全体表示

[ リスト ]

オリジナルのネクタイ

イメージ 1

イメージ 2

今回は、“天神山”15年目にしてお初でオリジナル作製した、「レジメンタル・ストライプ」のネクタイの紹介です。

“暑さ寒さも彼岸まで”を過ぎた途端、また春を飛び越えて3月なのにいきなり汗ばむ初夏の陽気で絶好のお花見日和が続き、本日は異例の夏日になりそうで、私の装いも春物へとやっと移行した途端、早くも夏物の準備を急がねばと思っているところです。

オリジナルで作製したきっかけは、私自身が昔から大好きな2色使いのストライプのネクタイと、以前より色々なコーディネイトでしつこく紹介させていただいている中で、気に入った配色や素材感、ネクタイの幅などなかなか出会えず、そんな時に小ロットで作製できることがわかり、まずはお気に入りの6色でスタートすることにいたしました。

私が以前在籍していた“信濃屋”やアメリカ“BROOKS BROTHEROS”の得意とする「レジメンタル・ストライプ」で、両社はアメリカ式のリバースのストライプですが、あえてイギリス式の「正ストライプ」で作製しました。

弊店“TENJINYAMA”の洋服は本場イタリアのクラシックなテーラリングが基本になっているので、ヨーロッパ的な流れでイギリスを起源とした「レジメンタル・ストライプ」の、左肩から右肩下方に向かう自分から見て右下がりが基本(正面から見てカタカナの“ノ”の字になっている)にして、長さは148cmで剣先の幅は9cmにしています。

私の尊敬する師匠“白井さん”のお言葉をお借りして、スーツやジャケット等の紳士服を着るうえで、最も大切なアイテムが「ネクタイ」だと思っています。どんなにエレガントで好みのスーツを着たとしても、ネクタイの選び方一つで全体の雰囲気が良くも悪くもなります。また、唯一個性を表現できるお洒落を楽しめる襟元のコーディネイトです。

“白井さん”ご自身の着こなしで誰もが真似のできない、洋服は同じでも毎回違うネクタイを合わせることに徹底して、コーディネイトを楽しんでいられるお姿は、世界中探しても“白井さん”だけではないでしょうか。

あと1カ月ほどで何だか意味の分からない“クールビズ”がスタートして、ネクタイを締めない季節に突入しますが、そんな時こそ個性を表現してお洒落を楽しんでいただきたいと思っています。





弊店“TENJINYAMA”のHPが昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。
アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/
今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7321
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
4月1日(日)、8日(日)、15日(日)、22日(日)、29日、30日(月、振替休日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事