全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

約10年間使っていた携帯電話(ガラケー)でしたが、ここ数年はバッテリーが弱って持ちが短く、

続いて充電用コードの被覆ビニールがボロボロに・・・

これは、いよいよ年貢の納め時かと、

2月26日に子供・ショップさんでスマート電話へ交換・・・

ついでと言っては何ですが、同時にスマート時計も熱帯雨林さんで購入・・・

つまり、電話と時計のデュエット・デビューって事となり、

人並みの文明生活が始まりました・・・

当然初めてのスマート電話なので扱い方にも慣れていないのですが、

パソコンを長年扱っていたおかげもあり、

28日にはスマート時計の時計面を表示させるところまで出来ました。

時計面は20.種類くらいあり、おもちゃをいじっているようで面白いです。

更なる蛇足ですが、樫尾さんがデジカメから撤退するニュースが、

以前、報道されていたので、今まで使っていたカメラも古くなっていたので、

昨年夏、熱帯雨林さんで購入しておきました。

自転車で気軽に撮影となれば、スマホは面倒で、デジカメさんは手放せません。

イメージ 1










開く コメント(0)

実走は楽し・・・♪

起床時から10時過ぎまでどんよりした曇り空だったので、

今日も寒い一日かぁ、と思っていたら、その後、意外や強い陽射しに・・・

気温はそれほど上がらなくても、陽射しが強ければ体感温度が違ってきます。

これなら、今更、真冬物のジャージ類を引っ張り出さなくても走れると判断し、

昨年11月18日以来の実走行に出掛けました。

この間は、買い物自転車にすら乗った記憶がないので、本当の三ヶ月ぶりです。

やはり外を走ると云うのは、風景が流れ、

時々刻々と負荷の掛り具合も変わっていくので、実に楽しい、爽快でした。

今後は暖かい日が増える予報も出ている事であり、

少しずつでも、実走行をメインに戻していきたいです。


本日のリハビリ  使用車 ATX-870  旧鳥羽街道(市境まで)

               1時間09分 22km 平均19.7km


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

僕が吉田整形に居た時、同じ股関節手術をした、二人の Kう さんが居りました。

現在、母と同じ病棟に、杖をついて歩く後姿が、若い方の Kう さんとそっくり、

いやいや、そっくりさんと言うより、まんま、そのまんまの同じスタイルで歩く方が・・・

この病院に Kう さんが現れたかと思うほど驚きました。

これは人工股関節患者に違いないと、尋ねたところ、正解・・・

但し病気でなく、事故によるものとの事。

自宅から歩いて10分位の所にお住まいで、同じ中学の2級上と判明。

現在、彼女がやっているリハビリを見ていると、吉田整形とはかなりの違い、

むろん総合リハビリ病院と云う事もあるのでしょうが、

理学療法士さんによる、足を動かしたり、揉んだりするリハビリ中心です。

吉田整形でも同様のやり方はありましたが、

どちらかと言えば、与えられたメニューを中心にした、

個人で行う、筋力トレーニングと云った時間が大半を占めていました。

どちらがベターと言うのでありませんが、吉田流が僕には合っていたようです。



今日は久しぶりに伊良湖方面の眺めがスッキリ、

一番高いところが蔵王かな?(画面中央)頂上に建物か風車らしき物が、

僕の安物カメラじゃ、これが限界ですが、肉眼でなら確認できます。

右に稜線を辿ると、ホテルと灯台が写っています。
イメージ 1





開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

雨にも負けず、風にも負けず、冬の寒さにも、夏の暑さにも、といきたいところですが、

流石に夏はどれだけ使用出来るものやら、おぼつきません・・・

以前の様に、小一時間程度なら走れるのですが、

毎日の病院通いもあり、なかなかその気になれず・・・

実走行して、ナンボ、が信条、レースを目指す訳じゃあるまいし、

不必要な品物だ、と考えてきましたが、さりとて、このまま筋力を衰えさせる訳にもいかず、

初心者向けですが、新品、未開封を格安のお値段で売って貰う事が出来たので、

公園デビューならぬ、固定台デビューを果たしました・・・

本日で使用10回目となりましたが、実走行より、

右と左のパワー差が、より鮮明に感じられます。

この差を埋めるのは、やはり大変だぁ〜・・・
イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

母がリハビリ病院へ転院し早や三週間が過ぎました。

四人部屋ですが、お互いすっかり打ち解け、家庭の話もぼちぼち、

その中の一人と話していたら、尾鷲在住だが、出身は熊野の二木島との事、

二木島なら知り合いがおり、名前が Sに ○松 と云う、

我々の年代ですら、かなり古風な名で、明治・大正の人間かと思ってしまいます。

どれ位の集落なのか知りませんが、古風なだけに、あるいは知っているかもと名を言ったところ、

なんと返ってきた言葉は、『私の12歳年下の弟ですよ』、には驚きました。

まさか知り合いの姉さんが母と一緒の病室になるとは、実に奇偶ですよぉ〜・・・

こんな事は二度目で、前回、6年半前の骨折入院の時は、

同じ部屋に、志摩神明からご夫婦でよく面会に見える奥さんと話をし、

「あの辺りなら文岡中学ですね」、から、高校の同級生の従兄弟と判明し、でした。

この調子でいくと、何かの拍子に三度目ってのがありそうです。


前回の古い病院から新病院に建て替わっているので、

4階から鈴鹿の山や、伊良湖の灯台が見えるようになりました。

写真右側の一番高いところが御在所で、左の稜線をたどり、ぽこんと出たのが鎌ヶ岳です。
イメージ 1






開く コメント(2)

全223ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事