ここから本文です

日向・大バエ!

こんにちは

今週は暖かい日が続いておりますね

今度の日曜日までは気温高めで推移するみたいですから、今週末は釣には最高な天気になりそうですね!

さて、当店に入って来た先週末の底物釣果ですが、北浦にて甲斐さんが2㌔ちょいまでを7枚仕留めておりました!

イメージ 1

この時期にこれだけの数釣りしてるってのが凄いですよね〜。流石の釣果ですわちなみに餌はヤドカリ。北浦にシーズンオフはないですな!

他に土々呂に行ってた黒木さんが例のボイルあさりで大当たりが来たそうですが、残念ながらラインブレーク 
石鯛らしい当たりはその1回だけだったそうですが、その1回のチャンスで喰い込ませたのに、ホントに残念でした
とにかくデカかったみたいですよ!土々呂、やはりデカバンが居ますわ


で、私は火曜日に久しぶりに日向大バエにチャレンジして来ました〜


朝6時半出船。

先ずは上物師を長バエに降ろし、久しぶりの大バエに無事上礁

潮は微妙に本命の下り潮が流れてるようなので期待大

持参した撒き餌を撒きながらゆっくり仕掛けを作る。


イメージ 2

餌はカラス貝・ムール貝をメインに、ボイルあさり、サザエ、トッポガニを5,6個ずつ持参。

今回も最近ハマってる2本出し態勢でチャレンジ。

1本はトッポガニの丸掛けで放置プレイ。

もう1本はカラス貝で手持ち。

イメージ 3

思いのほかエサ取りが多く、貝類は瞬殺

どうもキンツ、フグが猛威を奮ってる感じ。

そこでカラス貝の殻包みでやってみると全く触らない

丸掛けのトッポガニも何にも触らない

石鯛が来たらカラス貝を割って来るだろうと、2本とも置き竿にし、キンツ狙いをやってみることに。

餌はボイルアサリを流用。

と、1投目から良型がヒット

イメージ 4

こりゃ入れ喰いでしょと続けるが、次からはキタマクラ、ショウサイフグのオンパレード

少し休憩して入れると1投目にまたキンツが来たが、続けて投入するとフグに変わる。キンツも学習しますね

どうにか3枚仕留めたところで今度はガガラ(カサゴ)狙いにチェンジ。

キビナゴを餌に投げると、ポツポツと20㎝クラスが掛かって来る。

もちろん間に石鯛竿もチェックするが、石鯛らしきコンタクトは一切なし


イメージ 5

ガガラをひとしきり釣ってお土産を確保したので、カラス貝、ボイルアサリの剥き身でせっせと手返し勝負してみたがやはりキンツ、フグに盗られるだけで石物らしき当たりは全く来ない

この日は大潮で、12時前後が勝負タイムだと思うので、その時間に集中するために10時半にランチタイムに。

冬はやっぱり磯ラーメンですね

相変わらず磯で食べるラーメンは最高でしたわ


イメージ 6

ランチを終え、集中して石鯛を狙う。

が、潮が上り潮に変わって来て、ポイントに潮が入って来ず、石物の当たりが全く来ません

相変わらずフグ、キンツは活発で剥き身だと瞬殺状態なんですが・・・

ちなみにトッポガニは1時間に1回チェックしますが、付けたままの状態をキープしております(笑)

上りになったので、潮目には良型ボラとその下には良型クロが沸いておりました。

大バエ、クロ釣りしても良さそうですよ!すごい数でしたわ。この写真じゃわかりにくいですが


イメージ 7

結局期待してた潮止り前後は不発

次は3時半頃にチャンスが来るはずと、置き竿でのんびりと時を過ごす

と、天気予報通り南の風が強まって来た
飛島、小黒方面は大荒れ状況に
大バエは風裏なんで大丈夫でしたが、門川、北浦等は回収になってましたわ。

イメージ 12

3時過ぎ、そろそろ気合入れて手返ししようと、手持ちの竿に小ぶりのトッポガニを付て置き竿にし、もう1本の竿を回収しようとしたら何か掛かってる

ん〜?

