ここから本文です
にらのブログ
集団ストーカー、テクノロジ−犯罪の被害者です。 この犯罪を 多くの人達に 知ってほしいと願います。



 
  集団ストーカー犯罪を知って下さい!!

 

 自分の家は、過去に創価学会の宗教の入信勧誘を断ったら不特定多数の悪質な嫌がらせ、付きまといが増えました。これが 集団ストーカー犯罪と知ったのは、入信勧誘を断ってから何年も過ぎてからです。創価信者は、全国各地に850万世帯と言われています。別の場所に引っ越そうが、何処に行っても 創価学会の集団ストーカー犯罪は、回避できません。引っ越し先の隣人、近隣が どんな人か? 引っ越してみないと分かりません。 集団ストーカー犯罪の被害者の多くは、何処に行っても 隣人や近隣住民とのトラブル問題を抱えている被害者が、自分を含め大勢います。



 
 有名な騒音おばさんも実は、集団ストーカー犯罪の被害者で 隣人は創価学会員。騒音おばさんは、創価学会の宗教の入信勧誘を断った為に 創価学会員から嫌がらせを受けていました。この事件の本当の被害者は騒音おばさんの方で 事件が大きくなる前は、隣人の創価学会員が騒音おばさんに対して嫌がらせをしていた。私達が知っている騒音おばさんの姿は、騒音をたてて迷惑で変なおばさんという感じ。実際には、マスコミの一方的に騒音おばさんが悪者といった報道に抗議していたのでは? あるいは創価が得意とする盗聴、盗撮から家を守っていたのでは?ないでしょうか?
創価学会とマスコミが、グルになって異常人物に仕立てあげた。という事です。騒音おばさんの真実などでインターネットで検索して頂ければ詳しい内容が載っています。

  それと、ポスティングをしていると玄関に「宗教の勧誘お断り」とシールが貼られている お宅も よく見ます。こんなシール1枚でも効果はあるのでは?と思います。




イメージ 1




 
 自分の家も以前、隣人のS井が 何年も 夜中に家に水を撒くといった被害がありました。自分の家族に水撒きが 見つかると仲間をS井の家に呼び大勢の加害者達に水を撒かれた事もありました。今現在は水撒きは自分が相手にしない(効果が無いので)やってないと思います。当時の自分は家から一歩でも出掛ければストーカー被害、家にいれば隣人のS井の嫌がらせ被害。本当に24時間嫌がらせを受けていました。この様な嫌がらせや付きまといがあり 集団ストーカー犯罪を知りました。
 
 当時、本当に困った自分は、ガラケーでブログを始めたんですよ。隣人の嫌がらせを 何とかしたい!! みたいなブログです。多分、ブログという訴える場所があったので S井の家に直接抗議したり、キレたりしないで証拠をとり 解決しようと思ったんだと思います。当時の自分を支えてくれていた訪問者さん、ブロ友さん達には本当に感謝しています。その時、もし直接抗議しにいってキレたりしていたら騒音おばさんみたいに被害者なのに加害者になっていたかも知れません。

 集団ストーカーは、ターゲットに 小さな嫌がらせを 何年にも渡り、何百回、何千回もして わざとキレさせる!! ターゲットがキレたり暴力に出たりすると 逆にターゲットが 加害者になるように仕向ける犯罪です。先程の騒音おばさん事件と同じ!! 創価学会の 集団ストーカーの加害者は、いつもこんな感じの展開を狙っています。しかも、1度ターゲットになってしまうと ターゲットが死ぬまで嫌がらせが続く犯罪です。




 
 
  最近、少し気になった事件があったので一部を転載します。

   隣人トラブル  「自分が我慢すれば」風呂にも入れなかった46歳男が、理由なく怒鳴り続けてきた隣の女性に手をあげて裁判に…
 
 
工事業の男性被告(46)の裁判員裁判の判決公判が6月1日、宇都宮地裁で開かれ、佐藤基(もとい)裁判長は懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役5年)を言い渡した。アパート暮らしの被告は約2年前から、隣の一軒家に住む被害女性に理由もなく怒鳴られるようになり、黙って耐えていたが今年1月、平手で一発たたいて転倒させ、死亡させたのだった。
 
 最悪の選択に同情論
 
 「自分だけが我慢していれば…」。裁判で浮かび上がったのは、最後まで他人に相談できず、最悪の選択をしてしまった被告の姿だった。一人で問題を抱え込んだ結果の代償は大きかったが、被害者の親族を含めて同情的な証言が法廷で示され、被告は人生をやり直す機会が与えられた。
 
 人にけがをさせ、死亡させる傷害致死事件は、国民から選ばれる裁判員裁判の対象だ。判決によると、今年1月30日午後10時5分ごろ、自宅前の路上で、隣の無職女性=当時(92)=の顔面を殴って転倒させ、外傷性くも膜下出血などで死亡させた。
 
 2階の男うるさい!
 
