全体表示

[ リスト ]

定期健診の重要性

歯周病は30代前後からかかるような病気と考えられていますが大きな間違いです。
早い人では10代からかかる場合があります。特に生活が不規則となり夜寝る時間が遅くなったり、遅くまで友人たちと食事を採ったりして歯磨きする機会が少なくなっているような気がします。そういった生活習慣が積み重なって発症していると思います。
またそういう人たちは痛くないと歯医者に行くことがないので来院した際には重症化している場合があります。
重症化してからの治療となると治療期間が長くなるだけでなく長くなることで治療が中断してしまう、そして再度悪化する、といった循環を繰り返すリスクが出てきます。
ですので若いうちから早めに定期健診をしてもらう習慣をつけましょう。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事