うっかりトーちゃんのま〜ったり日記

とりとめもない趣味の日記。アニメや漫画を見て考える(妄想する)のが大好きです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全277ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

電撃マオウ7月号にて

まずは冒頭の志保が滅茶苦茶可愛かったなー。
可奈とケンカして自分の意見は正しいとは信じつつも、
「やりすぎだったかな…」ってへこんでベットにうつむいている姿。
ギラッギラしていた頃を知っているだけに大変なギャップ萌えでした!!

初期の頃も可奈を叱った後はこうなっていたのかもしれませんけどね!
回を重ねて志保のいろんな表情を見る事が出来るようになったのが嬉しくもあり、
枕にうずくまって「む〜」とかしているのとか布団に足を「ぽす!ぽす!」している姿が可愛かった。

「自分らしい」気持ちを歌に込めたい可奈
「自分らしさを抑えた」演技を求められている恵美
一見正反対な悩みを持つ二人ではありますが、
その根本にある問題は同じっていうのが面白かったです。

自分の唄う歌は誰に向かって気持ちを伝えたいものなのか。
自分が演じる「彼女」は誰に対して気持ちを伝えてようとしているのか。
独りよがりじゃあない『誰に』『どんな』気持ちを伝えたいのかが大事だった。

アイドルとしてステージで歌うのなら誰かに伝えたい気持ちがあるはず。
役者として誰かを演じるのなら、その役の先にいる誰かがいるはず。
そこに気付けなかったのが今回の可奈と恵美だったんだろうな、と。

個人的に面白いなぁと思ったのは
「誰かがいる〜」とか「一人じゃない〜」とか
アイドル物の作品では幾度となく取り上げらている事だけど
そのテーマに対して具体的な答えを用意してくれたのが素晴らしかった。

特にエドガーになりきった恵美に対して
「ようやくこっちをむいてくれた」っていう朋花が良かった。
舞台の上で正に共に演じるパートナーだからこそ恵美の変化に気付けるんですよね。

「自分らしく」や「一人じゃない」普遍的なテーマを取り上げながら
可奈や恵美、ミリオンBCならではの答えを描いていくれた『Hearty!!』。
3部に入った中で、個人的にすごく好きなエピソードだったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

電撃マオウ6月号にて、

「うまさ」と「らしさ」の間で悩める可奈&恵美の二人に
765プロオールスターズの亜美・真美コンビが立ち上がる!
偉大なる先輩は可奈達にどんな解決法を提示するんだーーー!?
……ゲーセンで遊んでたー!!!

まぁ、「らしさ」って意味では何より二人らしいですし、
亜美真美だからこそ、琴葉だからこそ、助けるアプローチはそれぞれで、
なにより辛い時にはちゃんと「助けて」って言いなよ!ってテーマが良かった。

ひたすら直感的な亜美真美だから可奈達を「相談」の場に引っ張り込めるし、
演技の勉強をしている琴葉だから「強い私」を演じて可奈達に必要だと思える事を言える。
でも最後に恵美の心を動かしたのは、琴葉の「頼ってもらえなくて悔しい」って演技ではない本心だった。

お互いに言いたい事を言い合える。
それはユニットとして友達として大事な事だけど、
今回は、そこから更にもう一歩踏み込んでいったんですよね。

「心配かけたくない」「邪魔をしたくない」って気持ちは
相手の事を慮っているように見えて実はどこか一歩引いている気持ち。
だから、琴葉から伝えられた「頼って」に応えて「助けて」って言えた海美や、
その二人に引き込まれていったエレナの表情がすごく良くって読んでて涙が出てきました。

これがミリオンBCの見所の一つなんですよね。
一人ひとりだった少女達がユニットになっていく過程。
それをなにより「気持ち」という不確かな要素を大事に描いていく。
難しいテーマを稲山先生の情感たっぷりなタッチで伝わってくるんですよね。

ホント今回もアイドル達の表情がすごく良くってさー!!!!
上記の恵美「助けて」・琴葉「うん」・エレナ「うん!」のトライスタービジョンも最高でしたし、
はじめてゲームセンターに来た星梨花の表情とか、恵美達の中を勘ぐる可奈のドキって表情も良かった。

可奈は志保へどんな歌を届けるのか…!
本番はまだでもアツさはどんどん高まっていく!!
次回が気になってしょうがないミリオンBCだったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

