ここから本文です
1月14日、猪野さんのお知り合いの小牧さん主催の「あかつき杯」に参加して来ました

今大会は上物、底物、ルアーとなんでもOKで、検寸対象魚の石鯛、石垣、クロ、真鯛、青物、ハタ類、モイカの1尾の重さで順位を決め、しかも優勝者より3位の方が賞金が高いというなかなか斬新な大会なのです(笑)


場所は北浦。



この日は祝日ですので、朝5時半頃出船。

恒例のジャンケンは最下位でしたが、運よく大バエに当たりまして、上物師数名と一緒に上礁しました。

船着けと水道には夜釣が入っており空いて無いので、その他空いてる場所に陣取り、皆さん思い思いの釣り方でスタート!

イメージ 1

私と猪野さんは上り潮が入って来るだろうと読み、上りポイントの三角へ荷物を持って移動

2本出し体制の猪野さんが下から。私は上からスタート!

ちなみに三角、良いピトン穴が無くなってますね
今度行く時はハンマードリル持って行って穴開けよっと。


イメージ 2

どうやら潮は下り気味のようでほぼ動いておらず、10号の鉛がまっすぐに落ちていく状況。

そのうち上りが入るだろうと撒き餌をパラパラ入れながらやってますが、餌盗りはいるが本命の気配は無く、時間だけが過ぎて行きます


イメージ 3

潮が満ちてくるとともにウネリが太りだし、下にいる猪野さんの足場はどんどん狭くなっていきます

イメージ 4

10時半頃、船着けでは潮が入って来たようで、赤貝で2㌔クラスの石鯛が上がった!

それを見て、二人で今から時合!と気合が入り、集中してやってると、潮止まり前に私に2回石鯛の当たりが有りましたが、走る寸前で餌を離してしまいました

潮止り後に上りが入ると信じて手返ししますが、下り潮のままで全く潮が入って来ません

マスタテにも大会参加メンバーが上がっておりますが、マスタテも上り潮が有利なので気配が無い感じです

イメージ 5

結局1度も潮が入らず、良い当たり無く納竿の3時を迎えました

迎えの勝丸。

イメージ 6

港に帰り、皆で協力し荷物を降ろし、いよいよお楽しみの検量です

イメージ 7

上物はクロがパラパラ出ております!

イメージ 8
イメージ 17

最大は46㎝、1,67㌔の良型も!
大バエで出てました〜

イメージ 18

モイカも良型が!

イメージ 9

オオモンハタも出ており、大会を盛り上げます!

イメージ 10

そして一際目をひいたのがこちら!

良型の石鯛に小ぶりの石鯛、ガガラと仕留めております!

イメージ 11

検寸すると、
実寸57㎝、3,16㌔の見事な銀ちゃん!!

イメージ 12
イメージ 13

仕留めたのは今大会主催者の小牧さん!
もちろんぶっちぎりの優勝です
おめでとうございます

しかし、今大会は優勝より3位の方が賞金が高いのです(笑)

ちなみに場所はアミタテ。
アミタテはガンガン当たりが有ってたそうで、ガゼが無くなったので奥の手のボイルアサリを入れたら喰って来たそうです!
ボイルアサリ、やっぱり釣れますね






イメージ 14

2位はクロの1,67㌔。ちなみに景品はカップラーメンで賞金は無し


イメージ 15

そして一番賞金の高い3位はクロの㌔弱でした!モイカ、オオモンハタもほぼ同サイズで、なかなか盛り上がりましたね

イメージ 16

ウネリは出て来ましたが、天気は良く、皆で和気あいあいと楽しい大会でした
対象魚も多く、釣のジャンルも好きな釣りで良かったし、3位が一番賞金が高いってのも検量結果が出るまで盛り上がって良かったですわ。次回開催も楽しみですね



今回も石鯛の当たりは拾ったのに石鯛ボーズで、今年初物をGetしてないので悶々としながら帰途に

ちなみに猪野さんは正月休みで、翌日は門川に入るとのことで、一緒に行きますか?とお誘いを受けましたが、バイトがあるかどうか確定してなかったので丁重にお断りしたのですが、結局バイトが休みになった為、行くか行かないか悩んだ末に、気になってる美々津に行く事に。