重いけど引かないし、何やろか?

上げてみたら良型のキンツでした〜

こんなところに掛かってるから重くて変な引きになってたんですね
ちなみに餌はカラス貝の剥き身でした。

イメージ 8

これを仕留めて竿を1本仕舞うことに。

竿を仕舞い終え、もう1本の竿に視線を移すといい押さえが

お、これは石物っぽい

手持ちにしたかったが、ある程度押さえてるので、この状態で手持ちにしたら離すと判断し、見てたらフワッと戻ってしまった

うわっ、離した〜と思ったらまた押さえて来た

今度こそ走ってくれ〜と祈りながら見守ってると、

グツ、グツ、グッと押さえ、走るか?と期待しましたが、残念ながら離してしまいました〜

仕掛けを上げたら小ぶりのトッポガニの丸掛けが見事に素針!

チャンスタイム到来!次の餌が勝負!!と、どの餌を入れるか迷ったが、トッポで当たったのでトッポだろうと、半割のトッポを入れて手持ちで構える。

が、エサ取りの当たりのみ

仕掛けを上げると中身が吸われていた。

次も残りの半割を入れてみたがやはりエサ取りの当たりのみ

しまった、カラス貝が正解だったのか?と次にカラス貝を入れるもエサ取りの餌食に

時間はすでに4時。

残りの時間をカラス貝で手返ししましたが、最後にはキタマクラが掛かってきて終了〜。
イメージ 9

結果、石物チャンスは1回だけでした〜。モノに出来ず残念

しかし久しぶりの大バエを満喫で来たので良し

またチャレンジしようっと

迎えの飛島丸〜


イメージ 10


本日の結果。石鯛は不発でしたがそれなりに楽しめましたわ
キンツは良型でしたし。もっと本格的に狙えば数出るでしょうね!





イメージ 11
宮崎県北一帯の磯では、キンツ(カワハギ)が結構多いので、石鯛釣、クロ釣りの合間にちょろっと狙うのもありですね!良いお土産になりますわ。

皆様も磯に行く時はカワハギ仕掛けをお忘れなく〜。餌はオキアミボイルでも大丈夫ですよ〜


本日のタックル

・竿:ゼニス TZ-500M、鳴瀬石鯛500MH 

・リール:ダイワ 幻覇王石鯛30、トーナメント石鯛ℤ40

・道糸:サンライン  本石鬼憧 24号、口白鬼憧(黒)20号
    
・瀬ズレ:釣武者 ストロングワイヤー#36 約1,8m

・ハリス:サンライン 口白鬼憧ハリスワイヤー#41x19 
    吸い込み・ザイロンノット20号

・鈎:がまかつ がま石 14号・16号
   
・天秤:えびすやシーソー天秤 

・鉛:六角鉛12号〜18号

・潮(細島):大潮(旧暦11月30日)
  満潮:6時29分 17時37分
  干潮:ー時ー分 12時02分

この記事に

開くトラックバック(0)


こんにちは

ホントに嫌になるくらい寒い日々が続いておりますね〜。

今朝なんか南国宮崎の日向市でも−5℃ですよ?美郷町は−9℃ですって

早く春になって欲しいものでわ。



10日(水)に猪野さんと北浦に行って来ました〜。



この日もクソ寒かったのですが、幸神丸の熊本からのお客さんが前日から泊まりで中のハエに釣行されており、ワンドが空いてるので労せずワンドに上がる事が出来ました。泊まりのお客様、同礁させて頂きありがとうございました

私は高場から。

イメージ 1

猪野さんに低い方に入ってもらいました。

イメージ 2

潮は緩いながら上り潮が動いており、船の水温計は16,2℃とこの時期の北浦としては低水温でしたが、エサ取りの反応は良好。
しか〜し、餌は盗られますが、明確に石物とわかる当たりは出ません。