 被告は平成20年ごろから、アパートの角部屋に一人で住み始めた。隣の一軒家に住む被害女性が、被告のアパートに向かって怒鳴りつけるようになったのは、27年8月ごろからだった。
 
 「2階の男! 音がうるさい!」。2階に住んでいるのは自分だけ。被告は、自分が標的にされていると感じた。検察側の冒頭陳述によると、女性には精神疾患があったとみられる。
 
 月1、2回の頻度で怒鳴られるようになったが、被告は「引っ越しは金がかかるのでできない。兄弟に迷惑をかけたくないからカネを貸してほしいと言えなかった。ひたすら我慢すれば、(女性が怒鳴るのを)やめてくれるのではないかと思った」と耐え続けた。
 
 日常音にも異常に気を付け、ボイラーの音を出さないため、風呂に入るのもやめた。生活の中で少しでも音を立てると緊張するようになった。「風呂に入りたい」。だが、我慢に我慢を重ねた。
 
 昨年12月末からは扉を叩かれ、路上から怒鳴られるようになった。
 
 行くから待ってろ!
 
 事件前日の1月29日。「毎晩うるさい」。怒鳴られて、そう言い返した。そして30日夜。「2階の男、降りてこい」。1人で晩酌をしていた被告は、ささやかな一日の楽しみを邪魔され、怒りがこみ上げた。限界が来た。
 
 「今から行くから待ってろ」。小走りに女性に駆け寄り、平手で顔をたたいた。女性は路上に転倒。くも膜下出血などで死亡した。


               転載終わり。

        元のニュース記事は、此方です







 この隣人同士のトラブルが、死亡事件にまで発展したニュース記事を見た時、隣人のS井が自分の家に毎晩、水撒きしていた時の事を思い出しました。このニュース記事の男性が集団ストーカーの被害にあっていたのかは知りませんが、 騒音おばさん事件と同じ様な感じがしました。そして、この様な隣人トラブルを 警察に相談しても 警察は 民事不介入の為に動いてくれない場合が殆どです。自分の家も警察に相談しましたが、やはり何も出来ない。と言われました。結局は、物が壊されたり、暴力事件に発展しない限り警察は動けないのです。でも、何かあってからでは遅い!! 何かある前に警察に何とかしてほしい!! 悪いのは嫌がらせをした奴です。
 
 結局は個人に異常に執着した ストーカー犯罪です。ですが、現行のストーカー規制法が「恋愛感情のもつれによるもの」に限定された規制法なので恋愛感情以外のストーカーは処罰されません。ストーカー規制法が 全てのストーカーに対応したストーカー規制法になれば 何かある前に警察も動いてくれます。この様な原因も調べていけば、最終的には 創価学会、公明党、集団ストーカー、が原因である事は間違いありません。




イメージ 2





 現在、インターネット上では 隣人トラブルで多くの人達が悩みの相談、迷惑な隣人に対して我慢している。等の書き込みも非常に多いようです。そんな人達も1度、集団ストーカー犯罪と検索してみて下さい。解決は出来ませんが、何処が原因で何が悪いのか? がはっきりします。(正に上の画像です)





                                                        Daniel Powter - Bad Day




最近、休みの日が雨だったり、暑かったり、用事があったりでポスティングから遠ざかってます。仕方がないと言えば仕方がないですね。自分の方は、被害の事以外にも4月よりチャレンジしている事があります。今現在は半分程、進んでいる状況です。此方の方をまとめて暑い時期にやろうと思っています。ポスティングは、しばらく休むつもりですが、何かあれば、暑くてもポスティングに行きますけど!! と言っておきます。
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

5月の活動報告




  集団ストーカー犯罪という犯罪を知ってますか?



 集団ストーカー犯罪とは、組織的に行われるストーカー犯罪(組織ストーカーとも呼ばれています。)ですが、現行のストーカー規制法では、集団ストーカーは 取り締まる事ができません。

 現行のストーカー規制法は、男女の恋愛トラブルに限定された規制法なので 恋愛感情とは関係の無い 組織的に行われる 集団ストーカー犯罪は 取り締まれません。因みに 現行のストーカー規制法を 男女の恋愛トラブルに限定したのは、創価学会員ばかりの政党、公明党です。創価学会員が組織的に集団ストーカーを行っているので 公明党が ストーカー規制法を男女の恋愛トラブルに限定した。という事です。集団ストーカーを取り締まるのには、ストーカー規制法を全てのストーカーに対応したストーカー規制法にする必要があるという事です。


 
 
 
  この集団ストーカー犯罪ですが、日本だけで無く海外にも存在している犯罪で海外では、Gang Stalking ギャングストーキングと呼ばれています。


                                      BREAKING.... A MUST WATCH!!! "TI Gathering in London, 25/02/2017"

 
 この動画ですが、イギリスの集団ストーカー犯罪の被害者さん達が 街宣活動している動画です。何を言っているのか?は分かりませんが、後ろの垂れ幕には、Gang Stalkingの文字があり、テクノロジ−、マイクロウェーブウェポン(電磁波兵器)とか言っているようです。途中で恐らく加害者と思われるバイクが、むやみにふかして 街宣妨害する奴が来る所も 日本と変わりはないようです。
 
