全体表示

[ リスト ]

窓は

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

窓の種類は沢山ありますがまずは日本製(トステム・YKK・新日軽・三協・立山などアルミメーカーとシャノン・エクセルなど樹脂メーカー)と輸入サッシ(アンダーセン・マービン・ペラなど)があります。おおまかにはアルミサッシ・樹脂サッシ・木製サッシ・複合サッシなどさまざまですが予算と機能の選択になると思います。
ガラスも一枚ガラス・ペアガラスがあります。ペアガラスでも通常は乾燥空気と普通ガラスのペアガラスや金属被膜がされたガラス(LOW-E)のペアガラス・乾燥空気ではなくアルゴンガスなど断熱性の高いガスが入っているペアガラスもあります。価格も上がってしまいますが断熱性もあがりますので検討ください。
それでは種類ですが、引き違いのサッシが一般的ですが気密性能はあまりよくありません。価格はあまり高くありません。大きい窓は動かすのに大変です。小さいお子様やお年寄りには優しくないサッシかも知れません。もっとも最近では把手のついているものもあるそうなので、実際にはショールームでの確認をできればしてみてください。
上げ下げ窓は実際には上げ窓(シングルハングSH 下の戸しか動きません)上げ下げ窓(ダブルハングDH 上も下も動きます)があり外から見た感じは違いはありませんが通風を考えるとDHのほうが良いかな。上げ下げ窓を使うと輸入住宅風に仕上がるかな
縦すべり出し窓は手で戸についているハンドルを動かすタイプと枠にオペレーターがついているタイプがあります。オペレータータイプは網戸を開けなくても動かすことができるので虫が入りにくいですが網戸が固定なので使いにくい場合もあります。
ガラスルーバー窓は最近はあまり使わないですが通風には適した窓です。最近では羽が二枚で断熱性が上がっている物もあります。しかし防犯性が悪いので使う際には、大きさや格子などきちんとした防犯対策が必要です。
そのほかにもいろいろな窓がありますが家の外観のアクセントは窓ですので楽しんでください。トステムのショールームではいろいろな窓の展示がされていますので見てみてください。
 窓は断熱を考えると減らしたほうが良い、防犯を考えると小さくしたほうが良い、採光を考えると大きくしたほうが良いいろいろなことを考え大きさ・種類・数など検討ください

閉じる コメント(5)

顔アイコン

例えば、一流メーカーとされるYKKやトステムと、三協との差は何なんでしょう?大工さんが「持った時の重みが全然違う、やっぱり一流メーカーのは良い」って言ってましたが…質に違いがないならメーカーは安いところ、物は良い物、にしたいなぁ。。と。

2006/5/31(水) 午前 10:56 かんこ 返信する

顔アイコン

うーん たぶん物は同じ価格帯であればあまり変わらないと思う 若干の違いはあるかもしれませんが 一流メーカーがよいわけではないが安心ではありますね メンテナンスが必ず必要になりますよね そのときにメーカーがないなんて事になると全部取り替えになるなんてことも 長くなりましたが安くてよいものはないのでは?

2006/5/31(水) 午後 10:29 五番舘 返信する

顔アイコン

といってもお買い得の物はあるかなぁ 長い目で見ればLOW-Eガラスなんていうのはいいですよね 2割ぐらい断熱効果上がるそうです エコガラスって言うんですよ エコって地球にやさしくっていいですよね 話がそれましたが枠の強さはメーカーの違いでありますよね 大工さんは知ってますよ ただ強ければよいかは?

2006/5/31(水) 午後 10:41 五番舘 返信する

確かにっ!大工さんに「重みが違う」って言われても、重さイコール良質なのかどうか。ちなみに紫外線が気になる私は、UVカット希望…一応女ですから…(~_~;)タハハ!

2006/6/3(土) 午前 10:15 かんこ 返信する

かんこさん◇家具やカーテンの日焼けも違うような気がする 是非LOW-Eを指定してください みんなでエコです 体にも優しいですね

2006/6/3(土) 午後 9:34 五番舘 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事