ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

長良川 小瀬鵜飼

長良川 小瀬鵜飼


イメージ 1

イメージ 2

長良川小瀬の鵜飼です。

長良川の支流に住んでいるのですが、小瀬の鵜飼は初めての経験
でした。 

 職場のみんなで一艘借り切って、豪華弁当をいただきながら、
幻想的なひと時を味わいました。 

 弁当に入っていた鮎の甘露煮は、頭から尻尾まですべて食べる
ことができて、とても美味しかったですよ。



イメージ 3 

 この日は「御料鵜飼」の日とのことで、この日の鵜飼で採れた形の
いい鮎を、皇室に献上するのだそうで、鵜匠さんたちにとってはプレ
ッシャーの日と聞いてました。

 今年の長良川の鮎は、エサになる、石に付く藻の生育が悪いため
まだ小ぶりで、鵜の喉を通ってしまって漁にならないとのことでした。
 
 
イメージ 4 

 鵜飼の少し前には、鵜匠さん自ら、鵜飼についての説明をいろいろと
していただきました。

 漁に使う鵜はすべて「ウミウ」で「カワウ」は使わないとのこと、
それはウミウのほうが体力があるためとか、
 
 
 ウミウは、茨木県の鵜の岬という岸壁で捕獲されたものを飼い慣ら
して使用しているとのことでした。
 

イメージ 5

イメージ 6

 鵜の動きを見ていると、何度も繰り返し潜っているものや、殆ど
潜らず、船の先頭を悠々と泳いでいて、いつ潜るの?! と聞きたくなる
ものも居て、人間社会と一緒で、鵜にもいろいろと個性があるんだなぁ
と、変なところで関心してしまいました。
  

イメージ 7

 岐阜市の長良川の鵜飼と違って、周囲に灯りが少ないので、暗闇に中、
篝火の灯かりだけが闇に浮かび上がって、その光に写る、鵜匠とそれに操
られている鵜たちの動きが一際目立っていましたよ。

 

 

場 所 岐阜県関市小瀬
 

 

この記事に

  • 顔アイコン

    長良川の鵜飼い一度も見学」した経験がりません 一度はして見たいですね 豪華が弁当が美味しそうです 応援ナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2017/7/1(土) 午前 6:21

    返信する
  • 顔アイコン

    幻想的風景ですね。
    一度は見てみたい。

    ナイス!

    houzan

    2017/7/1(土) 午前 10:57

    返信する
  • 顔アイコン

    こうした伝統の風物詩を見るのも良いですね。
    ここは岐阜市などより余計に風情を感じるのではないでしょうか。
    私も数年前に行きましたが生憎、川が増水していて見物はできませんでした。食事だけして帰ってきました。
    ナイス。

    トミさん

    2017/7/1(土) 午後 2:01

    返信する
  • > 雄明丸さん

    夏の風物詩として、贅沢な時間を過ごすのもいいものですね。
    ナイス、ありがとうございます。

    got*t*711

    2017/7/1(土) 午後 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > houzanさん

    昼間暑くてたまらない日でも、夜の川面は川風が涼しくて、つい食欲も進んでしまいますよ。

    是非一度ご覧になることをお勧めいたします!

    got*t*711

    2017/7/1(土) 午後 9:50

    返信する
  • > トミさんさん

    私も、昨年は、前日までの大雨による川の増水でキャンセルでした。
    お天気都合の行事なので、鵜匠さんも大変そうです。

    鵜が間近で見えて、結構感動ものでした。

    got*t*711

    2017/7/1(土) 午後 9:52

    返信する
  • 岐阜だけが鵜飼の鮎を献上するものだと
    思っていましたが関市もやっていたんですね。
    生活の一部の近所の川ですが今まで以上に汚さないように気をつけたいです。
    最後写真の篝火の様子がいい雰囲気ですね。

    g2lens★赤影

    2017/7/3(月) 午後 9:10

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    良い処にお住まいですね!

    岐阜の鵜飼より、小瀬の鵜飼の方が風情があって感動ものでしたよ。
    川面と篝火の風景が、とっても日本的で好きなんです。

    got*t*711

    2017/7/3(月) 午後 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    見てみたいと思いながらまだ見れていません。幻想的ですね。
    鵜の捕獲場(茨城県日立市伊師浜)は、見たことがあります。断崖で、おとりの鵜をおき、休憩に寄ってきた海鵜を物陰から足を捕獲する昔ながらの方法です。捕獲も鵜飼も伝統のままで良いですね。 削除

    [ umihiko ]

    2017/7/5(水) 午前 5:00

    返信する
  • > umihikoさん

    コメントありがとうございます。

    鵜が一所懸命に潜る姿を間近で見ると、結構感動しますよ!
    海鵜の確保が最近は難しくて、大変との話も聞きました。

    got*t*711

    2017/7/6(木) 午後 8:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事