ここから本文です
洞戸なんでもあり・・情報
日本のど真ん中 岐阜の山中から情報を発信中 !

書庫全体表示

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

東大寺

                             

東大寺 大仏様


イメージ 1

 連休の初日、職場の仲間と東大寺まで行ってきました。

 節分が明けたと言うのに、とにかく寒い日でした。

 東大寺へは、これで三度目、35年ぶりの参拝となりましたが、昔と違う点は、外国からの観光客が多いこと、日本人を探すのが大変なくらい・・・ちょっとオーバーかも知れませんが、それくらい、海外の人たちには人気のあるスポットなのですね。


イメージ 2

 海外の観光客に人気の秘密は、大仏さんの大きさは勿論なのですが、「神様の遣い」とされる鹿にあるような気がします!

それはともかく、鹿せんべいをオネダリする鹿を見ていると、やっぱり可愛いのです。
 
 これだけ人に慣れたたくさんの鹿が、観光地を普通に歩いている処はなかなか無いと思いますね!
  

イメージ 3

イメージ 4


 正面から見上げた、大仏さんはやっぱり迫力がありますね。

 何度も戦火に見舞われ、今の大仏さんはつぎはぎだらけで、今の形を保っていることも、凄い
歴史なのかなと思います。 


イメージ 5

 今回、私が特に気にかかったのが、大仏さんの蓮台に彫られた細かな彫刻(毛彫り)です。



大仏蓮弁蓮華蔵世界図

大仏さん の座っている蓮台の周りの蓮弁に、毛彫で線刻された「蓮華蔵世界図」
と呼ばれる仏・菩薩像がありますが、知らない人も多いのではと思います。

天平勝宝年間(749〜757)に下絵ができたと伝えられていますが随分古い
もののようです。

大仏蓮弁蓮華蔵世界図は大まかに言って上下二つの部分からなっていて、上半分に
は説法図の如来像が大きく刻まれ、その左右に十一体の菩薩像が対象的に描かれています。

下半分のところには26本の界線が横に引かれて小仏や宮殿が点在し手彫り込まれています。


 この複雑な図柄は「華厳経」が説く宗教的世界観を絵で表現したものなのですよ。




イメージ 6
▲二月堂

修二会の行事のひとつ、「お水取り」を行うところ。

東大寺の僧侶11人が、世の中の罪を一般の人々の代わりに背負って、十一面観音に懺悔し、国家安泰を祈願するもので、3月12日の深夜から13日の未明にかけて行われ、堂前の若狭井の井戸から香水を汲み上げる行事です。

「お松明(たいまつ)」は、3月1日から14日までの期間中毎日行われます。
大松明を持った童子が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を走り抜け、その「お松明」の火の粉を浴びると健康になるとか幸せになると信じられています。

 
イメージ 7




辻利兵衛本店の抹茶パフェ


イメージ 8

 奈良を後にして、向かった先が宇治市。 私的には、平等院鳳凰堂へ行って見たかった
のですが、何故かそれは却下で、「辻利兵衛本店」へ。


 寒さのため、温かいお茶でも・・と思ってましたが、中に入ってみると、抹茶をベースにしたお菓子がいっぱい。

 結局、お抹茶以外にいただいたのはこの「抹茶パフェ」。

 甘さ控えめで濃厚な抹茶アイスは、これまた最高!! 
 小倉餡との相性もバッチリでした。


イメージ 9 


 
場 所 京都府宇治市宇治若森41 
       TEL:0774-29-9021

この記事に

わび助 はなれ ぜん家


イメージ 1


一月も終わり、今日は節分ですね。
節分の豆を購入して来て、神棚に上げてあるのですが、ここ数年、豆まきをしていません。
 
犬を飼い始めてから、豆まきをすると、騒ぎ立てるわ、喜んで拾って食べてしまいそうなので、豆まきをやれずにう何年も経っています。

せめて、年の数だけでも豆を食べないとだめでしょうか?
 