それは後日アップしま〜す。

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは

1月3日に初釣りに北村さんと日向大バエに行って来たんでその時の模様を。

今シーズンクロが絶好調の日向エリア。この日も20名ほど上物師を乗せ、朝6時半出船。ちなみに底物は我々2人のみ。

北風が吹いたら大バエは無理なのですが、この日はそれほどまでは吹かない予報なので、1発狙いで大バエへ

私は船着けに。

イメージ 1

北村さんは遠投もやってみるとのことなので広い下からやることに。

先ずはルアーで平チェック。

イメージ 2

サラシが無いからか、グルっと探ってましたが平からのコンタクト無かったですね

私は仕掛けをセットし、撒き餌をパラパラ入れながら、日の出を拝んで、今年1年の安全釣行と、出来れば自己記録の更新を願い、実釣スタート!

イメージ 3

大バエは下り潮が本命潮。

現状潮は本筋は上っていますが、その反転流が入ってるようで前から微妙に押してきており、行けるかも?と思わせます。

1投目は貴重なヤドカリを投入。




イメージ 4

餌盗りは居り、尻尾が盗られます。

次は残って来た頭の上に親爪を2個通し投入。と、押さえる当たりが

石鯛臭いぞと緊張感が走ります。スプールフリーで対応すると、ス〜ッと2m程糸を引き出したところでストップ

上げるとヤドカリの頭が盗られてた。

慌てて次を入れてみたが餌盗りの活性が上がっており、コツコツとキンツかフグみたいな当たりに

そこでガゼを入れてみると石垣みたいな当たりが。しかし喰い込むサイズではないようで、しばらく置いてたら素針になるって感じ。

1時間程やってると、ガゼで2番まで押さえる石鯛らしき当たりが出たが、舞い込まず

と、ガゼで置き竿にしてた北村さんのリメイク小笠原20号-540に当たりが

北村さんも自分でグラス小笠原をリメイクして使っております

グラスの喰い込みの良さが功を奏したのか、どうにか舞い込みました

どうやら小型のようで、すんなり浮いてきたのは㌔弱の石垣でした〜。

イメージ 5

今年の初物かつ、グラス小笠原での初物

イメージ 6

これが出たのでこれから連発するかと思われましたが、後が続きません

おまけに潮が入らなくなり、瀬戸貝などは瞬殺ですが、ガゼは穴が開く程度に。


北村さんは遠投に本腰を入れております。

イメージ 16

そこでキンツ(カワハギ)狙いの仕掛けを入れてみるとあっさり30㎝が

イメージ 15

キンツを5枚ほど確保したので、今度はキビナゴで根魚狙いに。

と、㌔弱の良型アカハタが来てくれました!

イメージ 7

しばらくは根魚狙いに徹し、ガガラ、アカハタをほどほど確保。

イメージ 17

やはり沖磯は釣れますね

もちろんその間石鯛竿も置き竿でちょいちょい手返ししておりましたが、全く良い当たりはなかったです

北村さんもあちこち探っていますが、潮が効いて無いので石物からのコンタクトは有りませんイメージ 8

3時から4時が勝負と思っていましたが、この日は終日上り潮が流れ、石物からのコンタクト無く納竿時間を迎えました

イメージ 9

迎えの飛島丸。

イメージ 10

上物師の回収を手伝うと、皆クーラーの重い事!

港に帰って見てみたら、フル満タンの方多数!!

20名程いましたが、半数はこんな感じでしたよ。

イメージ 11
イメージ 12

日向、現在クロ絶好調ですわ。型も1,5㌔クラスが多かったですね。

もちろん石鯛も釣れており、潮が入れば高確率です!

こちらは2日に安藤さんが小黒で仕留めた2㌔over!餌はガゼでした。

イメージ 13

こちらは河田さんが5日大バエで仕留めた2,7㌔!こちらも餌はガゼ。

イメージ 14

こちらは8日に黒木さんが小黒で仕留めた2㌔over!
これも餌はガゼ。他に2枚の計3枚仕留めてましたよ〜。
上り潮が入ったら当たりだしたそうです!

イメージ 18

日向、しばらくはクロも石鯛も釣れ続きそうな感じです!

