも乗ってたし、ドラグを3回も滑らせるほど待ってから引き抜いたのですがね〜

掛かり所が皮一枚だったのか、針が逆向いてたのか・・・

うううっ、デカバンは簡単にはGet出来ませんわ

完璧と思えるタイミングで合わせたのに外れるとは、魚の方が運があったですね〜

残念

重量感、引きの強さは明らかにデカバンのそれでしたわ。

4枚仕留めてたのに、このバラシでテンションダダ下がり

しかし腐っててもしょうがないので次を狙う。

この時点で残りのガゼは10個程。

残り5個になった時に走りそうな当たりが

これも手持ちで構えてたので、当たりに対し慎重に対応してると綺麗に走ってくれました〜

先のバラシがあるので、綱引き状態になってギュンギュン引っ張って、完全に掛かってることを確認して引き抜き合わせを入れると良い締め込みが

元気一杯の引きを味わい、浮かせたのは54㎝ 2,9㌔の良型のメスでした〜

イメージ 4

この後もガゼを入れると良い反応は有りますが、12時前にはガゼを使い切ってしまった。残すは瀬戸貝とヤドカリが5個程。

潮も激下りが入って来て、石鯛らしき当たりが無くなった


イメージ 5

その後は瀬戸貝のカラス貝包みやヤドカリの爪などでやってたが良い当たりは拾えず、2時過ぎ頃に温存してたヤドカリを入れてみたら2連続で石鯛らしき当たりで素針になったが仕留めることは出来ず、3時の納竿を迎えました〜。

ブリバエに乗ってた猪野さんは、朝一に2回と潮止り前に1回だけ石鯛らしき当たりが有ったそうですがともに喰い込まず、残念ながら撃沈。

ブリバエは潮が入らず、ガゼは芯が残り、ヤドカリは頭が残りで厳しい状況だったそうです

やはり石鯛は場所&潮ですもんね〜。

今回私が乗ってた魚釣は良い潮に恵まれ、石鯛の群れも入ってくれてたので良い釣りが出来ましたわ

しか〜し、2回のバラシはもったいなかったです。

特に2枚目は。

自己記録更新のデカバンっだったかもしれないのに。
そういうサイズはなかなか当たってくれませんもんね

今度いつ当たってくれることやら。

イメージ 6

ま、次回もがんばろっと

この記事に

開くトラックバック(0)

深島・ハチマン!


こんばんは

悪天候の週末は萎えますね〜

台風の影響でウネリ出て来てるし。今度の水曜位からでしょかねぇ、出船出来るのは。早く落ち着いて欲しいものです



5月30日(水)、親戚のSと久しぶりに深島にチャレンジして来ました!

今年の深島はデカバンの朗報は少なかったのですが、数釣りは絶好調で、2桁釣果も狙える状況となっております。

そこで数狙いと、あわよくばデカバンの1発も、との思いでの釣行なのです。





他に常連のゴッチャンさんと、他に数名の上物師と底物師を乗せ、朝4時半出船。

ややウネリが残っているが、船足の早いふかしま丸は快調に進み、15分かからずに深島着。

と、ハチマンが空いてたようで、ハチマンで名前を呼ばれ、Sと二人で上礁。

ハチマン、いつ以来でしょう?4時半出船でハチマンに上がれるなんて平日釣行の特権ですね

ちょっと前に永島さんが3㌔overを頭に5枚仕留めた水道側にSに入ってもらい、
イメージ 1

私は水溜まり前からやることに。

イメージ 2

潮はほとんど動いてる気がしない。

こちら側は根掛かりが半端ないので恐る恐る1投目に瀬戸貝を入れてみる。何も触らない。餌の置く位置を変えようと動かしたらあっさり根掛かり 

全然外れないので引っ張て切りました

こりゃ先が思いやられそう


水道側のSの1投目はガゼをチョイス。1投目から反応があり、素針になったとのこと。

そこで仕掛けを作ってSの左横からガゼを入れてみる。横取り作戦です(笑)

しか〜し、左横は張り出しがあり、こちらでもアッサリ根掛かり。

また仕掛けを切るはめに

仕掛けを作ってるとSが来た〜と雄たけびを。

見ると弓剣524が綺麗にしなってる。

イメージ 3

なかなかの締め込み具合で、3度、4度と真下に締めこむので石鯛で間違い無さそう!

イメージ 4

弓剣、柔らかい竿ですがしっかりと胴は残ってますね

水面に現れたのはやはり石鯛!

