ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

ヤマアジサイ

甘茶の花 ヤマアジサイ


イメージ 1

イメージ 2


 6月も後半になってしまいました。

 いつもなら、梅雨の天気でジメジメとした雨が多いのですが、
ことしの梅雨は今のところ、天気が良くって、気持ちのいい日
が続いていますね。

 それに、朝晩随分と涼しいので、花やも菜園の夏野菜の生育
もいま一つのようです。

 甘茶の花、ヤマアジサイも、開花が二週間ほど遅いような気が
します。
 
  ◆ 「甘茶」 は、4月8日のお釈迦様の誕生日の日に、お寺さんに
  お参りして、その後、甘茶をいただいてくる風習があります。

  砂糖の甘さとは違って、ちょっと癖がある甘さなのですが、

  最近は、糖分を控えなくてはならない人に人気の商品になって

  いるとか。 

イメージ 3 
 
イメージ 4

 普通に沿道見かけるで紫陽花は、西洋アジサイで、これの葉っぱ
は甘茶には使いません。 何故なら、その葉には毒性があるようで、
虫やカタツムリも食べません。 

 梅雨の季節の挿絵によく、「アジサイの葉っぱにカタツムリ」の
画を見かけますが、現実は、カタツムリはアジサイの葉には居ません。
なぜなら、食べれない葉の上には居るはずもないですから・・


 でもこのヤマアジサイは、虫が付いて葉っぱに穴が開いたりするので
、毒性はなく、この葉を摘んで、揉んで、発酵させたものを陰干すれば
甘茶の完成です。
  
 
イメージ 5

 これは、昨年つくった甘茶で製品化したものを少しいただいたものです。
 高賀地区にある、 「鑑真康寿堂 」さんにいただきました。

 画像のヤマアジサイも、鑑真康寿堂さんの薬草園からいただいたもので
、日本古来の原種のアジサイとのこと。

 

イメージ 6 
   

 普段から、甘味がないと生活できないような現代人は、味覚の感覚をちょっと

替えていかないと生活習慣病から逃れられなくなってしまうかも。・・・ 

そんな時、この甘茶の甘味が役に立つ時が来るかも知れませんね!

この記事に

  • 顔アイコン

    昔、飲んだことがあります。

    ナイス!

    houzan

    2017/6/24(土) 午後 6:25

    返信する
  • 甘茶の甘さって昔砂糖が入っているものだと思っていました。
    アジサイの葉っぱから採れたものだったんですね。
    甘い物好きでなくても現代は何かにつけ糖分が結構入っていて無意識に過剰摂取している節があるので気に留めたいものです。

    g2lens★赤影

    2017/6/25(日) 午前 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    甘茶はヤマアジサイの葉から作るとは知りませんでした。
    こうした自然から採った甘味は優しい甘味ですよね。
    砂糖が過剰な現代ではこうした甘味を積極的にとりたいですね。
    ナイス

    トミさん

    2017/6/25(日) 午後 0:03

    返信する
  • > houzanさん

    子どもの頃に飲んだ印象は、とても美味しいとは思いませんでしたが、大人ににると、こういう自然の味もいいかなって思いますね。

    got*t*711

    2017/6/25(日) 午後 6:14

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    今、漢方ではちょっとしたブームのようで、
    甘茶が注目されているみたいですよ。

    got*t*711

    2017/6/25(日) 午後 6:15

    返信する
  • > トミさんさん

    人工甘味料があたり前になった今、こういう昔からのものにも注目したいですよね。

    got*t*711

    2017/6/25(日) 午後 6:16

    返信する
  • 顔アイコン

    甘茶はヤマアジサイから作った物なのですね 初めて知りました 有難うございます 又洞戸のアジサイロードを走りたい物です ナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/6/25(日) 午後 6:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事