グラスアート黒木のブログ

国の「現代の名工」のガラス工房ブログです
 
 
思い立ったが吉日!
不定期発刊!
グラスアート新聞!
 
覚えていらっしゃらない方( 全ての皆様 )の為に
前回の不定期発刊新聞も、よかったらご覧ください。
↓↓↓↓
 
不定期の程を優に超えた約2年前の記事でしたが(笑)
2年ぶりに新聞が復活する程の
  大ニュース がこれ!!!
        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 
 
 
奇跡の歌姫
サラ・オレイン』さん
工房ショールームに!
 
 
 
 
工房に突如 女神が降臨したのは
2014年も残りわずかとなった12月29日。
工房ショールームでは、福袋イベントの最中であった。
 
一日に何百回と聞く 入口自動ドアが開く音。
同じ数の 心を込めた〝いらっしゃいませ〟の声、
のはずだった・・・。
 
〜 スタッフ全員の呼吸が止まる 〜
 
 
 
 
〝 女神だ。 〟
 
 
 
 
再び時間の流れを感じ取ることが出来たのは、
それからしばらく経ってからの事であった。
 
( 今思えば、スタッフに死者が出てもおかしくない程の長時間、
緊張して息をしていなかった気がしています。笑 )
 
 
 
ようやくご挨拶をする事ができ、店内をご案内。 
 
イメージ 1
 
サラ・オレインさんと言えば、
奇跡の歌声と幻想的なヴァイオリンが代名詞。
 
しかし、サラさんを語るには
〝全然〟足りておりません!
この場では到底書き尽くせないその素晴らしさは
サラさんのWEBサイトにてご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 ( ホント、すごいお方なんです! )
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
なんと、発売間もないCDも頂いちゃいましたよ!
 
 
 
 
これだけの方が、しかもお優しいなんて・・。
感動で〝才色兼備〟プラス〝優〟で
 「さいしょくけんびゅー」という言葉を勝手に作りました。
 
 
 
さいしょくけんびゅー サラさん、
また皆さんで遊びにいらして下さいね。
スタッフ全員で心よりお待ちいたしております。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(2)

カモン!クリスマス!

 
私どもの〝師〟黒木国昭先生は相変わらず、
国内外 一年通して忙しく走り回っております。
 
来年で70歳(古希)を迎えられるんですよ?
国の卓越技能者「現代の名工」ですよ?
12月6日(土)からはハウステンボス美術館にて
3ヶ月の展覧会をひかえていらっしゃるのですよ?
(宣伝はさんでみました!)
これ以上、まだ走れとおっしゃるのですかっっ!
 
 
 
師走さんよぉ。(泣)
 
 
 
 
って事で師走。
みなさんも色々とお忙しいでしょうが、
急ぎすぎる事に良いことはありませんよ。
一つ一つ、じっくりと済ませていきましょうよ。
 
〝じっくり〟と・・・。
 
 
さて、私どもグラスアート黒木ショールームでも
先日のガラス祭から一転。クリスマスバージョンの
ディスプレイに変わりました!
 
では、〝じっくり〟とご覧ください。 
 
 
 
イメージ 1
 
ガラスのツリーがじっくりと輝いています。(?)
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
  
トナカイもブーツも可愛らしくてじっくり。 
(もう、じっくりの使い方、分からなくなってます。) 
 
 
 
  
 
 
イメージ 3
 
 おおっ、急に雪だるまがピョコンと飛び出してきたぞ!
(ピント、完全に雪だるまに合ってますけど。)
 
さては、、じっくり撮ったな? 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
皆さんのご来房を可愛らしい作品たちがお出迎えいたします。
クリスマスのご準備、プレゼントはグラスアート黒木で!
 
 
 
 
 
さて、ここでお知らせ。
グラスアート黒木ショールームでは、なんと
クリスマスバージョンのディスプレイになりました!
 
 
おれ、きっと誰かにメッチャ怒られる。 きっと。
 
 
顔出し撮影パネルが新登場!
迫力の制作風景が
縦最大1.8m、幅2.7mの超特大、顔出し撮影パネルになりました!
 
顔を出して記念写真を撮り、
「黒木国昭と一緒に制作ってた(やってた)頃の写真が出てきたんだよねぇ。なつかしいなぁ。」
ってお友達に嘘の自慢をしよう!
 
真剣な顔も良し!あえての変顔もまた良し! 
詳しい画像は工房フェイスブックにて近日公開予定です。
どうぞ、お楽しみに!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

新 企画デザイン室

 
 
ご無沙汰しております、企画デザイン室です!
 
五月下旬に、企画室は大がかりな〝お引越し〟をしました。
・・・とは言っても、元の工房のある建物の隣の建物なんですけどネ!
 
制作も忙しい時期で、引っ越しも重なり、ブログをご無沙汰してしまいました! 
 
今回は、新しい企画デザイン室の全てをお見せいたしましょう!
引っ越しにより、今までは、離れた場所に点在してた設備を、今回は集約する事が出来ました!
 
      まずは、電気炉等の施設です!
 