イメージ 3

小一時間ほどやってましたら風が強まって来た。
天気予報じゃ西の風と言ってましたが、南西寄りの風

イメージ 4

風が強まったおかげで高場はしぶきが降り注ぐように

たまに飛沫を浴びながら手返ししてるとと弁当便が来た。
この日は小潮で昼頃が勝負タイムだと考えてたので、その時間に集中するためにまだ早いが弁当を食べることに。

弁当を食べ上げ、再開しようと思ったが、飛沫がさらに上がりだし、高場は水ビタシに

イメージ 5

そこで猪野さんの隣に入らせてもらいました。この時期に飛沫を浴びながら釣るのはつらいですもんね
波の角度的に低い方は大丈夫でしたから

イメージ 6

私が猪野さんの隣に入ってすぐに猪野さんがヤドカリで獲物を掛けた

イメージ 7

良い締め込みに石物を期待させましたが上がって来たのはコヤツ
引きは楽しめたでしょうけどねぇ。

イメージ 8

潮止り前の良い時間になったようで、エサ取りの反応が良くなり、猪野さんの竿に良い当たりが出て、ガゼが素針に

猪野さん、すかさず同じ所に今度は小粒のガゼの1個掛けで投入。

手持ちで構えてたら、すんなり走りました〜

カメラ構えた時にはすでに浮かせておりましたわ(笑)

イメージ 9

猪野さん、今年の初釣りで嬉しい初物をGet!

イメージ 10

型は1,5㌔程ですが、幸先の良い釣果ですわ

もちろん今回も当店でご購入頂いたTZ500Mを使用。
やはり縁起の良い竿になっておりますわ



この釣果に私も気合を入れてやってますが、私にはエサ取りばかりで、これはという当たりが来ません

と、また猪野さんが掛けた

今度は先のより引いております

イメージ 11

今度は先のメスより一回り大きい銀ちゃんでした〜
丸っとしてて旨そうですわ

イメージ 12

餌はヤドカリで、ウツボみたいな微妙に押さえる当たりにスプールフリーでチョロチョロ送ってたら、8m位引き出した時にギュギュギュギュッと走り出したそうです〜

技ありの1枚でしたね

やはりこの時期の石鯛は簡単には喰い込みませんから、送り幅が大きい方が良い結果につながることが多いですね

満潮を迎える頃にはさらに波が上がり、セットが来るとこんな感じに

イメージ 16

満潮から下げにはいったら絶対に私にも当たりが来るはず!と餌をローテーションしながら探ってたら、トッポガニに今日初めての押さえる当たりが

スプールフリーで構えてるので、押さえについて道糸を送ってると、3m程道糸を引き出したところで止まってしまった

うわ〜、餌離したか、と軽く竿を立ててみたら重みがある

ん、喰ってる?とさらにテンションをかけてみたらどうも乗ってる感じなので合わせを入れると、ガッチリ掛かった

よしよし、やっと来てくれた

でも締めこみが弱いので石垣の小さいのかな?なんて考えながら浮かせてみたら・・・


まさかのイラ

イメージ 13

北浦で釣ったの何年振りだろう・・・

そういやこやつもカニ好きですもんねぇ。

即海にお帰り頂き、次を狙うも時合が終わったようで良い当たりは出ません。

は御覧の有様で、セットが来たら逃げながら釣ってました

イメージ 14

結果、私はボーズ
猪野さん2枚でした〜

イメージ 15

相変わらず綺麗な北浦の景色に癒されながら帰路につきました。

ちなみにクロは52,5cmの大型口太が出ており、全体的にパラパラ釣れていましたよ〜。クロシーズンになりましたね

明日からはやっと寒気団が離れるみたいなんで、気温が上がり、よりやりやすくなるでしょう。
石鯛もまだまだ狙えますし、この時期は来たら良型率が高いので狙わない手はないですよ!