あ、忘れてはいけないのがキンツ(カワハギ)ですね
日向エリアのキンツは30㎝クラスが多いですから、カワハギ仕掛けと餌は持って行った方が良いですよ!良いお土産になりまっせ〜

この記事に

開くトラックバック(0)

遅ればせながら、明けましておめでとうございます!

今年も安全に、楽しく、石鯛釣を楽しみましょう

今年も宜しくお願い致します!


今年の初釣りは3日に日向大バエに行って来ましたが、今回は昨年末の釣行のことを。

12月27日、親戚Sと久しぶりに北浦にチャレンジして来ました。




朝5時45分頃出船。

北浦恒例のジャンケンは2番だったようで、上物師が中のハエワレをチョイスしたので、空いてる中のハエ先端のワンドでやることに。

ウネリが有ったので高い所からスタート。Sがいつもの右側に。私は左下段から。

イメージ 1

潮色も良く、上りが入ってるので大いに期待出来そうな感じでしたが、石物の活性は低く、ガゼはどうにか素針になるといった感じ

カラス貝を入れるとキタマクラが。

イメージ 2

この日は北西の爆風で御覧の有様でしたが、中のハエは背中からになるのでそれほど風の影響は有りません。

イメージ 3

石物がパッとしないので、剛海口白にアジを付けてライトアラ狙いをやってみたらウツボの入れ当たり
ネムリ針を使ってるのでなかなか針掛かりはしませんが、1本だけ丸々したのがスレ掛かってきました。かもこの掛かり方は以前ウツボに噛まれた時と同じ掛かり方

嫌な記憶が蘇ります

この状態でハリスワイヤーごと握ってリリースしようとして鎌首をもたげて噛まれたんですよね〜

今回は要注意し、どうにか針が外せたのでリリースしましたよ、ハイ。

イメージ 4

ライトアラは狙いは持参したアジがことごとくウツボにやられて1時間程で終了ウツボは超高活性でした


石鯛狙いに戻ると、Sの竿に良い当たりが!

そのままキレイに舞い込み、良い締め込みです

イメージ 5

浮かせてみたら1,5㌔程の石垣でした〜

イメージ 6

やはり石垣は良く引きますね!

これが出たので高活性タイムに突入かと思いましたが後が続かず。

と、弁当便であゆ丸で来てた拓朗ちゃん参丈。

今回はクロ狙い。朝はアミタテに入っており、すでに48㌢を頭に6枚程仕留めてましたわ。流石の釣果です

しかも先端でも1投目からクロGetしてました!

イメージ 7

昼過ぎには潮が引き、ウネリが足元を洗わなくなったので下の段に移動。

イメージ 8

が、良い当たりは無く時間だけが過ぎて行きます

イメージ 17

気が付けば4時過ぎ。ラスト1投と、ヤドカリの頭に爪を通して置き竿にし、釣り座を片付け始めることに

片づけながらふと竿を見たらゆっくり入って行ってる!!

慌てて竿の所に行くと戻って来た。

ガ〜ン、乗らんかった〜

と思ったら、またゆっくり入りだした

あら?掛かってる?とピトンから竿を抜いて聞いてみるとどうやら魚が乗ってる。そこで合わせを入れると引きは弱いが石物っぽい締め込み。

浮かせてみたら塩焼きサイズの石垣ちゃんでした

イメージ 9

小さいけれど、ラスト1投で来てくれたので嬉しかったですね。きっちり塩焼きで美味しく頂きました。

ちなみに拓朗ちゃんは根魚狙いもし、アカハタ、ガガラも釣っていましたよ。クロは中のハエでは6枚位追加してました。連れのお方も45位の尾長を頭にキープsize3枚。
最近中のハエではクロはサッパリで、ジャンケン最下位とかが中のハエに行ってると船長が言っていたんですがね。やはり腕でしょうかね〜。

