三河國の大相撲錦絵場所

相撲の錦絵はどのぐらいあるのだろうか

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 現在の名古屋市熱田区出身。初名宮の森は熱田さん(熱田神宮)の森を連想させるしこ名である。万延2年(1861)2月二段目の番付外で国見山と改め、慶応4年(1868)5月場所入幕。この時はまだお抱えは無く明治2年(1869)11月、尾張藩出身で同藩の栄誉あるお抱え力士になった。最高位は前頭3枚目。廃業後は高砂改正組に参加して頭取を勤めた。
 この絵と同じ板木を使い、尾張藩印紋の鳩八を付けた化粧廻し姿もある。

 二代國貞画 両国太平版 改印は塗りつぶされていて判らない。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事