ここから本文です
grin like a Cheshire cat
サヨナライツカ…

Rosso

イメージ 1


もしもどこかで順正が死んだら、
私にはきっとそれがわかると思う。
どんなに遠く離れていても。
二度と会うことはなくても。
冷静と情熱のあいだ〜Rosso〜


わかるだろうか
なんの脈絡もなく始まる胸騒ぎがなにか、
気づくだろうか

物事に鈍感でいられた方が
幸せじゃないか、と思うけれど





和紙で出来た丸い照明器具が
私たちのテーブルの上だけ
ぶんぶんと揺れていた

化粧室から戻った友に
指を指して教えると

どこから話を聞いていたのだろう
厨房から若い板前サンが顔をだして

「そこに通気孔があるので
換気扇を 回すと揺れるんですよ」

どうやら、
ポルターガイストではないらしい(笑)



昨夜は旧知の友とサシ飲み

言葉を尽くさなくても
少し話せばわかりあえる
心地よさに酔った

ワラビのナムルが旨かった
マグロのぶつ切りがトロ甘だった


死ぬ間際まで続く縁は
ごくわずかだと思う

ひと昔前に比べれば
意図的に断ち切らない限り
SNSを含めなんらかの繋がりは
残ると思うけれど…

イメージ 2



消えたブログの
見覚えのあるハンネを足跡に見つけたとき
「馬鹿ねぇ、何やってたのよ」
ってツッコミを
どうやって入れたらいいだろうと悩む


元気なら良いんだよ


アタシ、
怒っても、嫌ってもいないからさ





雨の合間の
生暖かい夜だった

別れ際、
駅前で不意にハグされて
熟成の進んだお互いにエールをおくって別れた



良い友に恵まれるということは
自分の人生を肯定できる
重要な要素だと思う



休日のゆるゆる家メシ(笑)

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

Risk assessment

イメージ 1


自民党の長尾たかし議員がTwitterで
「セクハラはあってはなりません。こちらの方々は、少なくとも私にとって、セクハラとは縁遠い方々です。私は皆さんに、絶対セクハラは致しませんことを、宣言致します!」

と投稿したんだって?

その、「縁遠い方々」とは
黒い服を着て『#MeToo』のプラカードを掲げた野党の女性議員の面々であると、ご丁寧に画像まで




どぅしてそんなイジリをするのか
理解に苦しむ(~_~;)

女性だけが特別に守られるべきとは思わない
だけど、長尾議員のように
皮肉混じりの発言、、くらいの認識で墓穴を掘る男性が
なんて多い事だろう


失職・社会的抹殺・家庭崩壊

他人事ではありません
石橋は壊すほどに叩いて渡りませぅ




ええと…

cc、エロい話は好物ですが
楽しい会話として成立するのは
気心が知れた間柄になってから

お互いのパーソナルデータをつかめないうちに、いきなりエグいネタは
NGなので

できましたら初めのうちは
ジェントルマンでお願いね❤️






本日の収穫🍓

イメージ 2



思いのほか甘かった❤️

イメージ 3



ゴチソウサマデシタ

この記事に

開くトラックバック(0)

Blu

イメージ 1


忘れようとすればするほど
人は忘れられなくなる動物である

冷静と情熱のあいだ〜Blu〜

イメージ 3



冷静と情熱の間にあるものって
なんだろう…と考えていた
人それぞれに捉え方は違うだろうけれど…
ccの、冷静と情熱の間にあるのは

『畏れ』

かしら…




cc、生まれてこのかた
おふざけでも
喫煙したことがない

だけど
不思議と「彼」の喫煙率は高く

選んでいる訳じゃナシ
出来れば吸わない人が良いと思う



見ず知らずの人とすれ違ったとき
ほのかに鼻をかすめる
煙草の香りに

どうしようもなく
胸が締めつけられることがある


香りや
恋人が好んだ曲は
無意識に記憶に刷り込まれ

まるで何かの罰ゲームのように


なぜ
このタイミングなの…?


とばかりに心を苛む


忘れるための努力なんて
無駄なこと


記憶なんて

加速度的に消えていくんだから



イメージ 2



ほぅら、赤くなった🍓
もぅ少し待ってみる?





イメージ 4



きみが踏みにじった柔らかいものは
わたしの胸の内側のなにか
田丸まひる

この記事に

開くトラックバック(0)

魔女狩り?

イメージ 1



男性を名指しで糾弾するSNS・メディアでの運動が、セクハラ行為そのものへの糾弾ではなく 当事者の男性を辱めるのが目的になってきてはいないか

違法行為には厳正な処罰を求めたいけれど、

失職・社会的抹殺・家庭崩壊

人生を根こそぎ引き抜くような風潮に脅威を感じる
もちろん、刑事罰対象になる暴行などもってのほかだけど


例えば芸能・著名人の不倫発覚

アレも不貞行為への糾弾というより
社会的制裁を与えることが目的で
ゴシップは手段になっているように思う

「私は誰もが裁き断罪する権利があると思っている現代の風潮が嫌なのだ。ソーシャルメディアでの単純な告げ口が懲罰、免職、そしてメディアのリンチを生むこの時代。(中略)猟犬の群れが追い回すようなことが横行するのが嫌だ。(中略)この#ハッシュタグは、密告への招待ではないのか? 
情報操作や汚い手がないと誰が言えるのか? 
無実の者の自殺は起きないのか?」
〜自身が署名した仏・ルモンド紙の公開書簡への非難に対する カトリーヌドヌーブの謝罪文より引用〜




まぁしかし…お役所サマ、
省庁の調査案件が
アルコールを提供する飲食店で
ウッカリ漏洩するかもしれないって

例えば今や教員が
児童の成績や個人情報を含む資料の持ち出しを禁じているのに
人の口に戸は立てられぬと言うけれど、
歩くSDカード?のセキュリティをもちっと厳重管理(教育?)しなくちゃね


ccの職場では定期的に
コンプライアンスの復習と確認、署名を求められている

イメージ 2



juneチャンの深夜記事を読んで
触発されました

この記事に

煮るなり焼くなり

イメージ 1


出来映えを褒められて
気を良くしてまた作ってみるけれど

はじめの方が上手く作れた

そんなことってない?

「慎重」というスパイスを忘れ
「おごり」が混ざるのかな



日々、ブログを更新して思うのは

ナイスやコメントをくださるのは
ほぼほぼイツメン
時々、よそ様のブログで
お友だちのハンネを見つけて感じるのは

ccはとっても人見知りだから
そのブログ主様は圏外だけど
ccが知らない素敵なところを
チャッカリ見つけて交流されているんだなぁ…と いうこと


基本、嗜好の傾向が似ているので
お友だちのお友だちはお友だち
なのが、このカテの濃いところ


でも

誰も知らない
レアな新人サンを見つけて
誰よりも早くお友だちになりたい

そういうのも、わかる


cc、
TwitterやInstagramも
チョットダケかじってみたけれど
ご存じの通り話が長いので
体質にあわずアッサリ放置


長文コメント好物
嬉しいのでリコメもロングでお返ししたいし
頑張って入れた長文コメントに対して
極端にリコメがショートだと
迷惑だったかな…と地味に凹んでみたり…

でもすぐに忘れちゃうんだよね
だはは笑笑


反りの合わないブログなら
見なければ良いことなんだけど
新着一覧を見ていると
誰の記事かわからないから、ウッカリ開いちゃうこともあるよねぇ




なんだよ、ここccかよ



そんな貴方には❤️
長文ビーーーーーーーーーーム




食わず嫌いはいけません


イメージ 2

増産計画中

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事