3㌔は超えてそう。藻に絡まってますが(笑)

イメージ 5

ブリ上げは無理なので道糸を手繰ってあげたらやはり良型!

帰ってはかったら57㎝ 3,2㌔でした〜

イメージ 6

この後も水道側は高活性でガゼが素針になります。

私の方もエサ取りが出てきたのですが、なんせ根掛かりが半端ない!

カウンター25〜30程を攻めてるのですが、巻き上げ途中、カウンター13〜15位まで巻いてくると5回に3回は根掛かるのです。

仕掛けの消耗が激しすぎ

と、Sがまた掛けた!

イメージ 7

今度も重い感じですが、引きが違う。

上がって来たのは4㌔クラスのカンダイでした〜。

イメージ 8

私の方も良い感じでゆっくり潮が当てて来たのですが、いまだに石物の当たり無し!

イメージ 9

Sの方はずっとガゼが素針になってるのに・・・

潮がだいぶ引いて来て、右側でもやれそうになったので、根掛かりをかわす為に足元ポイントの右側に移動。

全く足元は反応が無いので、せっせと撒き餌を撒いてポイント作りを。

しか〜し、全然魚が入って来ないので、根掛かり覚悟でカウンター25位に投入。

と、ガゼが素針に!回収時ドキドキしながら回収しましたが、こちら側は根掛かりしない

次に瀬戸貝を入れてみたら石物らしき当たりで素針に。やっと石鯛が来たか、と今度はたまたま捕まえたソフトシェルチシャガニをエサ巻糸で巻いて投入。

と、着底してすぐにグ〜と石鯛を思わせる当たりが

よしよし、喰い込めよ〜と慎重に対応してると重々しく走ったのでやっと来た、と合わせを入れる。

しかし軽い。サンバソウかな?と寄せてくるとまさかのウツボ!

イメージ 10

ウツボ、カニで釣ったの初めてですわ

時間はすでに10時30分過ぎ。こりゃヤバいぞ〜、好調の深島でまさかのボーズ??とドキドキしながらやってたら、ガゼでやっと来てくれました〜

イメージ 11

型は1,5㌔程の今深島で釣れ盛ってるサイズ。この1枚を皮切りに石鯛の当たり続出!

1投毎に石鯛の当たりです。

そこで瀬戸貝、カラス貝、ガゼとローテーションしながら連続ヒット!

イメージ 12イメージ 13イメージ 14
イメージ 15

型は小さいですが、数釣りを堪能

しかし、時合は長くは続かず、小一時間で終了しました。

イメージ 16

時合も終わったみたいなので昼ごはんを食べ、昼寝をして釣再開。

魚の活性は高く、ガゼはあっさり素針になります。

そこで瀬戸貝を入れてみると芯が残って来た。

次も瀬戸貝を入れてみたらヒット!

小さいけど石鯛かな?と上げてみたら嫌な奴が

イメージ 17

タカノハ来たら大体潮が悪くなってる証拠なんで、やべ、これで終了かな?と思いましたが、しばらくしてガゼで石鯛ちゃんGet!

イメージ 18

この直後、ガゼの置き竿が強烈に絞り込まれた!

やっと良型来てくれたかな?と引きを味わいながらあげてるとどうも引きが違う。

正体は4㌔UPのアオブでした

イメージ 19

この後も高活性は続き、ガゼが溶けるように無くなります
水道も活性が上がって来たみたいで、一発針外れをやらかした後、竿を曲げております〜

イメージ 20

浮いてきたのは2㌔程の石鯛でした〜。

イメージ 21


こちらも高活性続き、残り少なくなったガゼでどうにか2枚を追加。

イメージ 22
イメージ 23

これにてタイムアップ。

私の結果は8枚でした〜

型は小さかったですが、数釣りは楽しめました

イメージ 24

Sは2枚でしたが、型が良かったです!

この日は石鯛好調で、灯台下に降りたゴッチャンさんは60UPの見事なデカバンを仕留めておりました!
しかもエサはヤドカリの爪。ガゼが瞬殺される中、渋いッス!!

イメージ 25

もう一人の底物師も御覧の釣果、7枚仕留めておられました!
餌は馬糞だったそうです〜。

イメージ 26


深島、船が出れさえすれば絶好調に釣れております!

中には2桁釣果を達成された方も。
餌はガゼがメインで、6㌔〜8㌔は持って行ってた方が良いと思います!他に準備出来ればバフンも良いですね!要は固いエサじゃないと通用しないですわ。
4㌔overもパラパラ当たってますので、行くなら今がチャンスですよ


この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは

今日はどうにか出船出来てますが、明日は台風5号の影響でウネリが出て来ますね〜。おまけに雨予報。
おとなしくしとくしかないですね〜。残念!