    

イメージ 2

名古屋で務めている長女が、来月から東京勤務に。「当分岐阜には戻れないかも・・」とのことだったので、娘の近況報告を聞きながら家族でランチタイム。

娘がだんだん親の手の届かないところに行ってしまうのは、ちょっと寂しいのですが、
「自分磨き」に専念したい・・と言う言葉を信じて、親としては、「頑張って行って来い」と言うしかなかったです、・・やっぱり心配ですね!!



 「わび助」のランチは、メインが蕎麦のようなのですが、寿司や、揚げたての天ぷら、カキフライに刺身と、ランチにしては、なかなか豪華な内容でした。

 
イメージ 3

蕎麦は、色んな種類から選べるようになっていて、山菜のかけ蕎麦、とろろ蕎麦を
注文。 蕎麦はあっさりとしたお味でお腹いっぱい、ご馳走様でした。 

イメージ 4

一月は「行く」、二月は「逃げる」、三月は「去る」と昔から語呂合わせで言いますが、そのくらい、月日が過ぎるのが早い季節が、「年度末」と言われる時期ですね。

来月になると職場では異動の季節ですが、勤め人は、異動があっても、無くても大変な時です!!




 
場 所 岐阜市福光西3-14-1

■定休日: 木曜日

■営業時間 :11:00〜14:00(OS13:30)
       17:00〜23:30(OS23:00)

■駐車場 有り

この記事に

風のカフェ


イメージ 1

 昨年の夏にオープンした 「風のカフェ」 のモーニング珈琲の紹介です。

 場所は、関市池尻、東海環状自動車道の関にしインターの近くにある
 カフェ。
    

イメージ 2
 
 一枚の大皿に、トースト、ポテトサラダ、茶わん蒸し、バナナ、ぜリーと、
 豪華に並んでいます。 もちろん、主役のブレンド珈琲と。

  
 珈琲に 「茶わん蒸し」 ?!! と思う人も居ると思いますが、これが、朝の
 珈琲タイムに結構イケちゃうんです。。 アッぁっの茶わん蒸し、ボリューム
 あって美味しかったですよ。
 
 
 
 
イメージ 3

 パンは、小倉かシナモンのどちらかをチョイスできて、今回は「シナモントースト」
 をいただきましたが、これもナイスでした。

お値段:ブレンド珈琲 これで450円  
 

イメージ 4


 これだけのモーニングビスが付いてくると、主役の珈琲が薄れてしまいがちですが、
 苦味が少なく、あっさりタイプの香りのいい珈琲でしたよ。

イメージ 5 

 店内は、木の温かみが伝わってきそうな内装で、落ち着けるいい雰囲気!

 また、足を運びたくなるお店でした。


イメージ 6
 
イメージ 7


 
場 所 岐阜県関市池尻799-1

■定休日: 火曜日

■営業時間 : 7:00〜17:00

この記事に

開くトラックバック(0)

富士豚

                              

富士豚


イメージ 1


 1月も連休が過ぎ、半月が過ぎてしまいます!

 本当に早いものですね。 

 金曜の仕事帰り、仕事関係の仲間と久々の食事で寄ったのがトンカツ屋さん

 の「富士豚」 です。


以前は、1月となると、新年会等でいろいろと飲む機会あったのですが、最近は、宴会をやっていられないほど、仕事の予定が詰んでしまって、職場の新年会も最近はさっぱりです!!

 「働き方改革」なんて活字をしきりに目にしますが、現実は正反対のような気がしているのは、私だけですかねぇ〜??!

   

イメージ 2

 カウンターと、小上がりの座席が三席ほどの小じんまりした、昭和の雰囲気を
 醸しだしているお店。


 昼間は、お値段がとってもお手頃なランチで、お客さんが多いようです。


 この日いただいたのは、お店お勧め 「黒豚定食」

 柔らかい、脂肪の少めの飽きのこないさっぱりとしたお味のトンカツでしたよ!
 
