ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

                                         

鹿苑寺・・美濃市


イメージ 1 

 美濃市にある廬山鹿苑寺(ろざん ろくおんじ)の秘仏の御開帳に
行ってきました。

 16年ぶりの御開帳とのことで、地元のお檀家さんたちは勿論ですが、
私のような外部からの参拝者も沢山訪れていました。 
 

イメージ 2

イメージ 3 

秘仏とされている聖観世音菩薩立像は高さ176センチ(岐阜県の重要文
化財に指定)。

クスノキの一本彫りで、衣のしま模様の表現形式から鎌倉〜室町時代の
作と推定されているとのこと。

 お顔を拝見すると、ちょっと強面の感じで、高賀神社の平安後期の仏
像群とは随分違った表情でした。



イメージ 4 

 観音堂の厨子の前にある四天王像です。

 江戸の元禄年間に作られた作品で、持国天、増長天、広目天、多聞天の四像
(美濃市指定重要文化財)で、六角台に立ち彩色も綺麗に保たれています。

 

イメージ 5   

 寺伝によると、平安時代末期の1175(安元元)年に比叡山天台宗の僧・
覚阿が、長良川沿いにあるこの地の景色が中国・廬山(ろざん)に似ている
ことから「廬山大悲院」の名で草庵を建てたのが始まりとされています。

 その後、江戸時代初期の1685(貞享2)年に臨済宗清泰寺の禅師・
密巌が観音堂を修復した際に寺を再興し、1742(寛保2)年に「鹿苑寺」
に改称し、現在に至っているようです。

 鹿苑寺と聞くと、京都の金閣寺を思い浮かべてしまいますが、関係はなさ
そう。
       
イメージ 6 


イメージ 7 

 本堂の中央の天井画ですが、見事な「龍」の画です。 これは、京都 妙心寺
にある天井画を模して書かれていると、案内の方が教えてくれました。


 お檀家さんが僅か100軒ほどと聞いて、良くこれだけの立派な本堂、庫裡、
観音堂が維持出来ていると関心してしまいます。

 私も地元のお寺の役員をやっていますが、ここまでの維持はなかなか真似で
きません。
 
 
イメージ 8 

 境内から眺めた、長良川の風景です。 高台にあるので、とても景色がいいで
すね。

 
場所: 岐阜県美濃市立花955

この記事に

  • 顔アイコン

    秘仏は中々見れませんものね。
    いい機会に行かれました。

    ナイス!

    houzan

    2018/3/24(土) 午後 7:11

    返信する
  • 顔アイコン

    176cmのご本尊でしょうか?随分と大きな印象を受けます。
    竜の天井画もインパクトを大きく受けます。
    長良川が望め風光明媚なお寺ですね。

    g2lens★赤影

    2018/3/25(日) 午後 0:43

    返信する
  • 顔アイコン

    廬山鹿苑寺の御開帳ですね 年代物の仏像なのですね
    仏さまのご加護が有る事でしょうねナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2018/3/26(月) 午後 6:39

    返信する
  • > houzanさん

    近くに住んでいても、知らないものが沢山あります。

    地域の皆さんで、地方の文化財を守っていることに感銘しましたよ。

    got*t*711

    2018/3/26(月) 午後 9:13

    返信する
  • > g2lens★赤影さん

    確かに、大きな観音像ですね。

    本堂天井画の「龍」の画は圧巻でした。
    見る価値ありですよ!

    got*t*711

    2018/3/26(月) 午後 9:15

    返信する
  • > 雄明丸さん

    随分古い観音像のようです。
    御利益がありますように・・・

    got*t*711

    2018/3/26(月) 午後 9:16

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事