全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今回は、私の一番のお気に入りになった「グレンチェック」素材を使って、“ビスポーク仕様”で作製したスリーピース・スーツの紹介です。

先週の大雪から朝は連日氷点下の凍てつく寒さが続き、私の住んでいる横浜の山では雪が残っている状態で、また本日から明日にかけて雪が降る予報の中、今年の冬は重たく厚手の「オーバーコート」が必需品で、更には靴下も久しぶりに2枚重ね履きをしようかと思いつつも、靴のサイズが大きくなるのを気にして少し厚手の素材でなんとか我慢をしている、年々血行が悪くなるのを肌身に感じているなぜか寒がりの私です。

このスリーピースを作られた方は、10年前に「ヴィンテージカシミアのジャケット」を作られてからのお付き合いで、その後“天神山流”で提案し続けているこだわりコレクションを、小物から靴までトータルで揃えていただきながら、近年は仕事も順調で収入に見合った拘りのスタイルへと進む第一歩と言うことで、当店初の“ビスポーク仕様”を試していただきことになりました。

この素材は、私がこの冬シーズンに作って8月の初めに紹介しているものと同じで、その時にも書いていますが、知る人と知るイギリスの歴史ある生地メーカー“MARLING & EVANS”社の、重さ390gの紡毛フランネルで、“マーリング&エヴァンス”社ならではの品質を厳選した羊(ジェイコブ)から、天然のまだら模様(白、茶、こげ茶)それぞれの地の色を活かすために染料を使わず紡績したもので、絶妙な配色の「グレンチェック」柄は、“天神山流”でしつこく提案し続けているエレガントでクラシックな冬の“正統派スタイルの着こなし”には欠かせない優れものの素材ではないでしょうか。

モデルは、弊店“TENJINYAMA”では一番特徴のある「CRCS」(カラチェニ)をもとに、“オールド・フィオレンティーナ仕様”のフルハンドメイドで、シングル3ツ釦段返り、ハンドメイド仕様でしか作れないバルカのスラントチェンジポケット付きのサイドベンツにして、クラシックに襟付きのウエストコートを加え、トラウザースは勿論2プリーツでサイドアジャスター脇尾錠付きのブレーシーズ釦を付けています。

今回のコーディネイトは、白のブロードのワイドカラーシャツに、“Petronius”社のペーズリー柄のプリントタイを締めて、“DAKES”社のウール&シルクのポケットチーフをスクエアーに飾り、靴はスエード・フルブローグで決まりですね。

この“ビスポーク仕様”のスリーピースは、昨年の5月に採寸をして2回の仮縫いを経て7ヶ月もかかりましたが、充分に納得のいく仕上がり具合で喜んでいただき、次は“CARLO RIVA”社の生地を使って“ビスポーク仕様”のシャツへと、ハイレベルなこだわりアイテムを揃えていただく予定です。

1年半前に“ハンドメイド仕様”が無くなり、昨年の春から弊店“TENJINYAMA”の親会社の職人による“ビスポーク仕様”をスタートさせつつも、職人が大阪にいるので時間が掛かり過ぎるのと、価格帯が通常の倍ぐらいになるので、あえて促進しないままになっていましたが、今回の出来上がりを見て、私自身も来秋冬シーズンには、“ビスポーク仕様”のスリーピース・スーツを作る予定で、3月には仕込もうかと思っていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。





弊店“TENJINYAMA”のHPが昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。
アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/
今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7321
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
2月4日(日)、11日(日)、12日(月、祭)、18日(日)、25日(日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事