ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

高賀神社 秋の大祭

高賀神社 秋の大祭・・四年に一度のお神輿


イメージ 1 

高賀神社秋の大祭に、今年もカメラ片手に行ってきました。

今年は 四年に一度の「神幸祭」 の年。
【神様がお神輿に乗って、二の鳥居までお出ましになり、そこで神事が行われるもの】

雨が降るとまた四年後しか行われないとの事で、天気を心配しつつ行ってまきました。

イメージ 2 

神主さんがそっと本殿の扉を開きます。

このあと、ご神体を周りから見えないようにお神輿に移し、階段を下って 二の鳥居 まで出ます。

イメージ 3 

お神輿の中のご神体ってどんなものなのか、神主さんに聞いてみたのですが 、 「秘密」 とのこと・・

「洞戸貫流史」 という昭和40年代に書かれた本によると、 「妖魔の骨の塊」 との記述があったのを思い出しました。

本当にそれならちょっとでいいから見てみたい気もしますが。

イメージ 4

イメージ 5

二の鳥居の前で神事が行われ、その後、可愛い巫女踊りが奉納されました。

イメージ 6 


イメージ 7 

最後は 餅まき が行われましたが、そこまで居ると帰りが混んで大変なので、「高賀山太鼓」の奉納を見て一足先に・・・

この記事に

  • 妖怪の骨の塊って、まさか非征伐者の・・・。
    んなわけないですよね。

    houzan

    2008/11/3(月) 午後 10:58

    返信する
  • 先日こちらにこの日の張り紙がしてあったんで時間を作って行けばよかったと思っています。四年に一度ならとっても貴重ですね。お子さん達もとってもよい経験なりましたね。実は一番気になったのは餅投げですが・・・。

    g2lens★赤影

    2008/11/4(火) 午後 6:11

    返信する
  • 私も張り紙をみたから行こうと思ったんですが、用事が出来てしまったので行けませんでした

    [ - ]

    2008/11/7(金) 午後 6:06

    返信する
  • えっーーお祭りだったの
    お神輿 立派だねーー
    行きたかったなーーー 傑作ポチ

    hikot

    2008/11/7(金) 午後 8:17

    返信する
  • houzanさん< その可能性もありって思いますよ。
    古来日本は、征服した者は、後に制服された者の祟りを恐れて手厚く祀ることを繰り返し行ってきましたから、ひっとしたらそれが、高賀神社にも当てはまるかも知れませんね。

    got*t*711

    2008/11/7(金) 午後 10:49

    返信する
  • 赤影さん< 巫女踊りをやってくれた小学生の子たちは、すべて高賀地区以外からの応援部隊なんです。
    この地区も過疎化が進んで、限界集落の一歩手前の状況なのですよ。
    餅まきの時間が近づいたら、驚くほどの人が集まってきました!!

    got*t*711

    2008/11/7(金) 午後 10:53

    返信する
  • horadononagayasanさん< 11月も半ばを過ぎると、境内のイチョウが色づいて綺麗ですよ!
    絵馬の奉納場所も新しくなったので、近いうちに参拝に来てみてくださいな。

    got*t*711

    2008/11/7(金) 午後 10:56

    返信する
  • たかさん< ここの神様は、何でも願いをかなえてくれる神様なので、ありがたいですよぉー。
    たかさんも、また友達と一緒に秋の高賀の里へ来てみてくださいね。

    got*t*711

    2008/11/7(金) 午後 11:04

    返信する
  • はい。彼氏を連れて行きたいと思います。

    [ - ]

    2008/11/8(土) 午後 2:57

    返信する
  • 顔アイコン

    外国人の方も参加していますね。高賀の神様も時代の変化に驚かれていることでしょう。

    [ nir*k*ai ]

    2008/11/9(日) 午後 8:44

    返信する
  • アバター

    昔ながらの秋祭り。伝統は残してほしいですね。
    神輿を外国の方がかついで。国際交流ですね。
    何事も聞いてもらえる神様、ぜひお参りしなくてはね。

    doradoratoshi

    2008/11/10(月) 午後 3:19

    返信する
  • あけみん< 彼氏と一緒に絵馬に願い事を書いてみてください。
    願いがきっと叶いますよ。

    got*t*711

    2008/11/10(月) 午後 10:07

    返信する
  • nir*k*ai < 最近この高賀の里に、外国人世帯が二世帯増えたんです。 確か、カナダとオーストラリアだったと思います。
    この場所が一番日本を感じる場所なのだそうですよ!!

    got*t*711

    2008/11/10(月) 午後 10:11

    返信する
  • 顔アイコン

    スーさん< コメントありがとうございます。
    この日は二人の外国の方が行列に参加していました。お二人とも高賀地区在住なんです。家もそれぞれ新築されていて、日本の生活を満喫してみえるようです。

    got*t*711

    2008/11/10(月) 午後 10:14

    返信する
  • 顔アイコン

    高賀の地には光を放つ魔物がいたという不思議な伝説がありますが、
    その骨だということでしょうか。見たいですよね。
    また高賀山中の不動岩屋は、写真を見る限りどこか人為的な感じがします。そのうちゆっくり探訪したいです。

    アリス

    2008/11/11(火) 午後 9:49

    返信する
  • アリスさん<コメントありがとうございますね!
    この神社一帯は魔物伝説があって、その魔物を退治した後の鎮魂のために、この祭りがあるという説もあるようです。
    岩屋は、言われるとおり、私も人為的なもののような気がしてなりません。

    got*t*711

    2008/11/12(水) 午後 10:34

    返信する
  • 顔アイコン

    これはすばらしい記事です。妖魔降臨はすさまじい伝説を産んだということでしょうか?退治した妖魔の霊をレイラインでさらに封じ込めたのかも?と思います。ポチ!

    熱田北条

    2008/11/16(日) 午後 10:45

    返信する
  • 熱田北条さん< コメントが遅くなってしまいました。
    妖魔退治伝説に隠された歴史的な事実を探るのは面白いですね。

    今の高賀の郷があまりにも静なので、千年も前に起きた大事件を想像するのはなかなか難しいです。

    got*t*711

    2008/12/7(日) 午後 6:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事