イメージ 10

帰りは綺麗な北浦の夕景を見ながら帰港。

イメージ 18

これで竿納めにする予定でしたが、塩焼き石垣では納得がいかないので30日に門川にチャレンジすることに


流石に年内最後の営業日とあってお客さんの多い事
他渡船も満載してる様子です。

功丸はビローから回ったので、地回りの主要石鯛ポイントは軒並み埋まっており、空いてる所が有りません

空いてるポイントは地磯の田の下か、セツリバエ南か、大バエ位です。ちなみに船には私と黒木さんが残ってます。

黒木さんに地磯ですが実績のある田の下に行ってもらい、私は今まで上がった事が無いセツリバエ南をやってみることに。しかも南から中に入った所。

ここはワンド状になってて、撒き餌も効きそうですし、上り潮がまっすぐ入って来るのでは?との読みがあるのです


イメージ 11
 
餌盗りは居ないだろうと、瀬戸貝の剥き身を入れると予想に反してキンツかフグが凄く、あっさりと素針になります

そこでガゼを入れると何にも当たりません。

と、1投目から来ました〜と黒木さんからラインが。ヤドカリで2㌔弱を仕留めておりました

まさに残り物に福があったパターンですね あ〜羨まし。

イメージ 16

私も気合を入れ直しやってみますが、柔らかいエサは瞬殺。ガゼは何も触らないという最悪パターン。

そこで2本出し体制とし、1本はガゼで放置。もう一本はカラス貝の殻包みメインで攻めます。



イメージ 12

ちょい投げとかいろいろ探ってみますが、全く石物の気配無く時間だけが過ぎて行きます

たまには潮が入って来てたんですがね〜。

イメージ 13

結局1度も石物からのコンタクト無く終了
2018年の釣りを終えました。

イメージ 14

港に帰ると沖松真ん中に降りてた功丸常連の松本さんはきっちり2㌔クラスを仕留めておりました。状況の厳しい中、流石の釣果でした

イメージ 15

年が明け、クロの活性が上がって来てるのでこれからは上物シーズンの感が有りますが、手持ちで繊細に石鯛を狙うには最高のシーズンになりますね!
寒さに負けず、今年も頑張って行きましょう!

ネットショップも宜しくです

この記事に

開くトラックバック(0)

こんばんは

今年も今日で終了ですね〜。

明日からは2019年。いろいろ頑張っていきましょうかね〜


さて、この年末ですが、私しゃ3回釣行しまして、今回は24日にに美々津に行った時のことを。


渡船は長栄丸さんにお世話になりました。

朝6時半出船。今回は佐藤さんとの釣行です。


本来は一つ神予定でしたが思いの他ウネリが有り、一つ神は上がれない状況なので、予備的釣り場ですが、2日前に3,6㌔、2,9㌔と良型が出てる龍神バエに上がる事に。

階段を挟んで右側で私が。

イメージ 1

左側に佐藤さんが入ることに。

イメージ 2

こちらは波裏なのでウネリの影響は全く無し。

事前の情報だと、龍神バエはエサ取りが全く居らず、ずっと餌は付いたままで当たれば石鯛といった感じとのこと。
要するに回遊待ちのポイントで、狙い所はカウンター25前後をメインに、足元もたまに回遊が有るとのこと。

そこで二人とも最初から2本竿スタイルで開始。

餌は1本はガゼ。もう一本は瀬戸貝。

とりあえずガゼを付けてカウンター20〜25に放置し、足元を瀬戸貝で探ってみるが確かに何も触らない

こまごま仕掛けを動かして探ってみるが状況は一緒

なるほど、噂通りだと感心する。

こんな状況なら上物仕掛け持って来てフカセしながら放置プレイで良かったかも?なんて考えが。

しかも龍神バエ底物ポイントは陰になって寒い。正面から風は吹くし。

こりゃ厳しそ〜とふと佐藤さんの方を見たら、ガゼで放置してた竿が伸びてる!!

佐藤さんは慌てず竿を握り、合わせを決めると良い締め込みが。

イメージ 3

数度の締め込みをかわすと良型のメスが浮いてきた。なだらかな磯の形状なのでそのままずり上げに成功

イメージ 4

55弱の良型メスでした〜

イメージ 5

確か3投目位だったかと。

カウンターどれくらいで来た?と聞いたら、「適当に投げてて、カウンターも見てなかった(笑)」とのこと。

この1枚が出たので我々の活性は上がったのですが、それからはな〜んにも触りません

イメージ 6

潮色も御覧の感じ。

イメージ 7

餌は付けたままの状態をずっとキープ。ほんとに餌盗り居ませんわ

あ、ごくたまにフグらしいのが瀬戸貝を突いたり、ガゼの中身を吸っていましたが素針になることは1回も有りません

回遊してきた石鯛がたまたま餌を見つけたら喰い込むといった感じなんでしょうね〜

だいぶダレかけた1時過ぎ、船長から佐藤さんに「一つ神がやれそうになったから移動する?」と電話が。

では移動しましょうと、準備し、船に乗り込み一つ神を目指す。

イメージ 8

一つ神のいつもの場所に入り、実釣スタート!

