ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

六社めぐり

六社めぐり 観光ボランティア


イメージ 1
 
イメージ 2
▲高賀神社(関市洞戸高賀)

 先日、 「六社めぐり」 で、高賀神社へバス二台で来られた45名の方々に
高賀の歴史や伝説、白山信仰と高賀山信仰との関わりや、神社の宝物に
ついていろいろとお話をさせていただきました。

時々、高賀神社の宮司さんからの依頼で観光ボランティアをやっています。


 「六社めぐり」って御存知ない方が多いと思いますから、簡単に記して
おきます。

 岐阜県の長良川とその支流板取川に挟まれた山地には、高賀山(1,224m)を
主峰に、瓢ヶ岳、今淵ヶ岳、片知山が連なっていて、そこにあるそれぞれの
谷筋に六つの神社が鎮座しています。

 この山岳地域には、今から千年ほど前に起こった 「魔物退治伝説」 があり、
その魔物(通称 猿虎蛇)を結界を張って封じ込めたとしたのが、高賀山麓に
鎮座している六社(高賀、瀧、金峰、星宮、新宮、本宮)なのです。

 その六つの神社を、尾根つたいに一日で踏破して参拝する苦行が、修験者
をはじめ、一般民衆にまで広まったのが江戸時代の中ごろとも言われています。

■この日のルート

 日本まん真中センター出発 午前8:20分

 星宮神社→ 新宮神社→ 本宮神社→ 白谷観音→ モネの池→  高賀神社 → 

瀧神社→ 金峰神社→ 日本まん真中センター着 午後4時:00分


 道路が整備され、橋やトンネルも出来て、車でなら手軽に六つの神社を一日
で参拝できる現代と違って、当時は体力のある屈強な人が、苦行として行って
いたのですね。


イメージ 3 
▲魔物 猿虎蛇を退治する藤原高光公


 この日の私の担当は、高賀神社の案内でしたので、創建当初から、白山信仰
との関わりまでと、当寺に残る高賀魔物退治伝説の一部をお話させていただき
ました。
 宝物殿では、平安中期の作のご神像群や、平安期から室町期にかけての仏像
群や数百に上る懸仏、今から約900年前に書かれた大般若経等の説明をさせて
いただきました。


イメージ 4 
▲高賀宝物殿

 これらの文化財は、京都や奈良の有名寺院にあるものと違って、地方文化
の色濃いものが多く、粗雑と見ればそれだけかも知れませんが、美濃の山間地
に、古くは平安・鎌倉・南北朝等のものがこれだけの数現存していること事態
希なのではと思っています。

 
 貴重な地方の文化財は勿論ですが、「六社めぐり」を、信仰というより、地域
観光の一つとして後世に残していきたいものです。
 


イメージ 5
▲星宮神社(郡上市美並町)


イメージ 6
▲新宮神社(郡上市八幡町)

イメージ 7
▲本宮神社(郡上市八幡町)


イメージ 8 
▲瀧神社(美濃市乙狩板山)


 
イメージ 9 
▲金峰神社(美濃市片知)
  


■場 所  岐阜県関市・美濃市・郡上市










 

この記事に

  • 顔アイコン

    案内となると、事前準備も必要でしょうし、参加者の気持ちをつかむ話術も必要でしょうし、大変そう。

    ナイス!

    houzan

    2017/5/25(木) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    美濃中央高原六社巡りというのがあるのですね。
    知りませんでした。
    この中で行ったことがあるのは高賀神社と星宮神社の2つだけです。遠くへ行くのも良いが時間をみてこうした地元巡りも良いなと思います。
    ナイス

    トミさん

    2017/5/25(木) 午後 2:40

    返信する
  • 顔アイコン

    和也さん 六社めぐり観光ボランテアお疲れ様でした
    お客様は喜ばれた事でしょうね 素晴らしいボランテアにナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/5/25(木) 午後 9:43

    返信する
  • 地元の方のお話が伺えるのは
    ただ神社や旧跡を見てくるだけよりも
    まったく違った旅が味わえると思います。
    ボランティアはこれからの時代の地域振興には不可欠なものなのかもしれないと最近思うようになりました。

    g2lens★赤影

    2017/5/26(金) 午前 4:10

    返信する
  • > houzanさん

    そうですね、第三者に伝えようとすると、随分余分な知識や下調べも必要になってきますね。
    結構大変なんです!

    got*t*711

    2017/5/26(金) 午後 10:29

    返信する
  • > トミさんさん

    そうなんです。 遠い観光地もいいのですが、地方の埋もれかけた文化財を見て回るのも、新しい発見があって面白いと思いますよ。

    got*t*711

    2017/5/26(金) 午後 10:31

    返信する
  • > 雄明丸さん

    ありがとうございます。
    下手な案内なのですが、皆さんそれなりに
    話を聞いていただけました。
    それだけで感謝です!

    got*t*711

    2017/5/26(金) 午後 10:34

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    地元の歴史を地域の人たちにも理解してもらって、
    少しでも残していけたらって思っています。

    ボランティア活動は、これからは本当に大切になってきますね。

    got*t*711

    2017/5/26(金) 午後 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    お疲れさまでした。
    あなたの説明は安心して聞いていれるからいいよ。

    六社巡りを今私がしたとしたら、星宮、新宮、本宮、高賀山登ったところで1泊だな。だいいち道ないしね。
    とても六社を一日では無理だわ。

    [ taki ]

    2017/6/1(木) 午後 9:33

    返信する
  • > takiさん

    そうだね、昔の人はよく一日で廻ることができたねって思ってしまいます。
    今は、車で丁度いいくらいだから。

    高賀から瀧神社まではつい最近まで山道を通る人がいたようで、所々に石仏もあると聞いてますが、今の私では到底無理ですね。

    got*t*711

    2017/6/2(金) 午後 7:58

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事