では、当店に入って来た石鯛情報を。
相変わらず好調を維持しております!

先ずこちらは5月25日(金)に那須さんが門川・コタツで仕留めた3,9㌔!

イメージ 1

他にもう1枚3㌔クラスを仕留めておりました〜
コタツも順調に釣れております! 
が、例年としたら型モノが出てないですね。4㌔弱までが多いですわ。
でもバラシも多いので、そういうのが型モノでしょうけどー。
まだまだ期待出来そうです!


そしてこちらは翌26日(土)、黒木(りゅう)さんが門川・カネンボで仕留めたグラマーなメス!

イメージ 2

実寸59,5㎝ 3,9㌔でした!
実寸60越えはなりませんでしたが見事なメス餌はガゼ。
この魚、この前当店でご購入頂いた竿、ゼニス・TZ500Mで2回目の釣行にて仕留めて来られました〜。これで縁起の良い竿になりましたね!釣り癖が着いたの間違いないですわ
その証拠に6月2日にはハチで3㌔を仕留めて来られました
これからもTZ500M・りゅうSPでバンバン仕留めて下され〜

そしてこちらは5月25日(金)に拓ちゃんがゴンヒョウで仕留めた3㌔overのメス!
餌はガゼ。他に2㌔overを2枚、計3枚仕留めておりました〜

イメージ 3

そしてこちらは同じく拓ちゃんが5月31日(木)にコタツで仕留めた3,7㌔!餌はヤドカリ。

イメージ 4

他にも御覧の2,5㌔と2㌔の計3枚仕留めておりました〜

イメージ 5

石鯛が居るとたいがい仕留めて来ますね!流石の釣果ですわ
ちなみに拓ちゃんもTZ500Mご愛用でございます〜。

そしてこちらは黒木さんが6月2日(土)、ゼンコー1番で仕留めて来た2㌔overの白子パンパンの銀ちゃん!餌は瀬戸貝。この他にも2㌔弱を2枚の計3枚仕留めておりました〜

イメージ 6

そして昨日、6月8日(金)にもゼンコー3番で2㌔弱を1枚仕留めておられました!

イメージ 12

黒木さん、連戦連勝、好調維持ですね!


宮崎県北、もちろん門川以外でも良い釣果出ておりますよ!
こちらは6月7日(木)に土々呂・長バエに釣行してた亀井君、大橋君の釣果です

亀井君、3,5㌔の見事なメス!

イメージ 7

他に2㌔クラスの石鯛2枚と土々呂では珍しいカンダイの4㌔overを

イメージ 13

餌は全てガゼでした〜。

他にも北浦、島の浦、南浦でも渡船が出船出来れば出ておりますよ〜。
乗っ込みもそろそろ終盤ですので、行ける時は行くしかないですね!


そうそう、こちらの魚も活性が上がってるみたいですよ〜

アラ!

これ、北村さんが某防波堤で仕留めたまさかの10,5㌔のゴマアラ!

イメージ 8
イメージ 9

こんなサイズが防波堤にもいるんですね〜

餌はアジの丸掛けで竿は石鯛竿でした!仕掛けはアラ用でしたが(笑)

ちなみに私もコアラを

イメージ 10

別の日にはゴマを

イメージ 11

夜釣シーズンになって来ましたね!そろそろ大アラ狙いに沖磯に出かけなきゃ!
ついでに85overの笛吹も釣りたいですね〜、去年の黒木さんみたいに。

日南の方ではシブダイも出てるみたいですし、梅雨の合間をぬって夜釣も良いですね!
天気の良い日休日は、忙しくなりそうです(笑)


この記事に

開くトラックバック(0)

気が付けば6月すね!

乗っ込みもシーズンもぼちぼち後半戦。

相変わらず宮崎県北では良い釣果出てますよ〜それは後日紹介します!

