うっかりトーちゃんのま〜ったり日記

とりとめもない趣味の日記。アニメや漫画を見て考える(妄想する)のが大好きです。

アイドルマスター

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

電撃マオウ8月号にて

女子力を身に着けたい海美と、セクシーを封印した莉緒。
いままでと違う自分を模索するが今回のテーマみたいですね。
一見、前回までの可奈と恵美のお悩みと似ているようにも思えますが、
自分を変えたいと思う経緯や彼女たちの立ち位置が違うんだろうな、と。

自分をCloverのお姉さん的ポジションだと思っている海美、
夜想令嬢の最年長だけれど恵美を支える事が出来なかった莉緒。
二人ともそれぞれのユニットでの役割を自覚していているのだけれど
その役割が果たせていないという責任感から自信を無くしているんですよね。

ユニット内での最年長という立場ならではの悩み
っていうのが前回までとは違う所で興味深いなぁと思いました。
「セクシーおさえるのと恵美ちゃんの件関係ない!?」
って、ふと我に返る莉緒姉も面白かったw

新しい自分って意味ではヒーローショーなんて異色も異色ですし、
莉緒が新ジャンルの仕事に取り組んでどんな経験を積むのか楽しみです。

そういや、海美の「女子力焼きそば」
稲山先生にしては珍しい、失敗お料理でしたねー。
一口食べて「きゅー!」ってなるひなたは可愛かったです。
女子力焼きそばはプロデューサーが責任をもって食べたに違いない!!

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!



開く コメント(0)

コミックス第5巻が発売されましたーーー!!!!
イメージ 2



志保と和解しユニットとして改めてスタートした可奈たち。

静香や未来、シアターのアイドル達も活躍した前日譚から、
いよいよダブルエース・トライスタービジョン・Cloverの
ユニットデビューライブ当日が描かれました。

と〜しきくんは電撃マオウで連載も追ってきたのですが、
改めてコミックスで見ると新しい気づきもあって面白かったです。

なにより、限定版の特典CDに収録されている
ミリオンBCのオリジナルソング『Clover Days』
を聴きながら読むとマジで涙が出てくるんですよー!!!



Cloverのステージ、連載の時は曲名が出てなくって
その翌月に本作の新曲が作られることが発表されたんですよね。

『Clover Days』を流しながらライブシーンを読み進めていくと、
歌い始めた四人が正に四葉のクローバーになっているところとか、
可奈・志保・星梨花・海美のここまでの道のりと楽曲と歌詞がマッチしてるところとか、
亜利沙や歌織さん沙代子、一緒に頑張ってきた子たちも前に進んで行っているところとか…全部好き!

とくに大サビ前の「たとえ冷たい雨の夜でも 一緒に笑っていようよ」
ってしっとり歌ってから明るくって力強いメロディと歌詞に繋げていくところがさ、
作中で照明が落ちてからCloverの4人がステージに飛び出していく場面と符合してるのかな、と。
ホント、何回聞いても涙が出てきますよ。

ちょうど今週の土・日(6/29.30)がミリオン6thライブ福岡公演ですし、
天ちゃんサプライズで歌ってくれないかな〜〜。僕も現地行くんでこっそり期待しちゃいますw

関連記事

イメージ 1

さて!今巻も書店特典が盛りだくさん!!!
今回も各書店特典の感想を書きたいと思いまーす。

ゲーマーズ(描き下ろしブックカバー)
可奈達の前に会場をあっためてくれた茜ちゃん&つむつむのブックカバー!
裏表紙には第18.5話で活躍したサンタ雪歩が居て、とっても可愛かったのです。
茜&紬といえば、特典CDのキラメキラリも大変良かったですねー!!
性質の違う二人のハーモニーも癖になるし「ギターソロカモーン!」のセリフも決まってましたw

