ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

庭に咲いた春の花

                                       

庭に咲いた春の花


イメージ 1  

イメージ 2

 アケビの花です。 

 いつもより二週間ほど早い気がしますが、今年も沢山花を付けてくれました。

 庭の柿の木に巻き付いているのですが、毎年、柿の実も、アケビの実もお猿

のご馳走となってしまっています。 

 今年こそ、家人の口に入ればと思うのですが!  
 



イメージ 3 




イメージ 4  

 毎年、庭先の影地にひっそりと咲いていてくれるスズラン

 なにも手入れしていないのですが、もう30年以上、毎年

この時期に可愛らしい花を咲かせてくれています。

       
イメージ 5 

 これは、スズランと花が良く似ているドウダンツツジの花

 漢字では「満天星」と書くのですが、何となくイメージが湧いてきますね。



イメージ 6 

 これも似たような花ですが、これはブルーベリーの花です。

 ブリーベリーは沢山の種類があるので、種類によっては、花の時期

も若干違いがあって、収穫も初夏から秋口まで収穫できるものもあります。

 違った種類を混植するのがいいようですよ。

 
イメージ 7 

 真っ白なエンドウの花です。 これも 随分早く花が付きましたが、肝心の

 実が付くのかちょっと心配です。 ハチなどの昆虫が飛び交ってくれないと受粉

しないですからネ!!


イメージ 8

 最後は、シバザクラです。

 この花も手入れが少なくても毎年咲いてくれるので、ズボラな私にはぴったり
の花なのです。 


 

この記事に

  • 顔アイコン

    秋にはアケビの実が沢山生りそう。花もきれいで面白いでしすよね。柿もお猿さんの御馳走ですか。もったいない。
    スズランも環境に合えば強いのですね。30年も咲き続けるとは
    ナイス

    トミさん

    2018/4/22(日) 午後 2:16

    返信する
  • 顔アイコン

    花真っ盛りですね。

    いい季節です。ナイス!

    houzan

    2018/4/22(日) 午後 3:01

    返信する
  • ここに2,3日急激に暑くなったので
    花も咲いたりするのに忙しいかもしれませんね。
    日本のブルーベリーにも種類、時期によって咲くのがちがう種類があることは知りませんでした。
    鹿、猪は捕獲など出来ますがサルばかりは本当に困ったものだと思います。

    g2lens★赤影

    2018/4/22(日) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    アケビの花はゆっくりと見た経験が有りません とても可愛いお花ですね スズランも可愛いですね春のお花に応援ナイス。

    [ 雄明丸 ]

    2018/4/23(月) 午後 6:59

    返信する
  • > トミさん

    アケビの花は、一つ一つアップで見ると、面白い形をしています。 秋に実をなかなか食べれないのが残念なんですがネ!

    got*t*711

    2018/4/25(水) 午後 10:45

    返信する
  • > houzanさん

    この時期、どこへ行っても花盛りなので、気分も
    爽快になります!

    got*t*711

    2018/4/25(水) 午後 10:47

    返信する
  • > g2lens★赤影さん
    ブルーベリーは、品種によって、葉や、花の色も若干違いますし、甘味もそれぞれのようです。

    おサルの捕獲はやっぱり難しいのでしょうね。捕る人が少ないのと、捕獲してもそのあとが大変なようです。

    got*t*711

    2018/4/25(水) 午後 10:50

    返信する
  • > 雄明丸さん

    アケビには、同じツルに雄花と雌花が咲きます。
    雌花すべてが実になったら凄い数のアケビが収穫できるのですが、現実はほんの少しです。

    got*t*711

    2018/4/25(水) 午後 10:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事