では今回は5月16日と25日に猪野さんと内之浦にチャレンジして来たのでその時のことを。

先ずは16日。

この日は計8名の底物師を乗せ朝4時出船

内之浦の湾を抜けると思いのほか波が有る

天気予報では波1m予報だったのに〜

シラセはほとんど水没しており無理

しばらく走って、「猪野さん、1人行って〜」と船長が。

猪野さんに聞くと、前回は自分が先に降りたので今回はお先にどうぞ〜と言われたので私が降りることに。

船長に聞いたら9番とのこと。

船着けを見ると結構なところまでウネリが来てる

船長の巧みな操船でどうにか磯に上がったが、上がった途端デカいウネリが来て危うく餌を流されるところでした

ポイントは船着けとのことだが、ウネリが這い上がって来てるのでやれそうにない。
とにかく荷物を高い所まで運んで夜明けを待った

イメージ 1

ちなみにこのクーラーを置いてる所には裏から回って来たウネリの飛沫がかかってました

瀬の周りは大サラシで仕掛けが落ち着く気がしない。

ピトンを打つのに良さそうな船着けは御覧のとおりウネリが来て無理。

そこで上の方から無理やり竿を出すことに。

イメージ 2

エサ盗りの活性は凄く、瀬戸貝はもちろんガゼも瞬殺

トッポガニを入れてみたら、剥き身はあっさりやられるが丸掛けは無反応。

良い当たりも拾えず時間だけが過ぎる

潮も引いて来たのでもう1本竿を出し遠投放置してみたが、遠投もガゼはあっさり素針に。

干潮前に手のひらガキが1枚針掛かりして来て、その後1回もう少しサイズの良さそうなガキっぽい当たりが有りましたが食い逃げ。

イメージ 3

満ちに変わってもガゼはあっさり素針になるもの石物の気配は無く納竿の2時を迎えました

9番、足場も悪く、沈み瀬が点在してて少し投点がずれたら根掛かり多発でめちゃやりにくかったっす。

何処を攻めるのが正解だったのか・・・今度はウネリが無いときにチャレンジしてみたいものです。

ちなみにこの日は猪野さんが15番前という名前の決まってない磯で3㌔弱を1枚仕留めてました。大ウネリの中、貴重な当たりをとらえきっちり走らせてましたよ

他は出ておらず、やはり皆さん大ウネリに翻弄されてましたわ

そして25日。船が出るというので内之浦再チャレンジ。この日も天気予報では波1mですが、はたして?

今回は猪野さんが15番、私は16,5番を予約してるので後はウネリがどの位あるかが問題。


この日は12人程の底物師が集結し、朝4時出船

沖に出ると前回ほどのウネリでは無いが、やはりウネリが有り、シラセ、カゴ瀬は無理

猪野さんが降りる15番も3,4回瀬付けし直し上礁。

私が乗る16,5番はウネリの角度的に15番ほどではなく、ゆっくり乗ることが出来ました

今回は石鯛倶楽部のバックナンバーを読み漁り、16,5番の攻め処も確認済なので、やる気が違います

しかも釣ったら泳がせるのに最適なタイドプールがすぐ後ろにあるのです

イメージ 4

先ずは持参したカラス貝の撒き餌をパラパラ撒いて瀬戸貝でスタート。

始めの数投はそのまま上がって来てましたが、撒き餌が効いてきたのか、あっさりと素針になりだした

潮色も良く、今にも出そうな感じ。

イメージ 5

しか〜し、現実はそんなに甘くなく、石物の当たりは全く出ません

そこでガゼで置き竿にし、船着けのポイントにももう1本竿を出し、こちらもガゼで攻めてみることに。

イメージ 6

と、ガゼに石物の当たりが出だし、針に乗って来たのはこの子。

イメージ 7

手のひらクラスのガッキーちゃん。

どうやらこのsizeが群れてるようで、がぜは溶けるように無くなります。

そこで瀬戸貝のカラスの殻包みやトッポガニの丸掛けで攻めますが、こちらは全く触りません。

イメージ 8

そこでガゼに戻すとまたガンガン当たり手のひらガッキーちゃんが

イメージ 9

こりゃいかん。少し休憩しよと、30分程寝てポイントを休ませてみる作戦に。

ついでに昼ごはんを食べ、小一時間後に再開するとガゼに良い反応が。

3投目位に綺麗に舞い込み、合わせるとそこそこの重量感がある

これは手のひらじゃないぞと上げてみたら1,5㌔ちょいの石垣ちゃんが浮いて来ました
針掛かりを見たらなんと目の上に掛かってる

だから変な引きだったし、重かったんですね〜。

イメージ 10

その直後に㌔クラスを追加

イメージ 11

これは連ちゃんモードかな?と思いましたが潮が離れたようでこれで打ち止め。

その後も納竿まで色々やってみましたが本石の当たりは拾うことが出来ず納竿。

夢の内之浦サイズのデカバンは当たってくれませんでした

イメージ 12

16,5番、足場も良く、根掛かりも少なく、居心地良かったですね〜。電波がほとんど届かないのが難点なくらいですね。

港に帰って他の方の釣果を見ると、ゲンガ島で4,3㌔の銀ちゃんが上がってました!