 
 
  日本も海外も被害者に出来る事は、周知活動しか無いみたいですね。という事で、今月も集団ストーカー犯罪を周知する為にチラシをポスティングして来ました

イメージ 1
                          5月6日 500枚


イメージ 2
                          5月12日 600枚


イメージ 3
                         5月22日 1.000枚


イメージ 4
                          5月29日 600枚




     今月は、4回ポスティングに行きました。


 
 
 今月は、毎週水曜日、ネット運動の要望メールで4月に静岡県宛てに集団ストーカー犯罪に関しての要望を出したのですが、静岡県から返信がありました
自分が送った要望の内容は、A4用紙で約1枚程の原稿になるので箇条書きでまとめました。
 
   現行のストーカー規制法について説明。
 
   元公明党の矢野純也さんのストーカー事件で恋愛以外のストーカー犯罪を説明。
 
   創価学会が組織的にストーカー犯罪を行っていて矢野純也さんの被害と同じ内容。
 
   静岡県の県迷惑防止条例もう少し詳しく記載して頂きたい。
現行のストーカー規制法が恋愛感情のもつれによるものに限定されている為、一部の県では県の迷惑防止条例にて恋愛感情以外のストーカーも取り締まりの対象としている都道府県もあるという事。
 
   実際に、この様なストーカー被害を訴える人達は非常に多い。
 
   本来ならば国が定めたストーカー規制法で処罰されるべきだと思っています。静岡県、静岡県警と連携してこの様な犯罪を起こさない為に何かしらの行動が必要だと思います。又、国に対してストーカー規制法、全てのストーカーに対応した規制法に改正するように求めて下さい。という要望です。


          静岡県からの返信内容

 
              転載します。


 日頃、県政に関心をお寄せいただきありがとうございます。
県政に対する御意見や御要望等をお受けする窓口である静岡県庁広聴広報課からお返事いたします。
お寄せいただきました迷惑行為等防止条例等に関しての御意見を拝見し、あなた様が不快な思いをされていることをお察しいたします。
 迷惑行為等防止条例については、静岡県警察本部が所管しているため、個人に関する情報を伏せた上で、今回の御意見を警察本部へ申し伝えました。
なお、警察は県庁とは独立した組織でありますので、より詳細な内容をお伝えされる場合や、お返事を希望される場合には、お手数をおかけしますが下記連絡先に直接お問い合わせいただきますようお願いします。
今後とも、県政に対する御意見や御要望等がありましたらお寄せください。


               転載終わり。

 自分としては、集団ストーカー犯罪に関して要望を送っているのに静岡県の方からは、集団ストーカー犯罪の事は一言も触れていないのは少し残念でした。
今回の御意見を警察本部へ申し伝えました。とあるので期待するとともに前向きに検討して頂きたいと思います。




                      Maroon 5 - Payphone



   例えば、銀行強盗する人達って捕まると思って銀行強盗する
                         人っていると思いますか?

         逮捕されると思ったら銀行強盗なんてやりません!!

                   でも現実は、いつかは逮捕されます!!

                        集団ストーカーも同じです!!

                          いつかは逮捕されます!!

                      世界中の被害者が訴えています!!

                    アメリカでは逮捕者も出ています!!

                 日本でも時間の問題だと思いたいWWW
 





 















この記事に

開くトラックバック(0)


  集団ストーカー犯罪という
 
   組織的に行われている
 
 ストーカー犯罪を ご存知ですか?


  現行のストーカー規制法が、「恋愛感情のもつれによるもの」に限定されている為に恋愛感情とは関係の無い組織的に行われている 集団ストーカーは処罰されません。



イメージ 1

 
 
 
 集団ストーカーを取り締まるには、現行のストーカー規制法を全てのストーカーに対応したストーカー規制法への改正が必要です。ご理解とご協力をお願い致します。




  今回は、なんと用意したチラシ1.000!! 静岡市内でもマンションが多い常磐公園付近でのポスティングです。
 
イメージ 2

 
 5月の後半ともなると暑くなってくるのでこれからは団地やマンションが多いエリアをポスティングしたいと思っています。これも冬〜春の間は、一戸建ての多いエリアや大きな施設が点在するエリアにポスティングしたので300枚でも1.000枚でも時間的には変わらなかったです。
 
 
 
        ポスティングしている途中で発見しましたWWW


イメージ 3

               聖教新聞は入れないようにお願い致します。




                                                   Oda Nobuna no Yabou Link


  今回は、場所の選択が良かっただけなので次からは枚数は落ちると思います。だけど1.000枚は凄いですね。それと実は、1.000枚ポスティングしたのは自分だけではありません。この日本の何処かで自分の知る限り1.000枚ポスティングする被害者さんがいます。自分は、ただその人と同じ苦労を味わいたかっただけで今回1.000枚ポスティングしました。また1.000枚ポスティングできそうな場所があればチャレンジしたいと思っています。100点
 
 
 
 



 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事