はぁ、早く今年の初物に出会いたいものですわ


本日のタックル

・竿:ゼニス TZ-500M  

・リール:ダイワ 幻覇王石鯛30 

・道糸:サンライン  本石鬼憧 24号
    
・瀬ズレ:釣武者 ストロングワイヤー#36 約1,8m

・ハリス:サンライン 口白鬼憧ハリスワイヤー#41x19 
    吸い込み・ザイロンノット20号

・鈎:がまかつ がま石 14号・16号
   
・天秤:えびすやシーソー天秤 

・鉛:六角鉛12号

・潮(細島):小潮(旧暦11月24日)
  満潮:12時54分 ー時ー分
  干潮:6時23分 20時05分

この記事に

開くトラックバック(0)

こんにちは

ホントに嫌になるくらい寒い日々が続いておりますね〜。

今朝なんか南国宮崎の日向市でも−5℃ですよ?美郷町は−9℃ですって

早く春になって欲しいものでわ。



10日(水)に猪野さんと北浦に行って来ました〜。



この日もクソ寒かったのですが、幸神丸の熊本からのお客さんが前日から泊まりで中のハエに釣行されており、ワンドが空いてるので労せずワンドに上がる事が出来ました。泊まりのお客様、同礁させて頂きありがとうございました

私は高場から。

イメージ 1

猪野さんに低い方に入ってもらいました。

イメージ 2

潮は緩いながら上り潮が動いており、船の水温計は16,2℃とこの時期の北浦としては低水温でしたが、エサ取りの反応は良好。
しか〜し、餌は盗られますが、明確に石物とわかる当たりは出ません。

イメージ 3

小一時間ほどやってましたら風が強まって来た。
天気予報じゃ西の風と言ってましたが、南西寄りの風

イメージ 16

風が強まったおかげで高場はしぶきが降り注ぐように

たまに飛沫を浴びながら手返ししてるとと弁当便が来た。
この日は小潮で昼頃が勝負タイムだと考えてたので、その時間に集中するためにまだ早いが弁当を食べることに。

弁当を食べ上げ、再開しようと思ったが、飛沫がさらに上がりだし、高場は水ビタシに





イメージ 4

そこで猪野さんの隣に入らせてもらいました。この時期に飛沫を浴びながら釣るのはつらいですもんね
波の角度的に低い方は大丈夫でしたから

イメージ 5

私が猪野さんの隣に入ってすぐに猪野さんがヤドカリで獲物を掛けた

イメージ 6

良い締め込みに石物を期待させましたが上がって来たのはコヤツ
引きは楽しめたでしょうけどねぇ。

イメージ 7

潮止り前の良い時間になったようで、エサ取りの反応が良くなり、猪野さんの竿に良い当たりが出て、ガゼが素針に

猪野さん、すかさず同じ所に今度は小粒のガゼの1個掛けで投入。

手持ちで構えてたら、すんなり走りました〜

カメラ構えた時にはすでに浮かせておりましたわ(笑)

イメージ 8

猪野さん、今年の初釣りで嬉しい初物をGet!