 

  
 ■お値段:「黒豚定食」 150g 1,350円

             120g 1,350円
 

 
イメージ 3  
 

イメージ 4


 嬉しいサービスなのは、セルフですが、珈琲が自由にいただけること!

 定食をいただいた後、珈琲を飲みながらゆっくりできる雰囲気も、ナイス
 なサービスですよね。

 

イメージ 5 





 
場 所 岐阜県関市下有知115番地

■定休日: 火曜日

■営業時間 : 11:30〜14:30
17:00〜20:30
 

この記事に

南宮大社

                              

南宮大社


イメージ 1

 垂井町にある南宮大社に参拝してきました。

 
 国道21号から南へ少し入ると、大きな鳥居を抜け、そこから社殿まで、約500mほど。 成人式前後の連休とあって、参道は車の列で大渋滞!

 三が日は混むのでと、この日に北のですが、考えがちょっと甘かったかも・・・
早めに車の列から離れ、近場の駐車場に置いて歩くことにしました。


 

イメージ 2

 楼門をくぐると、鮮やかな朱色に塗られた「高舞殿」が正面に見えてきました。

 正面にある拝殿に向い、一年間の家族みんなの健康をお祈りして、参拝を済ませました。


 
イメージ 3  

イメージ 4

御祭神 金山彦命
 
 社伝によれば、神武天皇東征の時代に遡り、後に、崇神天皇の御代に、現在地に奉され、古くは仲山金山彦神社として言われていたようで、「南宮大社」の言われは、国府から南方に位置することから、南宮大社と云われる様になったと伝えられています。

 
 天慶3年(940)、平将門の乱の誅伏の勅願や、康平年中(1058〜65)安部貞任(さだとう)追討の神験によって、 正一位勲一等の神位勲等を極め、以来、鎌倉、室町、戦国の世を通じて、源氏、北条氏、土岐氏等の有力な武将の崇敬をうけ、 美濃国一宮として、金の神の総本宮として崇められている神社です。

 

イメージ 5 


将門伝説と十二本の矢を射る神事



天慶二(九三九)年、平将門の乱のとき、将門の怨霊の首が火を吹いて京の方角へ飛んだ。その首を南宮大社の祭神・隼人神が、矢竹で射落としたという伝説にちなんでいるとか。
南宮大社の社殿のひとつである隼人社の前には、現在も矢竹がはえています。
また、将門の首が落ちた場所で、その霊を祭ったのが御首神社(大垣市)の始まりとされ、神社の近くには矢道町の地名が残っています。

 二月の節分の日、南宮大社の広庭で、裏に「鬼」と書かれた直径百六十センチの大的に、神職が十二本の矢を射る神事がありますが、
魔よけと五穀豊穣を祈る行事で、大的神事とも呼ばれています。




イメージ 6

イメージ 7
 
  絵馬
南宮大社には、多くの絵馬も奉納されていますが、ここの特徴は、鍬、鎌などの金属製の現物を取り付けた 「金物絵馬」 があります。

 金物絵馬は現在も奉納されていて、中には機械メーカーが奉納したエンジンや機械メーカーが奉納した歯車などもある。金物の神として信仰を集めた南宮大社ならではの絵馬と言えるのではないでしょうか。

 金属、鉄を司る神として、古代より崇拝されてきた証だと思います。

 南宮大社の北方向にある、大垣市赤坂には金生山明星輪寺があって、虚空蔵菩薩をお祀りしています。現在は石灰岩の鉱山として有名ですが、その昔は、鉄などの鉱物も採掘されていたと考えられます。

 鉄や、金・銀といった貴金属の産地には、それを守るための拠点(神社)が置かれて、支配が進んでいったのでしょうね。


イメージ 8 


 
場 所 岐阜県不破郡垂井町宮代1734−1
 





 

 

この記事に

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事