ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

高賀山 岩屋

   

岩屋に差し込む太陽光


イメージ 1

高賀山の中腹南斜面にある 「岩屋」

 この岩屋は、上部の大岩が55度の角度でヒビ割れていて、その隙間から、
春分、秋分の日の前後数日間、正午前後一時間ほど、太陽光が射し込んで、
岩屋内が幻想的な雰囲気に包まれます。

 
イメージ 2 

 二番目の画像は、岩屋内の地面に差し込んだ太陽光で、岩屋内の東西に
真っ白な光のスジができ、薄暗い中が急に明るくなってきます。

 光りの線の中央付近に出来ている影は、岩屋の割れ目の上に載せてある
矢印の形状をした岩の影で、その岩は北極星の位置を示しているようなの
です。 

 つまり、この岩屋は、太陽暦を見るための「観測所」とでも言うものだと
、最近地元の人たちといろいろ研究を始めています。 


イメージ 3
▲岩屋の入口付近に立てられている看板


イメージ 4 

 この日は、大垣や養老、愛知県方面から来ていただいた13名の方たちと
一緒に登って、この光の体験をしてきました。
 
イメージ 5 

 この岩屋、縄文時代の頃のもので、その時代にどうやってこの巨石を動かし
たのか?
偶然の形にしては、あまりにも人為的な組み方がしてあるので、とても
不思議です。

 高賀山には、こういった巨石を積み上げて、太陽暦を観測したと思われる
巨石群が沢山あります。

 通称 「天狗岩 」 「岩門」 なんて名前の付いている巨石もあります。
 
イメージ 6
▲この岩に方位磁石を近づけるとまったく違った方位を示してしまいます。
 


 高賀山一帯は魔物退治伝説があったり、マンガン、水晶、ザクロ石、その昔は
金、銅といった鉱物の宝庫でもありました。

 そして山を神と崇めた山岳信仰の場して、修験者が行き交った場所、江戸時代
になると、 円空聖人 が何度となく訪れ、多くの円空仏や、1200首に及ぶ和歌が残さ
れているのも、ここ高賀の郷なのです!
  
 
 

場 所:岐阜県関市洞戸高賀 高賀山中腹「岩屋」

この記事に

  • 顔アイコン

    凄いですね。幻想的です。

    ナイス!

    houzan

    2017/3/20(月) 午後 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    凄いところ歩いていますね。
    隙間から射しこむ太陽光は幻想的な光を放ち、
    洞窟の中に射しこむ太陽光と同じ、神秘的ですね。

    sero

    2017/3/21(火) 午前 11:44

    返信する
  • 最初の写真は神々しいというのかありがたい気持ちになりそうですね。
    陽気がよくなってきているので今年は登りたいなぁっておもいます。
    この岩の中って寝泊りできそうですね。
    行者様がここで修行されていたんでしょうか?
    何度か行っていますが本当にどうやってこの造詣が出来たのか不思議で仕方ないです。

    g2lens★赤影

    2017/3/21(火) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    今年は見れなかったよ。

    しかし、あの磁石を狂わす岩ってどこにあるの?
    岩屋を過ぎた登山道から外れた谷筋にあるのかな?
    今度教えてね。

    [ taki ]

    2017/3/21(火) 午後 9:46

    返信する
  • > houzanさん

    この日は、とても不思議な色合いの光を画像に納めることができました。

    got*t*711

    2017/3/23(木) 午後 9:49

    返信する
  • > seroさん

    人は、縄文の時代から、三月と九月には同じ光を見てきたことになります。
    とても不思議な岩屋です!

    got*t*711

    2017/3/23(木) 午後 9:54

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    その昔、ここには修験者や、江戸時代には円空さんも休憩したり、寝泊りもあったと思いますよ。

    寝袋さえあれば、十分寝泊りできますね。

    got*t*711

    2017/3/23(木) 午後 9:56

    返信する
  • > takiさん

    その岩は、岩屋の随分手前の道筋にあるよ。
    岩の欠け方も気になります!

    got*t*711

    2017/3/23(木) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    私が以前高賀山に登った時に岩屋を見学した事を思い出します 縄文時代から不思議な光景が見られていたのですね 大きなナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/3/23(木) 午後 10:01

    返信する
  • > 雄明丸さん

    高賀の山に登られたことがあるのですね。

    今度は9月の秋分の日前後に登ってみてください。
    私もそこに居るかも知れません!

    got*t*711

    2017/3/24(金) 午後 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    インカの巨石と同じ工法だと思います。
    エジプトのピラミッドのまわりに失敗ピラミッドがあり後世の技術ではできなかったとです。つまりピラミッドを相当に古いものとなりますが沖縄海底遺跡が炭素測定で15000年前となり世界最古巨石です。シュメール人がピラミッドを伝えたとしたらシュメール人は日本人?
    これぞ超太古のスーパーサイエンスです。

    熱田北条

    2017/4/3(月) 午前 0:46

    返信する
  • > 熱田北条さん

    つまり、現代科学では想像できないような手法でね巨石を動かしたり、割ったりして作り上げたということでしょうか?

    沖縄の海底遺跡もそなんに古いのですね!
    超古代文明とは、何なのでしょうね??

    got*t*711

    2017/4/3(月) 午後 8:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事