イメージ 9

こちらは生命反応が有り、竿を揺らしてくれる。

これは期待出来そうだとやってると、ガゼの芯の2個掛けをエサ巻糸で補強して投入した佐藤さんにいい押さえが

丁寧に送って行くと走ってくれ、合わせもバッチリ

イメージ 10

数度の締め込みをかわすと、海面に綺麗な銀ちゃんが。

ウネリが有りサラシがきつく、針掛かりが確認出来ないので、念のためタモで掬い無事確保。

しかし銀ちゃんは良く締めこみますね〜。サイズは2㌔overでした。

イメージ 11

まさに技ありの1枚でした

これが出たので今が時合と判断し、トッポガニの半割を入れてみたら石鯛の当たりが

やはり時合だと、慎重に対応するも食い逃げされてしまった

次もトッポガニの半割を入れるもこれも喰い込ませれず

そこで1個だけ持ってたヤドカリを入れることに。

先程当たったカウンター23前後に落ち着けるが反応無し。おかしい、当たらん。

もしかしてすでに餌盗られてる?と回収してみたら付けたままの状態。

そこで手前のカウンター16位に落ち着けると、今度はすぐにゴツン、と当たって来た

今度は走らせるぞ〜と慎重に送って行くと、2m程送った所でギュギュギュと走り出した!完全に乗ってることを確認して引き抜き合わせを決めると確かな手応え

数度の締め込みをかわして取り込んだのは52㌢のメスでした〜

イメージ 12

良かった〜、無事釣れて。しかも1個だけ持ってたヤドカリで仕留めたので喜びもひとしお。この魚を写真撮ったり〆たりしてたら佐藤さんが「金田君、タモ!」と声が。

ん?と見てみたら佐藤さんもメスを浮かせてる。本日3枚目

タモで掬うと今度も2㌔overでした。餌はヤドカリ。

イメージ 13

やはり時合やったようですね

この後は時合が終わったようで、良い当たりが来ません

イメージ 14

日が陰って来て、たまに来たと思ったらガガラ。佐藤さんは4,5匹良型ガガラを仕留めてましたよ。

思うにガガラやアカハタの活性が高い時は石物の活性は低いですね。多分底潮が冷たくなってるんでしょうね〜。以前、たっくんがアカハタ、ガガラを連発させてる時は石物の活性が全くなかったですもんね。何かしら関係性が有りそうですわ。

この日は日暮れまでやってみましたが、追加は有りませんでした。

イメージ 15

瀬替わりが大正解な1日でしたわ。船長のおかげて釣らせて頂きましたね

その後も美々津は好調を維持しております!

こちらは28日に佐藤さんが一つ神で仕留めた石垣と石鯛。

イメージ 16
この日は石垣祭りだったみたいですわ。ガゼに反応が良かったそうです。

同日コミノでも米良さんが2㌔クラスの本石2枚と㌔前後の石垣を8枚!
(石鯛の下に石垣が入ってます)
イメージ 17
こちらもガゼが良く、すべてガゼで仕留めたそうです!

美々津、もう少し水温が下がって石垣が減って来たら良型石鯛が期待出来そうですわ。1,2月も楽しみですね

それでは皆様、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願い致します。

この記事に

開くトラックバック(0)

門川・カネンボ!

