三河國の大相撲錦絵場所

相撲の錦絵はどのぐらいあるのだろうか

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 今日6月1日付のスポーツ紙「中日スポーツ」に「トヨタ自ラグビー部、FW強化に佐渡ヶ嶽部屋に体験入門」の記事がありました。PRの山本正人選手の父親と琴光喜の父親がトヨタ自動車勤務の同僚だったことから実現したとありました。さらに山本父親・勝(61)さんは、かつて片男波部屋で玉葵のしこ名で相撲取りだったとあり、懐かしいしこ名に出会えることができました。

 玉葵はのちの横綱玉の海(当時は玉乃島)の弟弟子で、昭和35年夏場所初土俵、次の名古屋場所から神海(しんかい)と名乗って序ノ口になり、同38年秋場所改め玉葵 勝となり、最高位は幕下東90枚目でした。出身地は和晃(現若藤親方)と同じ蒲郡市神ノ郷町。

 昭和39年名古屋場所まえ幕内力士玉乃島、中学校の一年先輩で駒国と名乗って幕下にいたのちの和晃、そして三段目にいた玉葵の3人、この3人を応援する「蒲郡市出身力士後援会」が発足。
私もその中の一員でした。玉葵はそれから3場所後の九州場所を全休し廃業されました。その後はトヨタへ行ったとは風の便りで聞いていましたが、息子さんがトヨタのラグビー部で活躍されていたとは知りませんでしたし、玉葵の山本さんもお元気でおられることが判り、懐かしさでいっぱいです。

 さて、前置き長くなりましたが、この絵は昨日紹介しました國見山の化粧廻し違いで、明治2年11月場所出身藩でお膝元の尾州藩のお抱えになり、鳩八の印紋入りの化粧廻しを拝領。それがこの絵になった。

因みにこの絵は友人のBさんの所蔵品で、写真をお借りしました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事