型は1,5㌔程ですが、幸先の良い釣果ですわ

もちろん今回も当店でご購入頂いたTZ500Mを使用。
やはり縁起の良い竿になっておりますわ

イメージ 9

この釣果に私も気合を入れてやってますが、私にはエサ取りばかりで、これはという当たりが来ません

と、また猪野さんが掛けた

今度は先のより引いております

イメージ 10

今度は先のメスより一回り大きい銀ちゃんでした〜
丸っとしてて旨そうですわ

イメージ 11

餌はヤドカリで、ウツボみたいな微妙に押さえる当たりにスプールフリーでチョロチョロ送ってたら、8m位引き出した時にギュギュギュギュッと走り出したそうです〜

技ありの1枚でしたね

やはりこの時期の石鯛は簡単には喰い込みませんから、送り幅が大きい方が良い結果につながることが多いですね

満潮を迎える頃にはさらに波が上がり、セットが来るとこんな感じに

イメージ 14

満潮から下げにはいったら絶対に私にも当たりが来るはず!と餌をローテーションしながら探ってたら、トッポガニに今日初めての押さえる当たりが

スプールフリーで構えてるので、押さえについて道糸を送ってると、3m程道糸を引き出したところで止まってしまった

うわ〜、餌離したか、と軽く竿を立ててみたら重みがある

ん、喰ってる?とさらにテンションをかけてみたらどうも乗ってる感じなので合わせを入れると、ガッチリ掛かった

よしよし、やっと来てくれた

でも締めこみが弱いので石垣の小さいのかな?なんて考えながら浮かせてみたら・・・


まさかのイラ

イメージ 12

北浦で釣ったの何年振りだろう・・・

そういやこやつもカニ好きですもんねぇ。

即海にお帰り頂き、次を狙うも時合が終わったようで良い当たりは出ません。

は御覧の有様で、セットが来たら逃げながら釣ってました

イメージ 13

結果、私はボーズ
猪野さん2枚でした〜

イメージ 15

相変わらず綺麗な北浦の景色に癒されながら帰路につきました。

ちなみにクロは52,5cmの大型口太が出ており、全体的にパラパラ釣れていましたよ〜。クロシーズンになりましたね

明日からはやっと寒気団が離れるみたいなんで、気温が上がり、よりやりやすくなるでしょう。
石鯛もまだまだ狙えますし、この時期は来たら良型率が高いので狙わない手はないですよ!

はぁ、早く今年の初物に出会いたいものですわ


本日のタックル

・竿:ゼニス TZ-500M  

・リール:ダイワ 幻覇王石鯛30 

・道糸:サンライン  本石鬼憧 24号
    
・瀬ズレ:釣武者 ストロングワイヤー#36 約1,8m

・ハリス:サンライン 口白鬼憧ハリスワイヤー#41x19 
    吸い込み・ザイロンノット20号

・鈎:がまかつ がま石 14号・16号
   
・天秤:えびすやシーソー天秤 

・鉛:六角鉛12号

・潮(細島):小潮(旧暦11月24日)
  満潮:12時54分 ー時ー分
  干潮:6時23分 20時05分

この記事に

開くトラックバック(0)

遅ればせながら、
明けましておめでとうございます
このブログを見て頂いてる皆様が健康で、楽しく釣りが出来、素晴らしい釣果に恵まれる年となりますように!
今年も宜しくお願い致します。

2018年、スタートですね!

年末年始は潮が悪かったのか、厳しい釣況でしたね〜
ですが、2日に門川で3,9㌔、3,1㌔。3日にも4㌔が出てましたよ
当たりは極端に少なくなっていますが、潮が効いてるポイントではワンチャンスが訪れてるので、それをモノに出来るかどうかでしょうね〜。
当たれば良型率が高いので、1日粘る価値は有りますよ

で、4日(木)に帰省中の北村さんと土々呂に初釣りに行って来ました〜
もちろん狙いは麦バエ


そろそろ仕事初めの所が多いだろうから人は少ないだろうと思ってましたが、まさかの大賑わい
30人程の釣り師が来てました〜。まだ正月休みの所多かったんですね

ちなみに底物は我々2名のみ(笑)

大人数なんで2隻体制。
鞍掛方面は親父さんの船に、麦バエ方面は息子さんの船に分かれ6時半出船。
イメージ 1
この日はことぶき丸さんが1番付けなんで、麦バエに上がれるか心配でしたが、幸いにも麦バエ方向には来ず、無事麦バエに上がれました

新年早々運が良いぞ〜と、北村さんと二人でウキウキで準備を開始

天気も最高で、先ずはお神酒を捧げ、今年1年の安全釣行と大漁を祈願し、日の出を拝んで実釣スタート!
イメージ 2
今回餌はムール貝とサザエとガゼと、北村さんから分けてもらった貴重なヤドカリが8個。