こんばんは。

では、前回のブログで触れた12月19日の門川釣行の記事をー。



朝6時出船。

この日は他に上物師数名と、藤下さん、栗原さん、猪野さんの功丸常連の底物師3名と一緒です。

それぞれ狙い場は、藤下さんがゴンヒョウ、栗原さんはカゴメ、猪野さんがゴンゲン、私は今まで一度も上がったことが無いカネンボを希望。

先ずは上物師を沖松カブリに降ろし、第7功丸の船足の速さにモノを言わせ、そのままカネンボを取に行き、無事カネンボに上礁

カネンボは初上礁だが、ムギバエ方向の足元狙いと、沖松方向の遠投が良いと以前恒吉名人から教えて頂いてたので、先ずは足元狙いのムギバエ方向を攻めることに。

イメージ 1

どうやら潮は本筋は上り潮のようだが、それに引かれ反転流となり、左側からジワ〜と寄せてる感じで1投目から当たって来そうな良い雰囲気

今回はガゼと瀬戸貝とカラス貝、トッポガニを数匹持って来てるので、撒き餌のカラス貝をパラパラと撒いて瀬戸貝剥き身で1投目を投入。

カウンター16程で落ち着いたので手持ちで構え、しばらく待つが当たりが来ない。

ん〜、何にも居ない?

そこで少し探ろうと、餌を持ち上げたらグ〜と重みが

どうやら咥えてる感じ

そのまま走れ!と念じるがパっと放してしまった

仕掛けを上げると瀬戸貝の芯が残ってるが潰された状態。

さっきのは石鯛でしょ!と慌てて次を投入。

今度は着底してすぐにゴツンゴツン、と当たってたので、そのままスプールフリーで送ってみたら2m程持って行ったところで止まってしまった。

仕掛けを上げると今度は素針。

そこそこ型が良さそうな当たり方に緊張感が高まる。

次も同じ所に入れると、また当たって来た

今度も2m程送り糸を引き出すが、そこで止まってモゴモゴしてる感じ。

ん?これ居食いじゃない?と思ったので、ゆっくり竿を1m程持ち上げていくと、グ〜っと重みが乗って来て、やっと走り出してくれた。

やっぱり居食いやった!合わせるとそこそこの重量感。

数度の心地良い締め込みをかわして水面を割ったのはやはり銀ゴリ!

大事にタモで掬いました〜

イメージ 2

仕留めた直後は3㌔overと思いましたが、帰って測ったら56㎝、2,8㌔でした。

居食いだった為、やはり飲み込んでいましたね

これを仕留めてからはエサ取りが出て来て、瀬戸貝の剥き身だとすぐにやられてしまう状況に。

そこでトッポガニの半割の上に爪を通して入れてみることに。
と、狙い通りに石鯛の当たりが来て、2枚目をGet
サイズは2㌔ちょい。

イメージ 3

潮は朝と同じ感じなのでまだまだ来そう。

ほとんど動いて無いのですが、左前からジワ〜っ押してくれてます。

イメージ 4

餌盗りの勢力が増してきたが、数投に1回は石鯛らしき当たりが出ます。

そこでカラス貝の剥き身をカラス貝の殻で包み投入。

これが功を奏し、3枚目をGet!

イメージ 5

続いて4枚目!これもカラス貝の殻包みでした

イメージ 6

4枚目を仕留めてからは潮が止まって来て、良い当たりが出なくなった。

イメージ 7

そこで昼ごはんにすることに。今回はカレーうどんをチョイス。

お湯を沸かそうと準備してるとなんとやかんを忘れてる

そこでコーヒーのアルミ缶を使いどうにかお湯を沸かしました


イメージ 8

昼からはほぼ潮が止まり御覧の状況に

イメージ 9

そこで遠投を試そうと、もう1本竿を出し、沖松方向に投げて放置プレイ。

イメージ 10

しかし遠投は何も触らず

3時半頃には遠投を諦め、足元狙いに集中することに。

イメージ 11

2回程それらしい当たりが有りましたが、喰い込ませられず納竿時間を迎えました〜。

迎えの第7功丸。

イメージ 12

今回の釣果。
カネンボは初めてでしたが良い釣になりましたわ
またチャレンジしたいですね

イメージ 13

この日功丸の他メンバーはゴンゲンで猪野さんが2㌔弱を1枚。ゴンヒョウ低場で藤下さんが2㌔弱の良型石垣を仕留めてましたよ。ゴンヒョウ高場も1枚2㌔クラスの石鯛を仕留めてたそうです!

そして22日にはゴンゲンで大分の金田さんが2㌔overの本石を頭に本石2枚、石垣3枚仕留めておりました〜

イメージ 14

餌は全てガゼ。今年は水温が高めで推移していますので、まだまだガゼでも通用しますね!

明後日からは寒波が来るようですが、海の中はまだまだ大丈夫そうです!
まだしばらくは楽しめそうですね



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事