ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

三光山 妙照寺

 

三光山 妙照寺


イメージ 1
 
イメージ 2


岐阜市内 金華山の麓にある「妙照寺」。


 開創は天文3年(1534)、京都・大本山妙顕寺第8世日広聖人の弟子である、
五千院日舜聖人の開山です。

当初は現在の岐阜市柳町辺りに創建されたようですが、慶長5年に中納言織田秀信公より現在地を寄進され移転しました。

此処は、戦国時代、信長にも使えた軍師  竹中半兵衛屋敷蹟 でもあり、近くには、 斎藤道山 の菩提寺  常在寺 や、日本三大仏、通称 「岐阜大仏」 のある 法正寺 などがあって歴史深いところです。


 

イメージ 3

▲本堂前にある鬼瓦、左右一対あります。 


イメージ 4 

▲本堂の戸にはたちばなの紋があります。


イメージ 5

イメージ 6



イメージ 7
▲本堂の前に句碑があります。

芭蕉 滞在の寺としても知られていて、貞享5年(1688)に約1ヶ月滞在したとされています。

「やどりせむ あかざの杖に なる日まて」 の句は、芭蕉がこの寺に到着した時に挨拶で詠んだ句で、境内にその句碑があります。 滞在した部屋は現在も残されていますが、訪問した時は、寺の方が留守で本堂内の拝観をすることができずとても残念でした。 


 本堂・庫裡は岐阜市の重要文化財に指定、 平成22年より24年にかけて「平成の大改修」が行わています。
 


三光山稲荷社


イメージ 8 

イメージ 9 

 妙照寺境内奥にある 「三光稲荷社」 は、 竹中半兵衛 が守護神として祀り信仰したと伝えられています。

昔から人々は妙照寺のことを「さんこうさん」と呼び、「三光稲荷社」への参詣者も多く、ちなみに妙照寺の山号もお稲荷さんと同じ「三光山」です。
 

  

イメージ 10

 岐阜市内なのですが、金華山の麓とあって緑と水も豊でとても静かな場所なのですよ。

 本堂のすぐ裏手の国道256号には、平成の初めごろまで路面電車が走っていて、とても風情のある場所でした。 今、その路面電車が無いのがとても残念です。

 



■場 所  岐阜県岐阜市梶川町14

■電 話  058-264-7793

この記事に

  • 顔アイコン

    ここは私も行きました。
    奥に稲荷社があったのですね。

    ナイス!

    houzan

    2017/5/20(土) 午後 10:25

    返信する
  • 竹中半兵衛は岐阜を代表する武将の一人ですがその一族って言うのは戦国以後どうなったんだろう?ってたまに考えます。
    長良橋を走っていた市内線は見たことありますが乗ったことがありませんでした。金華山くらいまで今でも残っていれば観光資源になっていたかもしれませんね。

    g2lens★赤影

    2017/5/21(日) 午前 9:55

    返信する
  • 顔アイコン

    岐阜県岐阜市梶川町に歴史の深いお寺様が有るのですねナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/5/21(日) 午後 6:46

    返信する
  • > houzanさん

    はい、境内の奥、金華山の山裾に赤い鳥居があったので行ってみました。
    竹中半兵衛所縁のお稲荷さまですね。

    got*t*711

    2017/5/21(日) 午後 10:22

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    竹中半兵衛一族のその後として、、半兵衛の子「重門」は、本能寺の変のあと、美濃国で起こった一揆で戦死しています。
    少なくとも、徳川の時代に藩として残った形跡は無いようですよ。

    got*t*711

    2017/5/21(日) 午後 10:30

    返信する
  • > 雄明丸さん

    金華山の麓の街は、戦争の空襲で唯一焼け残った地域なので、貴重な古い建物が残っています。
    正法寺の岐阜大仏もその一つです。

    got*t*711

    2017/5/21(日) 午後 10:36

    返信する
  • ご教授ありがとうございます。
    前から気になっていたんです。
    一揆で亡くなってしまっていたんですね。
    ありがとうございます。

    g2lens★赤影

    2017/5/21(日) 午後 11:04

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    いつも訪問していただき、コメントもありがとうございます!

    got*t*711

    2017/5/24(水) 午後 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    井桁の内橘、家紋にもいろいろですね。
    我が家の家紋は丸に橘です。
    ここのお寺さんにも芭蕉は滞在されているのですね。

    風情ある場所の路面電車、拝見したかったですね。
    残念です。

    sero

    2017/6/3(土) 午後 2:15

    返信する
  • > seroさん

    そうなんです。芭蕉の滞在した部屋もちゃんとあるのですが、この日は見ることが出来ませんでした。
    ちよっと残念!!

    got*t*711

    2017/6/3(土) 午後 11:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事