全体表示

[ リスト ]

コットンソラーロ

イメージ 1

イメージ 2

今回は、今年の新着で2月に紹介した「コットンソラーロ」のスーツをやっと着始めました。

今週14日、関東地方は平年より6日早い梅雨明けとなり、本格的な夏空が続き気温も上昇して夏本番の猛暑となり半袖シャツがメインの季節になりましたが、異常な汗かきで暑がりの私は鞄代わりの物入れとして使っているジャケットを手放せず、冷房がきき過ぎの車内だけは長袖シャツの上に羽織っています。

先週、秋冬第1回目に紹介したフランネル素材のグレンチェックのスリーピース・スーツが出来上がってきて着せ替えをして、やっと試せることになりましたので、これから週1回のペースで長い夏の10月までは活躍が期待されます。

コットン素材ですから通気性が悪く夏には暑いと思われていますが、220gと軽めの素材に加え、肩パット無しのアンコン仕様にしている為、見た目と随分と違ってかなり軽いフィット感が、強い日差しに鮮やかに映える、今の季節に相応しい“太陽の生地”ではないでしょうか。

写真を見ると肩パットが無いアンコン仕様で作製し素材も薄いコットンを使っている為か、肩付けのところが細かい皺になり「マニカカミーチャ」(シャツ袖付け)みたいになって、柔らかいムードが増して見えるところは、カジュアルスタイルには良いかもしれませんね。

今回のコーディネイトは、前回も着ていた「BARBA」(バルバ)の綿麻ストライプのボタンダウンシャツに、このスーツ着用に合わせて購入した今シーズンお気に入りの2色のボーダーニットタイを締めて、ポケットチーフは24年前に初めてイタリアに行った時に、ミラノ屈指の名店「TINCATI」(ティンカーティ)で買ったペーズリーを控えめに飾り、靴は「オオツカM−5」の底付け職人「坂井さん」に手縫いの技でコバの糸をホワイトステッチに変えてもらって甦った「SILVANO LATTANZI」(シルヴァノ ラッタンジ)のスエードセミブローグです。


昨年は、暑さに負けて自信を持って紹介できる着こなしが出来ず「今日の着こなし」の項目を6月末から10月までお休みしてしまいましたが、クールビズに反抗してかビシッとタイドアップして上着着用で来店される方がなぜか多いので、今年はお客様の協力を得てなんとか続けていければと思っています。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事