全体表示

[ リスト ]

フランネルのブレザー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回は、冬の“正統派スタイルの着こなし”には欠かせないド定番アイテム「フランネル」素材を使って作製したダブルブレスト・ブレザーの紹介です。

今週のスタートは2週連続の台風一過の秋晴れで、台風の影響もあり東京では“木枯らし1号”が吹き荒れ、仕事帰りにはこの冷たい北風で早くも凍えるような寒さを体感して、冬到来を目の前にして昨日は「スパンカシミアのブレザー」から、店に置いてあったピンチバックの「ツイードジャケット」に着替えるなど、11月突入と共に冬の装いへと移行し始めました。

このブレザーをお借りした方は、昨年の10月に普通の洋服を探してこのブログに辿りつき、お値打ち価格の“デットストック生地”でスーツを作られ、今回は仕事ではもったいないと言うことで普段着用にと、まずは冬のド定番アイテム「フランネルのブレザー」を作製した頂くことになりました。

この素材は、近年のイタリアでは品質が一番安定していると思われる“CANONICO”社の、重過ぎず軽すぎない340gの定番「フランネル」で、“天神山流”でしつこく提案し続けているエレガントでクラシックな冬の“正統派スタイルの着こなし”の入門編として、コストパフォーマンスの高い優れものの素材ではないでしょうか。

モデルは、昨年新たに加え好評の「SMJ」(ニューカラチェニ)を使い、メタル釦を付けた6ツ釦2ツ掛けのダブルブレスト、チェンジポケット付きのサイドベンツにしています。

今回のコーディネイトは、白いオックスフォードのボタンダウンシャツに、新着の“JOHN COMFORT”社の幅広ストライプのレップタイを締めて、ペーズリーのポケットチーフを華やかに飾り、グレーフランネルのスラックスを合わせ、靴は“天神山オリジナル”で作製したタッセル・スリップオンで決まりですね。

今シーズンのおすすめ「フランネル」素材は、目付のしっかりとしたイギリス製“FOX BROTHERS”社の「CLASSIC」コレクション、“Martin & Sons”社の450g、ソフトなタッチのイタリア製“CARLO BARBERA”社と、今回紹介の“CANONICO”社で、日本製では不得意の「紡毛フランネル」コレクションが今シーズンも充実して揃っていますので、これから始まる冬シーズンに向けて加えられてはと思っています。





弊店“TENJINYAMA”のHPが更新できない為、2013年に移転した銀座2丁目の住所と休業日のお知らせをこちらでさせていただきます。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7322
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
11月3日(金、祭)、5日(日)、12日(日)19日(日)、23日(金、祭)、26日(日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事