 
          大型電気炉室
             〜3台の電気炉が入ってます〜
       イメージ 1
 
          
 
      
            小型電気炉室
              〜小ぶりの電気炉が5台あります〜
イメージ 2
 
 
 
 
 
                バーナー室 
        〜念願のジェネレーター(酸素を作る機械)も入りました〜                                                                 イメージ 3
 
 
 
 
 
 
                 サンド・リューター室 
                 〜ガラスに削りを入れる部屋〜
イメージ 4
 
 
 
 
                 階段を上って二階へ行くと・・・・・・ 
 
 
                 イメージ 5
 
 
 
 
 
 
                 制作課・企画デザイン室
                   〜メインの部屋です!〜
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
          企画デザイン室 室内
            〜メインフロア・7人が作業してます〜
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                 サブ フロア
                 〜4人が作業してます〜
イメージ 8
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
工房自体は、まだまだ改装中で、現在はコールドワーク室の
工事が行われています。
最後にはホットワーク(吹き場)の工事の予定です!
 
普段オープンにしていない、実際の作業場も一新して、効率良く制作出来るようになるはずです
 
黒木先生も、来年は古希!!!
皆で力を合わせ、より良い作品を作って行きたいと思ってます。
 
新館ギャラリーもオープンしてます!
新しいグラスアート黒木に、是非遊びに来てくださいね!
 

この記事に

開く コメント(0)

 
〜 お礼 〜
 
台湾と日本のガラス芸術文化交流 in 宮崎県立美術館は
関係者さまのご協力と、沢山の皆様のご来場を頂き、
盛大のうちに無事、終了しました♪
本当にありがとうございました
   
 (詳しくは前回のブログ「弟子日記」にて。こちら↓↓)
 
 
 
 
 
 
ラララ♪ 今日は4月23日。
 
春風が心地いい公園のベンチで、交流展の余韻に浸る私 ・ ・ 。
 
そんで、4月26日からは楽しみにしていた『春のガラス展♪』。
 
ラララ♪ 
 
・ ・ ・ 
 
 
 
 
 
 
 
ラララじゃねぇよ! 
 
 
じゅ、準備が間に合わねぇ(泣)
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
今年の春のガラス展は、工房となりの新館
 
 『黒木国昭グラスアートGallery』
 
のオープン記念との同時開催なんです。
 
掘り出し物市や、オークション。体験制作や新作の発表。
 
黒木先生の公開制作などなど沢山のお楽しみ(私たちの準備!)
 
が用意されているのです
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中の記憶は・・・あまりハッキリとしていませんが・・・。
 
「無我夢中って、これか・・」と思った様に・・覚えています・・。
 
 
 
 
 
マ・二・ア・イ・マ・シ・タ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
またギャラリーオープンに伴い、沢山のお花が
 
毎日のように届いております。
 
皆様、本当にありがとうございます!
 
皆様のお気持ちを裏切らない、愛される工房であり続けなければ
 
ならないと、改めて強く感じております!
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
イメージ 10
 
 
春のガラス展 (新館オープン記念)は5月6日まで!
 
詳しい内容はフェイスブックページにてお知らせしております。
 
 
スタッフ全員で、皆様のお越しをお待ちしております。   ラララ♪

この記事に

開く コメント(0)

 
弟子日記
 
 
2014年4月8日、午前11時。
黒木先生は宮崎県が誇る巨大芸術施設、
「宮崎県立美術館」の地に立っていた。
僅少に残る遅咲きの桜花をもてあそんでいた強い春風が、
黒木先生の来館を見るや〝 シン 〟と静まる―。
 
 
建物を取り囲む広大な敷地の向こう側からは(まるで地平線を見るようだった)国内外からの来賓が続々と現れる―。
メディアでもお馴染みの顔ぶれだ。
突然止んだ春風に不思議な表情を浮かべ、立てていた
スプリングコートの襟を戻しながら、ゆっくりとこちらへ向かい来る。
僕は少しだけ笑った。
 
 
 
日本と台湾、 『ガラス芸術交流展』
いよいよ オープニングを迎えた。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
黒木先生は台湾総統 『馬英九総統との2度の接見』、
『台湾国立歴史博物館での展開』、そして地元宮崎における
『芸術文化交流展の展開』と、14年以上にわたり
台湾との交流を深めてきた。
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
今展は、台湾の作家・日本の作家を織り交ぜ、146点のガラス芸術が
一堂に会した。多岐にわたる技法や、色使い〜
様々な〝感性〟と〝表現〟の違いを存分に楽しんで頂く
という斬新なスタイルでの国際的な展覧会となっている。
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
作家が違えば、作品が違う。
縁起の良いとされるものが違えば、モチーフが違う。
技法が違えば、作品の質感も違う。
違うものだらけの不思議な空間の中では、当たり前の事象を
当たり前に捉える事にすら時間がかかってしまう。
 
〜 改めてなんだけど、これって全部ガラスなんだなって事。〜
 
〝 ガラス 〟と〝 無限の可能性 〟が同一の意味として
自分の意識に染み込んできた。
 
 
 
不思議な感覚だった。
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
ガラス素材を知り尽くし、ガラスと同等に対話のできるスゴイ人間が、
地球上にいったい何人いるのだろうか〜。
そんな事を考えながら僕は展示会場を何度も何度も回遊した。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
皆さんも是非、見てみて下さい。
 
昨日とは違う自分と出会えるチャンスかもです。
 
 
  宮崎県立美術館にて 4月20日(日)まで  <入場無料>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事