まずはムール貝のむき身を入れてみたらエサ盗りが居り、コツコツと触り素針に。

ルアーのエキスパートの北村さんは、先ずはルアーでヒラ狙い。
イメージ 3
あちこち探ってましたがヒラの気配無しとのこと

そして遠投釣が得意なので、麦の沖にある沈み方向に遠投で石鯛狙いスタート。
イメージ 4
潮は本命の下り潮が適度に流れており、今にも石鯛からのコンタクトが有りそうな感じですが、全く良い当たりは出ません

そこで前回釣納めで良い思いをした2本出し体制に。

1本はガゼの3個掛けで放置プレイ。
イメージ 5
と、遠投の北村さんに当たりが

しか〜し、当たり的にウッちゃんぽい

上げてみたらやはりウッチャンでした〜。
イメージ 6
北村さん、今年の初物はウッちゃんでした〜(笑)
イメージ 14
ご丁寧に瀬ズレをぐるぐるに巻き込んでおりました

と、サザエで手持ちでやってた私にも当たりが

私の今年の初物はガガラちゃんでしたわ
イメージ 7
天気は良く、風も無く、最高の初釣り日和なんですが、一向に石鯛らしき当たりは出ません

回りを見ると、地松、沖松、カネンボと、門川も賑わっている感じです。
イメージ 13
遠投も気配が無いので、北村さんも下に来て手持ちで探ってますが、巨大なヤドカリは付けたままの姿で帰ってきます
イメージ 8
ムール貝はキンツ(カワハギ)らしき当たりですぐに素針。
サザエも白身はすぐに盗られ赤身はずっと残ったまま、ガゼは切れ込みを入れまくっても何も触らない状況が続きます。

手で持ったり、置き竿にしたり、餌を変えたり、狙い所を変えたり色々手を尽くしますが、3本の石鯛竿に石物の当たりは全く来ません
イメージ 9
あ、もちろん北村さんの遠投の竿にも全く良い当たり有りません
イメージ 10
海水はそこまで冷たくなく、それなりに魚の活性はあるんですが、石物の当たりが有りません

と、門川のハチ上がってるお客様から電話があり、ビロー周辺は上りの激流とのこと。

どうやら沖は上りの激流が流れてるようで、それに引かれ、反転での下り潮になってるみたいです。だから水温が高めでエサ取りの活性があるんでしょうね〜。

しかし、石物からのコンタクトは全く無し

盗られるのは貝エサのみ。こんな時に限ってカラス貝持って来て無いんですよ。カラス貝が有ったら殻包みで攻めれるんですがね〜。
イメージ 11
納竿の5時まで粘ってみましたが、二人とも1度も石鯛らしき当たりを拾うことなく終了
迎えの千広丸に乗り込みました。
イメージ 12
厳しい1日でした。ま、この時期の石鯛釣はこうですわね〜。
これにめげず、またチャレンジしようっと
今年の初物がいつ釣れるか楽しみですわ

ちなみに上物も厳しく、1,8㌔の良型口太が出てましたが、他は良い人で3,4枚といった感じで、ボーズの人も多かったみたいです。
口太シーズンにはもう少し早いって感じですかねぇ。

今日から3連休。
明日までは天気が持ちそうですが、明後日月曜は悪天で波も出そうですから、明日勝負ですな!
良い釣果が出る事を期待しときます




この記事に

開くトラックバック(0)

門川・ツボヤ!