COMIC ZIN(描き下ろしイラストカード)
雨の中で歌うCloverの4人が描かれたイラストカード!
仲睦まじく相合傘しながら歌っている志保&星梨花もいいし、
動きまくって傘さしてても濡れちゃいそうな海美やレインコート着て気持ちよく歌っている可奈!
それぞれのキャラクターらしさが出ている「あめにうたおう」なイラストカードだったのでした。

とらのあな(描き下ろしクリアファイル)
個人的に毎巻とても楽しみにしている(笑)とらのクリアファイル!
4巻までにCloverの4人が登場して次は誰かと思ったら…つむつむだったー!!
今巻のダイジェストシーンが描かれているのも面白いですよね〜。
親からもらった時計を見る静香とか、タオルで客を煽る奈緒とか、
「こんなシーンあったよなぁ」とか思いながらずっと眺めてますw

アニメイト(ミニ色紙)
おー!ミリオンBCでは初めてのミニ色紙!!
第18.5での「メリー」衣装の可奈が指で指揮してますねー。
指揮のミニ色紙って事ですね!!!!!
ミリシタでも可奈と志保のデュオライブもありましたし、
特典CDに収録されている「メリー」もイイ感じでした。

メロンブックス(描き下ろしイラストカード)
そして、今巻で僕の一番のお気に入り!
志保が描かれたメロンブックスのイラストカード!!
汗をいっぱい流しながら満面の笑みを浮かべている志保。
ユニットライブの直後なんでしょうか。ホッッントにいい笑顔です。
こんな素敵な表情ではじめての「可奈」って名前呼びしたと思うと…!!
あー!もう一回「CloverDays」聴こう!!!

と、いうワケでミリオンBC5巻の書店特典感想でした。
なんか雰囲気的に一区切りで最終巻っぽい感じもありますが、
ミリオンBCはまだまだ終わっていませんよ!!!!!!

電撃マオウでは熱くってアツイ、アイドル達の新章が繰り広げられていますし、
これからもミリオンBCに楽しませてもらって、これからも応援し続けたいと思います。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!



開く コメント(0)

電撃マオウ7月号にて

まずは冒頭の志保が滅茶苦茶可愛かったなー。
可奈とケンカして自分の意見は正しいとは信じつつも、
「やりすぎだったかな…」ってへこんでベットにうつむいている姿。
ギラッギラしていた頃を知っているだけに大変なギャップ萌えでした!!

初期の頃も可奈を叱った後はこうなっていたのかもしれませんけどね!
回を重ねて志保のいろんな表情を見る事が出来るようになったのが嬉しくもあり、
枕にうずくまって「む〜」とかしているのとか布団に足を「ぽす!ぽす!」している姿が可愛かった。

「自分らしい」気持ちを歌に込めたい可奈
「自分らしさを抑えた」演技を求められている恵美
一見正反対な悩みを持つ二人ではありますが、
その根本にある問題は同じっていうのが面白かったです。

自分の唄う歌は誰に向かって気持ちを伝えたいものなのか。
自分が演じる「彼女」は誰に対して気持ちを伝えてようとしているのか。
独りよがりじゃあない『誰に』『どんな』気持ちを伝えたいのかが大事だった。

アイドルとしてステージで歌うのなら誰かに伝えたい気持ちがあるはず。
役者として誰かを演じるのなら、その役の先にいる誰かがいるはず。
そこに気付けなかったのが今回の可奈と恵美だったんだろうな、と。

個人的に面白いなぁと思ったのは
「誰かがいる〜」とか「一人じゃない〜」とか
アイドル物の作品では幾度となく取り上げらている事だけど
そのテーマに対して具体的な答えを用意してくれたのが素晴らしかった。

特にエドガーになりきった恵美に対して
「ようやくこっちをむいてくれた」っていう朋花が良かった。
舞台の上で正に共に演じるパートナーだからこそ恵美の変化に気付けるんですよね。

「自分らしく」や「一人じゃない」普遍的なテーマを取り上げながら
可奈や恵美、ミリオンBCならではの答えを描いていくれた『Hearty!!』。
3部に入った中で、個人的にすごく好きなエピソードだったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

電撃マオウ6月号にて、

「うまさ」と「らしさ」の間で悩める可奈&恵美の二人に
765プロオールスターズの亜美・真美コンビが立ち上がる!
偉大なる先輩は可奈達にどんな解決法を提示するんだーーー!?
……ゲーセンで遊んでたー!!!

