全体表示

[ リスト ]

ホームスパンのスーツ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回は、シルクネップ入りの「ホームスパン」素材で作製したスーツの紹介です。

一雨ごとに寒さが増し東京都内でも紅葉がどんどん進み、今週末は冬将軍の到来で更に冷え込みそうで、朝の通勤時の気温が10度を下回ると「オーバーコート」の出番となり、準備を急がねばと思いつつ、まずは「ローデンコート」「ライダーコート」からスタートさせ、身も心も温まる冬の“正統派スタイルの着こなし”の始まりです。

このスーツをお借りした方は、昨年のちょうど同じ時期にこれまた同じ「ホームスパンのスーツ」をお借りしていて、その時にも書いていますが、6年前から毎シーズン“お値打ち価格”の生地を中心にハイペースで加えていかれ、ビジネス用のスーツがだいぶ揃ってきている中で、昨年より今まで作られていなかったカジュアルシーンを意識して、今回はこの「ホームスパンのスーツ」「ガンクラブチェックのジャケット」を加えていただくことになりました。

この素材は、英国王室に愛好され確固たる地位を確立させた、スコットランドの名門ミル“Reid & Taylor”社の、ウール71%、シルク27%、カシミア2%混紡で少し軽めの「ホームスパン」は、夏以外の3シーズンにビジネスは勿論カジュアルシーンでの、色々なコーディネイトを楽しめる優れものの素材ではないでしょうか。

モデルは、弊店“TENJINYAMA”
では一番スタンダードな「RESZ」(ローマンイングリッシュ)を使い、この方のスタイルになっているクラシックにシングル・ピークドラペルの3ツ釦段返り、スラントチェンジポケットを付きのサイドベンツにして、スラックスは初めて試していただくリバースの2プリーツです。

今回のコーディネイトは、白いオックスフォードのボタンダウンシャツに、“Petronius”社の大柄チェックのウールタイを締めて、ウール&シルクのペーズリーのポケットチーフを華やかに飾り、インナーに前開きのニットベストを加え、靴は“天神山オリジナル”で作製したスエード・セミブローグで決まりですね。

この“デットストック生地”は残り1着分となりましたが、他にネイビーやグレーのストライプのビジネス用や、ツイードヘリンボーンのジャケット等々、現物限りの“お値打ち価格”で多数ご用意していますので、まだ間に合う冬シーズンに向けて加えてみてはいかがですか。





弊店“TENJINYAMA”のHPが更新できない為、2013年に移転した銀座2丁目の住所と休業日のお知らせをこちらでさせていただきます。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7322
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
11月19日(日)、23日(金、祭)、26日(日)、12月3日(日)、10日(日)、17日(日)、23日(土、祭)、24日(日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事