ここから本文です
板原村のだんじり会館
安土桃山時代以前から栄える泉州板原村。その中心に位置する中小路から発信しています。

書庫全体表示

今朝の朝刊から。。。

イメージ 1

朝日新聞の朝刊(堺泉州版)に、このところ「だんじり 魂’06」と題して、連載された記事が

載ってます。

今朝は、ズバリ今年新調されたばかりの「中北町」。

その大型地車にスポットを当てて、「背が高く。幅広く。重たく。」と表現していました。

3m80cm超のだんじりが当たり前になりつつある今日、豪華で威圧感たっぷりの地車が、

「えぇだんじり」と称されてきつつあります。

ちなみにもうすぐお披露目される板原の新調地車も、高さ3m85cm。

みなさんにじっくり見ていただいて、大きいだけが特徴じゃない!という、その細部にわたった

「こだわり」を、ぜひみなさんで見つけていただきたいものです。。。

  • お〜嬉しい記事が載っていますね。

    八栗新道

    2006/9/14(木) 午後 7:31

    返信する
  • 大きさは全く関係ございません派です。小ぶりでもええだんじりはいっぱいあります。何より自分の町に合っただんじりが「えぇだんじり」だと思います。板原町の「こだわり」期待しております。

    空手バカ

    2006/9/15(金) 午前 0:19

    返信する
  • ちょうさの兄貴★一番乗りありがとう〜。久しぶりにトラバされてて、なんとなく嬉しいっす。。。

    板原村の館長

    2006/9/15(金) 午前 7:39

    返信する
  • Mなりくん★昨日は何回も電話ありがとね。寄り合いの最中で、飲んでてあんまり気付かんかったわ〜(汗)。台風心配やけど、詳細が決定・変更されたらまた連絡しまっさ〜。Mなりも鶏鳴で頑張ってやぁ〜!ってまだ1ヶ月あるか・・・(笑)。

    板原村の館長

    2006/9/15(金) 午前 7:43

    返信する
  • 顔アイコン

    確かに、最近のだんじりは、大型化が進み「やりまわし」の基準で、「速い・上手い」などを、見た目で判断されがちですよね!!(寂しいなあ・・・)どれだけ台木を大きくしても、重りを乗せても、今は、「足回り」をより重視してスピードの追求をしてしまう・・・私は思います「やりまわし」は皆の意気が合い!!すべてのポジションの人が「満足」できることが、一番の『渋さ』に成るのではないだしょうか!? 削除

    [ 房吉 ]

    2006/9/15(金) 午前 8:51

    返信する
  • 上の新聞記事の画像に直接クリックしていただければ、詳しく鮮明に見えますよ〜。読めます!(笑)。

    板原村の館長

    2006/9/15(金) 午前 9:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事