ここから本文です
銀座大賀靴工房 靴磨きブログ
靴磨きブログを始めました

書庫全体表示

新しい革靴を買うと、とても嬉しいですね。でも、いきなり革靴を履いて街を歩いていませんか。

新品の革靴は、当然見た目はきれいです。でも、実際は革が乾燥をしている場合があります。

特に外国製の革靴は、外国の工場で作られ、船か飛行機かで輸入され貿易商社の倉庫に入り、小売店のお店の倉庫に行きます。

革靴を作られた時には、靴クリームを塗って出荷をしているはずですが、その出荷時から、ユーザーが革靴を購入するまでの期間はどれぐらいでしょうか?

それは購入されるユーザーには分かりません。もしかしたら1ヶ月ぐらいかもしれないし、数ヶ月かもしれません。


【新品の革靴は乾燥をしている】

まずは、そういう前提で革靴を見てください。人間のお肌も乾燥するとつっぱりますよね。革靴の革も同じです。

また、革靴に塗られている靴クリームも数ヶ月が過ぎて劣化しているかもしれません。ですので、新品時こそ、汚れ落としで古いクリームを取り除き、しっかりと潤いが出るように靴クリームを塗布してください。

革靴を履くと、指の付け根あたりの革にシワができます。いわるゆる履きジワですが、この部分が最も痛む部分でもあります。

ですので、新品時に全体に靴クリームを塗布すると同時に履きジワができるあたりには多めに靴クリームを塗布して、十分な潤いを与えてください。

潤いを与えた状態で革靴を履きますと、履きジワも自然なシワとなり長い目で見ても、革靴が長持ちをいたします。


もし乾燥していなかった場合でも、靴磨きをしてもまったく問題はありません。

ですので・・・新品の革靴を買ったらまずは靴磨き!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事