議長の日々

ふるさと徳島のために!

徳島県社会福祉大会

・平成29年11月14日(火)
・徳島市にて
・第61回徳島県社会福祉大会に出席しました。
・民生委員・児童委員、社会福祉事業、ボランティア、共同募金活動などで功績のあった方々への表彰や感謝状の贈呈が行われました。
・全ての人が、住み慣れた地域で生きがいを持ち、充実した生活を送るためには、行政と関係機関の連携による「きめ細やかな福祉サービス」の提供と「住民の自主的な活動」とが欠かすことのできないものでございます。
・県議会といたしましても、全ての県民の皆様が、個人として尊重され、安全に・安心して暮らすことのできる「ぬくもりのある地域社会」の実現に向け、最大限の努力をしてまいる所存であります。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

・平成29年11月12日(日)
・徳島市にて
・第6回手をつなぐ育成会中国・四国大会徳島大会の開会行事に出席しました。
・手をつなぐ育成会の皆様方におかれましては、知的障がいのある方々の福祉の増進と、自立による社会参加を目指し、様々な取り組みを行っておられるところであり、日頃のご尽力に心から敬意を表したいと思います。
・本県においては、平成28年度に「障がいのある人もない人も暮らしやすい徳島づくり条例」を制定し、共生社会の実現を目指して取り組んでいるところであります。
・知的障がい者の方々に対する温かい理解と関心が全ての人々の間に広がり、不当な制限や差別などの社会的障壁が取り払われることを強く願っております。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

・平成29年11月5日(日)
・徳島市にて
・県立図書館開館100周年記念式典に出席しました。
・県立図書館は、大正6年に「県立光慶図書館」として開館して以来、本県の中核図書館として、専門性を活かしながら、市町村や学校への支援や県内外の図書館との連携等により、より多くの県民の皆様に図書館サービスが行き渡る取り組みを展開されてこられました。
・県議会におきましても、「徳島県読書活動の推進に関する条例」を議員提案により制定し、県民の読書活動の推進に関して必要な事項を定め、県民一人一人の心豊かな生活と活力ある社会の実現を目指しているところでございます。
・読書によって培われた豊富な知識と豊かな感性を併せ持ち、創造力に富んだ次代を担う人材が育っていくことを期待しております。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

・平成29年11月3日(金・祝)
・徳島市にて
・「ときめき・あわ旅〜あわ歴史体感博2017」のメインイベントであります「アスティ秋の阿波おどり〜阿波おどり大絵巻」のオープニングセレモニーに出席しました。
・「アスティ秋の阿波おどり」は、阿波おどりに加えて、阿波人形浄瑠璃や阿波木偶三番叟まわしといった徳島の伝統芸能の披露、大谷焼や藍染めなどの体験、スダチやなると金時などの名産品の販売等、徳島ならではの魅力を十分に体感できる催しとなっております。
・今後も、このような催しを通して、徳島の伝統文化が、末永く保存伝承され、更に発展することを願っております。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

・平成29年10月27日(金)
・県庁にて
・ザ・リバーフェイス県民栄誉賞贈呈式に出席しました。
・ザ・リバーフェイスの皆様は、10月3日から9日にかけて三好市で行われましたラフティング世界選手権2017(6人制競技)のオープン・女子で見事優勝されました。
・また、過去の世界大会でも、4人制競技での優勝をはじめ、好成績を収められているほか、吉野川が世界有数のラフティングスポットとして毎年大勢のラフティングツアー客にお越しいただける貴重な観光資源として発展するに至った原動力ともなりました。
・ザ・リバーフェイスの皆様のさらなるご活躍と、ラフティングによる地方創生に期待をいたしております。
イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事