ここから本文です
にらのブログ
集団ストーカー、テクノロジ−犯罪の被害者です。 この犯罪を 多くの人達に 知ってほしいと願います。

フェンス その後


 静岡市に春一番が訪れ我が家の手作りのフェンスが壊れてしまいました。前回は壊れたフェンスの撤去作業でしたが、まだ使える木材やトタンが多く結局は、また新しいフェンスに作り変える事にしました。


 
    今回の記事は途中経過になります。
 
    家は、集団ストーカー犯罪の被害があります。

   詳しくは集団ストーカー犯罪と検索してみて下さい。

家の集団ストーカー過去の被害では、水撒き、動物の死骸の放置、侵入者もいたりして警察にも何回か相談したりしていますが今の所、解決には至っていません。



 
 という事で、フェンスも丈夫なフェンスを作ってしまうと簡単に集スト加害者達に乗り越えられてしまいます。なので、それなりに丈夫なフェンスWWWで長持ちするフェンスを作りたいと思っています。しかも低予算でWWW(ここが一番大事!!)
しかも大至急です。このフェンスのある場所は特定した加害者のS井の家と自分の家との境界線になり以前、水撒きの被害が一番、酷かった場所です。
 
それに先月の20日〜今日までで、母の話では1名の侵入者もいたそうです。他の集団ストーカー被害者さん達も同じだと思いますが、嫌がらせ対策は本当に大変です。





イメージ 1

    とりあえず木材を買ってきて色を塗っています。父がWWW







イメージ 2

木材で枠を作りました。1,800×1,200を5個作り、これに前回の廃材のトタンを貼ろうと思います。因みに補強の木材も廃材使用です。






イメージ 3

木の枠に そのままトタンを貼ると弱そうな感じがしたのでプラダンボールを1枚貼ってその上にポリカーボネート製のトタンを貼ろうと思います。






イメージ 4

こんな感じでポリカーボネート製のトタンを貼っていきます。
これを5個作ったのですが、本当に大変な作業でした。ここまでで もう何日か 休みの日が潰れてしまってます。自分としては、ポスティングに出た方がフェンスを作るより楽しいです。

今回はここまでです。次回は設置作業で 我が家のフェンスも最終回になると思います。







             Paramore: That's What You Get 




 Twitterでは、集団ストーカー犯罪、テクノロジ−犯罪の被害が全体的に酷くなってきている。と言っていた被害者さんがいました。
自分の方も少し被害が酷くなってきているような感じがします。
 そんな中で周知活動、要望メール、犯罪被害の証拠収集等は被害が酷いときこそ大切だと思っています。生き残る為に自分に出来る事をやろうと思います。
  

この記事に


  集団ストーカー犯罪という犯罪があります。自分の家はいつ頃から被害を受けていたかというと今現在は静岡市に住んでいますが、以前は藤枝市に住んでいました。引っ越した理由も集団ストーカー犯罪の手口そのままで自分がまだ小学生の時、親が警察に相談し警察官が家に来たのも覚えています。多分、解決できなかったので引っ越ししたと思うのですが、今の家を建てるときに隣に住む特定した加害者のS井の家から大工さんに文句ばかり言っていたそうです。そんな大工さんも「隣の人には気を付けた方がいいよ。」と両親に忠告したそうです。引っ越した当初からやはり小さな嫌がらせが多かったそうです。自分の家の被害は、親の代から被害を受けていました。自分で2代目です。
 
集団ストーカー犯罪とは、組織的に行われるストーカー犯罪です。集団ストーカーを行っている組織の人達は、日本の何処にでもいます。引っ越しをしても引っ越し先に別の加害者がいるので引っ越ししても被害者の被害は変わる事はありません。警察にも相談しましたが、取り締まる法律が無いので加害者達は野放し状態です。平和な日本でも法律に引っ掛からない犯罪があるという事を知って下さい。
 
集団ストーカー犯罪は1度ターゲットになってしまうと被害者が自殺するまで嫌がらせ、ストーカー行為が続きます。日本の年間自殺者数3万人いると言われています。色んな角度から考えると3万人の殆どの人達が集団ストーカー犯罪の犠牲者だと考えられます。警察に相談しても何もして貰えない、引っ越ししても引っ越し先で同じ被害があり、嫌がらせを苦に自殺に追い込まれる。それが集団ストーカー犯罪です。大津いじめ自殺事件、栃木ママ友連続自殺事件も集団ストーカーが関わった事件です。
 
   インターネットで集団ストーカー犯罪と検索してみて下さい。
 
         検索すると出てくる組織
 
          創価学会!!

 
 
 
今月も創価学会が行っている集団ストーカー犯罪の周知の為に周知チラシのポスティングに行って来ました。実際に集団ストーカー犯罪の被害を受けていてもこの犯罪の事を知らない人も多く、苦しんでいる人達も大勢いると思われます。それに周知が進んでくれば人の目もあるので犯罪をやりにくくもなります。何よりも最終的に集団ストーカー犯罪を取り締まれる法整備に繋がっていきますね。


イメージ 1

                     2月6日 300枚




イメージ 2

                    2月10日 400枚





イメージ 3

                    2月15日 300枚



今月は3回ポスティングに行きました。2月10日より新しい原稿に変更しています。今までの原稿よりも もっと身近な犯罪に感じるように!!  少しでも集団ストーカー犯罪に興味を持って頂ければ!! と思い作りました。ポストの中にコレが入っていたら最後まで読んで頂ければ有り難いです。





                           Yui- Again




 3月も時間を作り集団ストーカー犯罪周知の為にポスティングに行こうと思います。又、ネット運動の要望メールも毎週あるので、マイペースながら活動できると思っています。
試しに自分でも 集団ストーカー犯罪と検索してみました。画像検索してみたら自分のポスティングの写真が載っていましたWWW

   集団ストーカー犯罪と検索してみて下さい!!  

   拡散希望です!!












この記事に

開くトラックバック(0)


 今日は、少し違う記事になります。20日の話題ですが、静岡市も春一番が〜!! これが物凄い強風!!  静岡県東部では5人が転ぶなど軽傷者も出たそうです。




 自分の家は、集団ストーカー犯罪の被害がある為に住居侵入や水撒きの被害もあります。大分前の話ですが、ひと月の間にネコの死骸を2回、自分の車の下に置かれた事もあります。加害者も特定されていて隣に住むS井家族です。初めてこのブログに訪問された方は、宜しければ集団ストーカー犯罪と検索てみて下さい。話を戻しますが、S井の家がある方のフェンスを父とポリカーボネート製で高くして防御してありました。

イメージ 1
                   こんな感じです








           それが昨日の風で

イメージ 2
                             崩壊しました。


 写真で見ると大した事ないように見えますが、柱の木が腐り修理は不可能でした。トタンの方は、割れている物もありましたが上手く外せば使えそうです。結局、作り変える事になりました。





イメージ 3
                          撤去作業終了



 本日の作業は、ここまでとなりました。外からは見えない部分なので余りお金を掛けたくないのと、頑丈なフェンスにしてしまっても乗り越えられてしまう。(過去に雨の日の夜中にベランダにカッパを着た侵入者もいました。)このままでは無防備なので少し考えながら新しい塀を作ろうと思っています。







                  Miyuu  Payphone - Maroon 5



 休みだったので ポスティングに行きたかったのですが、予期せぬ自然災害!!  こればかりは仕方がないと思いつつも A4で4枚取れるポスティングの原稿も作りました。場所や時期で使い分けるつもりです。出来るだけ早くフェンスを作ろうと思います。




 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事