ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

カタクリの群生   

カタクリの群生


イメージ 1
 
イメージ 2

関市武芸川町宇多院にあるカタクリの群生地です。

北向きの山の斜面の麓に広がっているのてすが見事に咲き誇って

います。 

 

イメージ 3 

イメージ 4 

杉や檜林の中、木漏れ日が射しこんでいる平地にいっぱいカタ

クリの花が咲いていますが、毎年こうやって咲かせるのは大変なの

でしょうね。
 


イメージ 5 
  
イメージ 6
 
カタクリの花の中に見つけたショウジョウバカマです。

同じ薄紫色の花なのですが、この花も魅力的ですね! 
 


 

場 所:岐阜県関市武芸川町宇多院

この記事に

  • 顔アイコン

    見事に咲いてますね。
    素晴らしい。

    ナイス!

    houzan

    2017/4/8(土) 午後 4:48

    返信する
  • 先日、前に紹介されていた武芸川の分陽寺山に登ろうと思い出かけました。
    千本桜のあたりから上れるだろうと思いましたが登山口が見つからず武芸川役場に尋ねたら上ったことがある方がいらっしゃらず
    「NTTか中電の管理の道を上がるみたいで国土地理院の地図とコンパスを持っていってください」と言われました。

    軽装だったので後日、違う山に出かけました。
    武芸川の山の辺りは興味があります。

    g2lens★赤影

    2017/4/8(土) 午後 6:14

    返信する
  • 顔アイコン

    関市武芸川町宇多院のカタクリの群生地は見た事が有りません 次回貴会が有れば見て見たいです 素敵な記事を有難うございます ナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/4/9(日) 午前 7:01

    返信する
  • > houzanさん

    昔は、どこの山にも沢山あったものですが、
    昨今は、探さないと見つからない花になってしまいました。

    got*t*711

    2017/4/9(日) 午前 10:41

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    ′汾陽寺山は登ったことがありませんが、歴史のある山ですね。
    今週あたりから、千本桜が咲き始めるころです。
    麓にある、戦国武将斎藤家の菩提寺 汾陽寺にも出かけてみてください。

    got*t*711

    2017/4/9(日) 午前 10:46

    返信する
  • > 雄明丸さん

    カタクリの群生地は、あちこちにありますが、毎年咲く様に管理していくのが大変のようです。

    ナイス、ありがとうございます。

    got*t*711

    2017/4/9(日) 午前 10:47

    返信する
  • 顔アイコン

    今年は少し遅いね。
    今日この記事みたので、秘密の花園へ行ってきたんだけど、ほとんど咲いてなかったし。
    来週どうかな?って程度でね。

    でも、今年も逢えたからよかったよ。

    [ taki ]

    2017/4/9(日) 午後 8:38

    返信する
  • > takiさん

    秘密の花園! 意味深な場所だけど、毎年行っている
    ようですが、逢えてよかったね。
    今年のこのカタクリは、ちょっと痩せてる印象でした。いつまでも寒かったせいかな?

    got*t*711

    2017/4/10(月) 午後 11:19

    返信する
  • 顔アイコン

    群生地が近くにあるのですか?
    カタクリの花は可愛いですね。
    いつも下向きで控えめだけど、花びらが反ると自己主張し薄紫色が映えます。

    sero

    2017/4/12(水) 午前 10:40

    返信する
  • > seroさん

    山野草として、カタクリの花は春の代表的な花ですね。思いっきり花びらが反り返って咲いている時が
    その花の一番盛りの時、美しさをアピールしているようです!

    got*t*711

    2017/4/12(水) 午後 7:50

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事