電撃マオウ5月号にて、

志保から言い渡された歌唱練習禁止命令。
それに対する答えを見つけようと四苦八苦する可奈と、
演劇で求められる自分らしさから遠い役作りに悩む恵美。
似たテーマの壁にぶつかる二人を通して「うまく」について考える回でした。

うーん、なかなか難しい問題に取り組むなぁって。
この手の話は大抵「うまく」じゃなくって「私らしく〜」的な
方向にもっていくのがオーソドックスな展開だと思うのですけど、
可奈は自分らしくやって歌を禁止されたし、恵美は「らしさ」を出すなと指示されている。
「上手く」でもない「らしく」でもない、二人に求められている答えってなんなんでしょうね。
ラストで颯爽と登場した亜美真美パイセンコンビがどんなヒントを与えてくれるのか気になりました。
ホントにコイツ等で大丈夫なのか!?

あとは、可奈VS志保のガチゲンカも良かったですね。
お互いの言いたい事を言い合う。これまでの二人じゃあ絶対できなかった事で。
初めての出会いから一つずつ積み上げて遠慮会釈の無い仲になったんですよね。
でもお互いケンカ慣れしていないから、やった後に苦い感じになってるのも可愛いなぁと。
あたたか〜い目で見守るお姉さんポジションの海美も面白かったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

電撃マオウ4月号にて
イメージ 1
















いよいよ始まった新章!!
目玉は765プロライブ劇場1週間連続公演!!
今回はそのイベントに向けてのプロローグってトコロでしょう。
海美・琴葉・美也をはじめ沢山のアイドルが登場し、様々な事が動き出しはじめました。

プロデューサーに呼ばれて企画の説明を受けたアイドルは
千鶴
ジュリア・美也
恵美・エレナ・琴葉
莉緒・風花
可奈
海美・星梨花
エミリー・ひなた
朋花
志保・香織・沙代子(別室)

これだけで17人もいるんですよねー。
初日の「Clover」と最終日の「夜想令嬢」以外はまだ未定?
この子たちがどんな組み合わせでどのようなステージを見せてくれるのか。

面白いなぁと思ったのは百合子・桃子・このみの三人がいない事。
ミリオンBNSの主役ユニットですし、未来・静香・翼のシグナルも参加は難しい…
もしかしたら…ゲッサン・BNS・BCで併せてミリオンスターズ全員のストーリーを網羅する!!
みたいなデッカイ構想もあったりするのかなぁ、と思ったのでした。

・可奈の声に違和感を感じる志保
・恵美が見惚れた朋花の姿
・アートを見るロコの熱い目
・発表を受け何か思う所のありそうなジュリアやひなた
・星梨花は父親と何か問題あり!?

上記以外にもたくさんの伏線が隠されていてさー。
七日間公演、沢山のアイドル、それらを彩るドラマ…!
うおおおおお、これを漫画にまとめていくの滅茶苦茶大変そうー!!!

少々とっ散らかっちゃっている感もあった19話ではありましたが、
今回はプロローグ!いうならば物語の種をまいているんですよね。
これらの種を育てて見事にBlooming(開花)させてくれることは間違いない!!!

いよいよ始まるライブ劇場アイドル達の新しい物語、楽しませてもらいたいと思いました。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!



開く コメント(0)

電撃マオウ3月にて、
を読みましたよー!!

2回連続で番外編!きざみますねー!!
年末年始はコミックス作業をはじめ稲山先生働きまくってましたし、
アツイ夏を描くという新展開に向けて構想を練り練りしているんでしょうね。
休載しないで毎月ミリオンBC読める喜びに感謝感激でございますー!!!

さて、今回の番外編はシアター事務員・青羽美咲ちゃん回!!
ここで改めて765プロライブ劇場の紹介を美咲目線で描かれていました。
ミリシタで釣りしてた海とか環(?)のコブン日記とか細かい描写が楽しかったです。

日々アイドル達のサポートに勤しむ美咲ちゃん。
そんな彼女のオフで好きな事=サーフィンに行く姿が印象的でした。
んで、一緒に行くのが麗花・香織・このみっていうのが良いよなぁって。
765プロのアイドル達でも少し大人な4Luxuryのメンバーっていうのが社会人らしくて。
ウエットスーツでアイドルに負けないくらいのボディラインもブラボー♪なのでした。

いよいよ次号より新章スタート!
美咲さんもますます忙しくなることは間違いなしですし、
海の女に負けないくらいのアイドル達のアツい夏が楽しみです。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!



開く コメント(0)

全277ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事