全体表示

[ リスト ]

サージのスリーピース

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回は、春のスタートに最適な重さの「サージ」素材で作製したスリーピース・スーツの紹介です。

先週は過去最大級の寒波の影響を受け日本海側では観測史上1位の積雪を記録して、東京都心でも10度に届かない厳しい寒さが続いていましたが、連休の中日は久しぶりに10度を超え3月の陽気になり、その後また北風強く寒さが戻り、本日は気温が15度近くまで上がりそうで、目まぐるしく変わる気温差の中、少しずつ春へと向かい始め新着生地も到着し始めているので、春夏シーズンへと気持ちを高めて行かなければと思っているところです。

このスリーピースをお借りした方は、超マイペースなこのブログを以前よりご覧になられながら、弊店“TENJINYAMA”のスタイルを気に入っていただき、まずは3シーズン用の「サージ」素材で作製していただきことになりました。

この素材は、弊店“TENJINYAMA”とは昔から相性の良い、高品質の生地を維持し続けているイタリア屈指の生地メーカー“CARLO BARBERA”社の、春先に適した重さ270gのスーパー130‘sの「サージ」で、“バルベラ”ならではのワンランク上のソフトな肌さわりと光沢感は、真夏以外の3シーズンのドレスアップ・スタイルに活躍してくれる優れものの素材ではないでしょうか。

モデルは、新たに加えてから2年経ち相変わらず好評の「SMJ」(ニューカラチェニ)を使い、シングル3ツ釦段返り、スタンダードにフラップポケット付きのサイドベンツにして、オーダーならではのウエストコートを加え、トラウザースは1プリーツにしています。

今回のコーディネイトは、白ぬきストライプのワイドカラーシャツに、しつこく登場させている“Petrnius”社のペーズリー柄のプリントタイを締めて、ペーズリーのポケットチーフをスクエアーに飾り、靴は“天神山オリジナル”で作製したボルドー色のキャップトウで決まりですね。

このサージ素材は、2017年秋冬コレクションから選んでいただいたもので、到着し始めた春夏の新着は250g以下のサージとポーラ(強撚織り)など、何だか意味の分からない“クールビズ”が始まる上着を羽織らなくなる季節のものが中心で、まだ寒さの残る3月の“お彼岸”から4月末までは一番適した素材だと思っています。





弊店“TENJINYAMA”のHPが昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。
アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/
今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7321
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
2月18日(日)、25日(日)、3月4日(日)、11日(日)、18日(日)、21日(水、祭)、25日(日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事