ここから本文です
板原村のだんじり会館
安土桃山時代以前から栄える泉州板原村。その中心に位置する中小路から発信しています。

書庫ご来館御礼

すべて表示

イメージ 2

イメージ 1



フェイスブック「板原村のだんじり会館」はこちらからどうぞ。
https://www.facebook.com/itaharamura/


昭和48年6月。
板原村集落の中心に位置する「中小路」に産声を上げた。



子供会、いやそれ以前の幼少時代から、白タイツを身につけ曳き綱を握る。
生まれた場所が中小路、しかも家の裏には宮さん(広場)と公民館と地車小屋。
実は母方の祖父母の実家も家に隣接して、これまた地車小屋。
子どもながらに、だんじり小屋と家とはどこも近くにあるものだと思ったりしてた。


さて、私の幼少時代。
親父が前梃子持ちという役柄であったため、一緒に(地車を)曳いた記憶がない。
そんな私ではあったが、「いつかはお父さんみたいに、あのテコを持ちたい・・・」
そんな思いで幼少時代を過ごした。


青年団へ入団後、鳴物と綱元責任者を経験。
平成4年“板原史上最速”と評された、あの伝説のやりまわし「市制50周年パレード」では、鳴物係としてイン側の勾欄に腰掛て笛を鳴り響かせていた。


その後、3年間は参拾人組(後梃子)を経験し、親父と同じ「前梃子」を14年間持たせてもらうことに。持ち手は親父と同じく左手で梃子を握る向かって右側だった。


しかし、順風満帆なだんじり人生を送ってきたわけでも無く・・・。

辛く厳しい時期を過ごした青春時代もあった。
私は、あの全国的に有名な奈良・天理高校の野球部出身。
高校球児としていわゆる「野球留学」。
全国レベルの野球部は、言うまでもなく全寮制で在学中は「だんじり」を根絶。
私としては、最も辛く苦しい生活。
だんじりを愛する者にしか理解できない辛さで、自身との葛藤の日々。

平成元年秋、祭礼当日。
寮長先生や部長先生、監督先生、先輩、同級生などに「親戚の訃報」と偽り
無理やり板原へ祭りの2日間だけ帰省した。両親にも頼み込んで「だんじり」で帰省する大作戦を決行。

ところが・・・
このまま(寮へ)帰りたくなかったが、約束なので親父の車で寮へ。
案の定、先輩や同級生にバレていないはずがなく、そのあと寮では大変なことに。
センパイからの冷たい仕打ちや、同級生からの冷たい眼差し。自業自得なのだが、まともな生活を取り戻すのに何ヶ月かかったことか。

翌年、高校2年の秋といえば、いよいよ新チーム結成。
甲子園常連校ともなると、眼の色が変わる秋からの新チーム。
そう。秋の県予選で好成績を残せば、センバツへの切符を手にするのだ。
そんな平成2年の秋、私は生まれて初めて祭りを断念した。

「気が狂う」って、
こういうことか、そう思った。




高校卒業後、そのまま同・天理大学「体育学部」へ推薦入学。
2回生まではアルバイトをしながらの下宿生活。
生駒山の向こう、奈良の盆地で計5年。



社会人になり、全国規模の大手清酒メーカー「日本盛」に就職するも、
勤務地は名古屋。またもや大阪・泉州を離れる結果となるが、泉州魂を発揮し
順風満帆な新社会人生活がスタート。

そして就職2年目にして、天理大学時代の同級生と結婚。
翌年に念願の長男誕生。




このあと、
急に転職を決意。




それは、この子どもを地元・板原で育て「泉州弁」を喋らせたい、
そんな気持ちでいっぱいになり、来年に幼稚園入園という年。
帰ろう、板原へ。


即決!転職!!引越し!!!。


周りの方からの説得や反対も多少はあったものの、地元と地車が恋しく
28歳でついに”板原”に帰ってきた私。
まるで当たり前のように「だんじり」がある板原での生活。
でも「当たり前に」なんて本当は、無い。
そんな有り難き幸せを感じながら、家族と共に暮らす日々。
ほんまに幸せや。。


2006年春にブログ開設。
それ以降、だんじりを追っている間に、数え切れないほどの人と知り合えた。
一生つきあって行きたいと思える仲間も。



だんじり万歳!

開館以来、多くの方にご来館いただき、
「館長いつも見てるよ!」とお声をかけてくださる方々が各方面にいて、
そんなあたたかいお声がブログを継続して頑張れる気力の源なのです。

そんな私ではありますが
独自の観点から「だんじり」の魅力と、ときどき私生活や、どうでもいいネタなど
おりまぜながらお届けしたいと思います。。。



★それでは、メニューよりお入りください。

                                   謹啓

                        板原村のだんじり会館 館長





書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 出張先にて

    2018/10/17(水) 午後 5:25

    10月17日(水) 祭りを終えてから、まだ10日ほどしか経ってませんが、早くも2度目の出張・・・。 今日は新幹線で名古屋へ。さらに中央本線に乗り換え、恵那まで足を伸ばしました。 ...すべて表示すべて表示

  • 池園町地車の脇障子

    2018/10/16(火) 午後 9:19

    ちょっと前のこと。 祭り前に、いつもお世話になってます池園町の現役大工方・Y先生からお招きをいただき、その気になる箇所を拝見させていただきました♪ 気になる箇所といいますと・・・ そのまえに、平方向 ...すべて表示すべて表示

  • 泉大津 上之町地車 昇魂式

    2018/10/14(日) 午後 1:56

    10月14日(日)。 泉大津が誇る銘地車が、その当地での役目を終え次なる場所へ嫁ぐことになりました。 上之町地車。 言わずと知れた銘地車です。 製作:昭和12年 請負:柏木福平(責任者:吉田国一) 彫刻:井波 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事