全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

今回は、“天神山オリジナル”で作製した、春先から盛夏シーズンに活躍する中茶のスエードの「タッセル・スリップオン」の紹介です。

3月後半から一気に気温が上昇し春を飛ばして初夏の陽気が続き、今年はいつもより早めの衣替えをして盛夏ものまで着始めたところで、昨日は冷たい雨で重ための「マットウース」で凌ぎつつも、今年は春先に活躍する「シャークスキン」「スパンカシミア」の出番が少なく感じているところです。

この靴をお借りした方は、10年前の秋冬シーズンにスーツを作られてからのお付き合いで、洋服ではサイズが小さくトルソーに飾れない為に実際に着用していただきながら、このブログでも何回か協力していただいていて、弊店“TENJINYAMA”が得意とするクラシックでエレガントな「ポロコート」から、ドレスシャツやネクタイ&ポケットチーフの小物まで揃えられながら、“天神山オリジナル”シューズは、7年前にスエードの「フルブローグ」からスタートして、「キャップトウ」「プレーントウ」、更には表革の「タッセル」と作られ、今回は春夏シーズン用で5足目を加えていただくことになりました。

甲革は、イギリス“CHRLES F STEAD”社のスーパーバック(毛足の短い)「OLD SNUFF」(中茶)のスエードを使用し、ベージュの甲ステッチと白のコバステッチでオーダーならではのアクセントをつけて、モデルは春夏シーズンでは一番活躍する「アイリッシュリネン」と相性が抜群の「タッセル・スリップオン」で、履きやすさ満点の“ハンドソーンウエルテッド製法”を気軽に楽しめる「九分仕立て」で作製しています。

よくスエードを夏に?と聞かれますが、真夏同様の砂漠で履く靴はスエードの「デザートブーツ」だし、昔は夏用のコットンパンツに「ダーティーバックス」を履いていたなど、前にも何回か書いていますが、スエードシューズが大好きな私が“天神山オリジナル”で作製した11足のうち9足がスエードで、スムースレザーに比べ手入れが簡単なのと雨にも強いと言うこともあって、春夏シーズンでも関係なく年間を通して週6日のうち5日はスエードを履いている状態です。

このタッセルのコーディネイトは、スムースレザー(表革)と相性の良いクリアーな素材のサマースーツや、「紺ブレ」「トロピカル」のスラックスと言うよりも、素材感のある「アイリッシュリネン」「三者混」「メッシュ」のジャケットにコットンパンツなど、カジュアルシーンでの気分を高めてくれる優れもののアイテムではないでしょうか。

私自身も最終にしようと思っている12足目は、スエードの「タッセル」と決めているのですが、作るのが遅くなってしまったので、来年は早々と1月中には仕込みたいと思っているところです。





弊店“TENJINYAMA”のHPが昨年11月半ばに新しくなりましたのでお知らせいたします。
アドレスは今までと同じです。(http://www.tenjinyama.jp/
今後は、大阪店と共によろしくお願いいたします。

〒104−0061 東京都中央区銀座2−4−1 銀楽ビルディング4F
(銀座並木通り2丁目の角のビルで1Fの“J.FERRY MEN”が目印です)
TEL 03−6228−7321
定休日  日曜日、祝日
営業時間 10:30 〜 19:00 *土曜日は18:30
    
4月22日(日)、29日(日)、30日(月、振替休日)、5月3(木、祭)〜6(日、ゴールデンウイーク)、13日(日)、20日(日)、27日(日)をお休みさせていただきます。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事