こんにちは

いよいよ2017年も最後の日となりましたね。

今年良い年だった方も、そうでなかった方も、明日からは心機一転、新たな気持ちで新年を迎えねばですね


さて、前回のブログで触れてた2017釣納め門川釣行記を

26日(火)。

今年の石鯛釣納めに門川にチャレンジして来ました〜。


朝6時出船

先ずはビローに向かい、上物師を降ろしていきます。

ひとしきり上物師を降ろした後、地方に走ってもらうと、今日上がりたかったツボヤが空いてる!ラッキー

釣納めで狙いの磯に上がれるなんて、それだけでもいい気分

しかもベタ凪なのでチョンでもやれそう。そこでチョンに上がりました〜。

先ずは撒き餌をパラパラ撒き、潮の動きを確認する。

微妙に上ってる感じはあるがほとんど動いていない

今日は2本出しでのんびりやるつもりなのでピトンを2カ所セット。

先ずは手持ちで探ってみて、様子を見てから2本目を準備する予定で1本目の仕掛けを作る。鉛は10号をチョイス。

仕掛けが出来たところで、今年一年、事故無く、楽しく釣が出来たことへの感謝と、今日の釣りが楽しめますようにと願いを込めてお神酒を捧げ、実釣スタート!
イメージ 1
餌はガゼを25個と、サザエ、ムール貝とカラス貝を少々、トッポガニ、ボイルあさりむき身、を準備して来てる。

先ずはムール貝で浅棚に第1投。

一応エサ盗りは居るようで、コツコツと小さな当たりが。しかし、活性メチャ低い感じ

小一時間程あちこち探ってみたが石物の気配が無いのでもう1本の竿を準備。

もう1本の竿は所有してる石鯛竿の中で、今年は1回も使って無かったレボリューション石鯛525MH。レボは20年程前に私が初めて新品で買った思い入れのある石鯛竿なんで、日の目を見てもらおうと持って来たのです
イメージ 2
レボにはガゼの3個掛けで放置プレイ。やはり当たりは有りません

小一時間ほど放置して様子を見ると、ガゼが突かれていた。鉛は冷たく水温は低い感じですが、一応ガゼを突く魚が居るようです。
次は2個掛けで放置。

相変わらず潮は動かず、10号鉛で道糸はまっすぐ伸びてる。
イメージ 3
それにしても風が強い

上の段で構えてるレボは風の影響で当たりが全く分かりません

ピトンはティープロのTP石鯛2を使ってるので強風でも竿が回らず安心
こんだけ風が強かったら、ロック機構の無いピトンは回りますもんね
イメージ 4
パラパラと撒き餌を撒きながら釣り続けるものの、石物らしき当たりは全く有りません。

そこに弁当便が来たので、速攻で弁当を食べ鋭気を取り戻す。というか、弁当食べたら眠気が(笑)

だらだらとやってたら下元名人から電話が。

現状非常に厳しいっすと伝え、電話を切り、手持ちの竿を上げると根掛かりしてる

外そうとしたけど外れず、仕方なくラインブレーカーで引っ張り仕掛けを切った。
そして上の段に置いてるレボに背を向ける形で仕掛けを作り直し、仕掛けが出来たところで何気にレボに目を移すと何か違和感が。

ん??と見てたら、グ〜ッと押さえてる

あらっ、何か当たってる??

慌ててレボのとこに行き、ピトンから竿を抜いてテンションをかけてみたらどうも魚が掛かってるようで、重い。そこでバシっと合わせを入れると確かに掛かってる。

浮かせにかかると重いだけで全く締めこまないので、イガメでも来たかとリールを巻いてると微妙な締め込みが。ん??イガメじゃない?

水面に顔を出したのはまさかの石鯛ちゃんでした〜

超ラッキー

サイズは46cm 1,85㌔でした
イメージ 5
どうやら仕掛けを作ってた時に舞い込んで激しく暴れてたんでしょうね〜。私が気が付いた時には疲れてヘロヘロになってたみたいですわ。
だからほぼ締め込みなく上がって来たんでしょう。

しかもガゼの2個掛けで30分以上放置してたのを喰ってきてくれました。まさに運で釣れた石鯛ですわ
レボが良い仕事してくれましたわ
これぞ2本出しの醍醐味ですな

まさかの釣果に気分よく手返ししますが、相変わらずの爆風
イメージ 6
ツボヤはまだ風をかわすのでどうにか釣が出来ますが、油断してたら帽子がぶっ飛んだ。幸い準備してたタモで回収。やはり石鯛釣でもタモは必需ですね(笑)
イメージ 7
潮は相変わらずほとんど動かずの状況が続いております
もちろん良い当たりも有りません。
イメージ 8
夕方用事があり3時納竿予定なんで、2時過ぎに今日良い仕事をしてくれたレボを仕舞い、1本集中態勢に。

2時15分頃。

T切れ込みをガッツリ入れたガゼの2個掛けで置き竿にし、そろそろ後片付けをと、上の段に置いてた荷物を整理し、ふと竿を見たら舞い込む直前!!