まぁ、「らしさ」って意味では何より二人らしいですし、
亜美真美だからこそ、琴葉だからこそ、助けるアプローチはそれぞれで、
なにより辛い時にはちゃんと「助けて」って言いなよ!ってテーマが良かった。

ひたすら直感的な亜美真美だから可奈達を「相談」の場に引っ張り込めるし、
演技の勉強をしている琴葉だから「強い私」を演じて可奈達に必要だと思える事を言える。
でも最後に恵美の心を動かしたのは、琴葉の「頼ってもらえなくて悔しい」って演技ではない本心だった。

お互いに言いたい事を言い合える。
それはユニットとして友達として大事な事だけど、
今回は、そこから更にもう一歩踏み込んでいったんですよね。

「心配かけたくない」「邪魔をしたくない」って気持ちは
相手の事を慮っているように見えて実はどこか一歩引いている気持ち。
だから、琴葉から伝えられた「頼って」に応えて「助けて」って言えた海美や、
その二人に引き込まれていったエレナの表情がすごく良くって読んでて涙が出てきました。

これがミリオンBCの見所の一つなんですよね。
一人ひとりだった少女達がユニットになっていく過程。
それをなにより「気持ち」という不確かな要素を大事に描いていく。
難しいテーマを稲山先生の情感たっぷりなタッチで伝わってくるんですよね。

ホント今回もアイドル達の表情がすごく良くってさー!!!!
上記の恵美「助けて」・琴葉「うん」・エレナ「うん!」のトライスタービジョンも最高でしたし、
はじめてゲームセンターに来た星梨花の表情とか、恵美達の中を勘ぐる可奈のドキって表情も良かった。

可奈は志保へどんな歌を届けるのか…!
本番はまだでもアツさはどんどん高まっていく!!
次回が気になってしょうがないミリオンBCだったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

電撃マオウ5月号にて、

志保から言い渡された歌唱練習禁止命令。
それに対する答えを見つけようと四苦八苦する可奈と、
演劇で求められる自分らしさから遠い役作りに悩む恵美。
似たテーマの壁にぶつかる二人を通して「うまく」について考える回でした。

うーん、なかなか難しい問題に取り組むなぁって。
この手の話は大抵「うまく」じゃなくって「私らしく〜」的な
方向にもっていくのがオーソドックスな展開だと思うのですけど、
可奈は自分らしくやって歌を禁止されたし、恵美は「らしさ」を出すなと指示されている。
「上手く」でもない「らしく」でもない、二人に求められている答えってなんなんでしょうね。
ラストで颯爽と登場した亜美真美パイセンコンビがどんなヒントを与えてくれるのか気になりました。
ホントにコイツ等で大丈夫なのか!?

あとは、可奈VS志保のガチゲンカも良かったですね。
お互いの言いたい事を言い合う。これまでの二人じゃあ絶対できなかった事で。
初めての出会いから一つずつ積み上げて遠慮会釈の無い仲になったんですよね。
でもお互いケンカ慣れしていないから、やった後に苦い感じになってるのも可愛いなぁと。
あたたか〜い目で見守るお姉さんポジションの海美も面白かったのでした。

Web拍手実装しました。
イメージ 5









べ、別に褒めて欲しいワケじゃないんだからねっ!

(ウソですw記事を読んで「ちょいと応援してやるか!」
と思った時にでもポチって頂けると、と〜しきは泣いて喜びます)

ツイッターやってます!

イメージ 5









https://twitter.com/go_wingload
遊びに来てくれると嬉しいです。

リンク集!
素敵サイト様のリンク集です!
ぜひ1度お立ち寄りください!!
イメージ 2



こちらからどうぞー!


開く コメント(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事