イメージ 13

やはり内之浦!デカバン地帯ですね!他は石垣の2㌔までがパラパラといった感じでした。
まだまだデカバンの期待は出来そうですから、またチャレンジしたですね!
次行ける時はカゴ瀬にチャレンジしてみようかなぁ?雰囲気有りましたよ。

イメージ 14

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは

天気が悪いですね〜

船が出れさえすれば、乗っ込みらしい釣果出てるんですがね〜。

早く天候が回復して欲しいものです


では、まだ紹介してなかった釣果情報を。


先ずはこれ!!

5月10〜11日、鹿児島・伊座敷に遠征してた出口さんが夜釣で仕留めて来ました!

素晴らしいサイズです!
イメージ 1
115cm 25,5㌔!
イメージ 2

餌はメジカ。このsizeになりますとやっぱり迫力が違いますわ

連休中、土々呂でも10㌔弱が出てましたし、北浦でも5㌔弱が出てました!

アラにも良いシーズンになって来ましたね

そしてこちらは12日(土)、門川・ゴンヒョウで黒木(リュウ)さんが仕留めてた3㌔overと2㌔弱

イメージ 3

そして翌13日(日)も大ウネリの中ゴンヒョウに行き、11時過ぎには回収になってましたが、きっちり58㎝ 3,8㌔をゲット!

イメージ 4

餌はヤドカリだったそうです〜。黒木(リュウ)さん、好調維持ですね

こちらは15日(火)、島野浦・定広に釣行してた大橋さんの釣果です!
2,5㌔クラスを頭に石垣交じりで5枚!

イメージ 5

餌はガゼ。活性高く1日で70個は使ったそうですわ
この日は他に4㌔クラスも出てたそうですよ!島野浦も好調維持ですわ。

こちらは同日、門川・ブリバエで猪野さんが仕留めた3枚!

イメージ 11


餌はヤドカリ。1枚はヤドカリの爪の数珠掛けで仕留めたそうです!ヤドカリの爪、いい仕事しますね 


こちらは17日(木)、門川・コタツ、カベで佐伯くん2,7㌔頭に3枚、ステージで古田君3,6㌔の計4枚!

イメージ 6

餌はヤドカリ。午前中に当たりが集中したそうです〜。二人は連戦連勝中です。良いリズムに乗ってますわ

こちらは18日(金)に門川・コタツで甲斐さんが仕留めてた3㌔over!
イメージ 9

これ以外にも2㌔クラスを仕留めておりました〜そして1発良いのをバラシたそうですよ
コタツもデカバンが入ってるようですね〜

そして翌19日(土)、門川・ブリバエで那須さんが仕留めた60,5cm4,5㌔のデカバン!

イメージ 7

那須さん、他に3㌔弱までを3枚、計4枚仕留めておりました!
流石ですね〜餌はヤドカリ。

イメージ 8

こちらは同日、同じくブリバエで北村さんが仕留めてた2㌔までの3枚!

イメージ 10

餌は瀬戸貝でした。この日ブリバエでは計7枚出てました
乗っ込みの群れが入ってたんでしょうね〜

こちらは翌20日(日)に門川・セツリバエで石田さんが仕留めたスーパーメタボ石鯛!

イメージ 12
お腹パンパン、56㎝ 3,8㌔でした!
イメージ 13

もう臨月ですね餌は瀬戸貝。
石田さん、石鯛釣3回目にしてこの見事なサイズを仕留めております!素晴らしいっス!師匠がいいのかな?
しかしこれ程丸っとしたのは珍しいですよね。

こちらは同日、絶好調を維持してる黒木さんがコタツで仕留めてた2,5㌔と2㌔です〜

イメージ 14

波あり風有りの厳しい条件の中、午前中にきっちり2枚仕留めておりました〜。餌は大きい方がトッポガニ、小さい方が瀬戸貝のカラス貝の殻包み。
エサ盗りが多く硬いエサが有効だったとのこと。
他に魚釣でも3㌔overを頭に3枚出てました!

相変わらず好調ですわ
ビロー回り、地方どちらでも潮さえ入れば出てますね!
コツとしては、しっかり撒き餌を撒いて、潮が入って来た時合を逃さないということでしょうね〜。

今度の金曜位には波が落ち着きそうですが、今のところ日曜は曇り雨予報
出船出来れば釣果率は高いと思いますので、出船出来る海況であって欲しいものですね!


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事