うわっ、と思ったら、そのまま舞い込んだ!

慌てて竿のとこに行き、ピトンから竿を抜いて重みを確認して合わせを入れる。
バッチリ掛かり、心地良い締め込みが

上がって来たのはやはり石鯛ちゃん

サイズは50㎝ 2,2㌔でした〜。
イメージ 9
超ラッキー
必殺!よそ見釣法! 炸裂でしたわ(笑)

時計を見たら2時半過ぎ。まだ時間があるのでガゼを付けて投入。

と、着底と同時にガツン、と石鯛らしき当たりが

うわ、まだ石鯛居るし

今度は舞い込まず、仕掛けを上げると素針。

やはり石鯛じゃ、と慌てて次を投入すると今度も着底と同時にガツン、と石鯛の反応。そして餌を盗られたようであげてみたら芯が少し残ってた。

そこで次は芯の2個掛けで投入。もちろん手持ち。

今度も着底してすぐに反応があったが喰い込まず。

時計を見たら2時45分。すでに功丸はビローの前に行ってるので後2投位出来るかどうかといった感じ

次はガゼの1個掛けに切れ目をガッツリ入れて投入。もちろん手持ち。

今度もそれらしい当たりが出るが、走ってくれない

沖を見たら功丸がビローから沖松に向かってる。

次がラストと同じくガゼの1個掛けの切れ込み入れを投入する。

今度もガツン、とそれらしい当たりが出るが走るような感じではない。

結果、走らせ切れずタイムアップ
5時までやってたら、もしかしたら喰い込ませれたかもですが、釣納めで2枚釣れてくれたので良し。ツボヤに上がって正解でしたわ
イメージ 10
門川の磯、来年も宜しく〜
イメージ 11
今回は2枚とも運で釣れた石鯛でしたが、満足度の高い釣行でした
この運気をこのまま来年も引きづって、来年こそ自己記録の更新を達成したいものですわ

ゲッターズ飯田がタイムラインで、「ピザも黙ってたら届かない、注文するからピザも来る。幸せも呼ぶからやってくる、愚痴るから愚痴れることがやって来るだけ」と書いてましたがまさにその通りかと。
これを釣で例えると、石鯛も釣れると思ってるから釣れる。今日もダメかと思うと釣れないってことでしょうかね〜(笑)
運を呼び寄せる、これ、大事ですな!


あ、それと当店に入った最近の釣果情報を。

こちら、25日、北浦・御前バエにて拓郎ちゃんの釣果です!
イメージ 12
石鯛2㌔、石垣は2,3㌔だったそうです!石垣、良い型ですよね〜 餌はガゼ。
最干からの満ち込みの30分だけ活性が上がり、連発したそうです〜。
ワンチャンスをきっちりモノにする。流石ですわ

そしてこちらは昨日門川・沖松真ん中での黒木さんの釣果!
イメージ 13
2㌔クラスの銀ちゃん。釣納めで価値ある1枚でしたね
餌はコケ(宮崎県北の磯に付いてる大きいカラス貝)
たまたま3個だけ漁師に分けてもらって、それで仕留めたそうですわ。
水温低下の影響で柔らかいエサが威力になってますね!
門川、他にゴンチョンでも2㌔弱がガゼで上がってました。

今年は低水温になるのが例年より早く、石物は厳しい状況が続いてますが、一日粘ればワンチャンスは訪れてくれると思いますので、初釣りに期待ですね!


それでは、このブログを見て頂いてる皆様のご多幸とご健康をお祈りし、本年の締めとさせて頂きます。どうぞ良いお年をお迎えください


来年も「釣道楽ぎんごり」、「釣道楽ぎんごり・ネット」のご愛顧の程、宜しくお願い致します。


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事