ここから本文です
ギフテッド・LD発達援助センター
認知的のアンバランスの強い子どもたちの臨床研究と発達援助

書庫全体表示

積み残しはあるが、気分は夏休み突入。ついついユウーミンの最後の◯休みと口ずさんでしまう。夢はさておき。

今週は検査祭り・・・子どもの知的機能を測定はするのだが,試されるのはおいらの心理屋としてのアセスメント能力。子どもにとって意味のある検査にする努力どすね。
ほんと最近の小児精神科は,やたら診断名をつけるが,その診断に責任を持たない。診断をつけたら説明責任を果たして援助すれよと思うのですが。ラベリングするだけ。ほとんどエビデンスが見えてこない診断。

援助なき診断。そこに意味があるのか?目の前の子どもを助けられないならお仕事するなよ。はい,無能なおいらわやめる方向で。

特別支援教育の業界は,どこに理詰めの確信なり科学的根拠を持ってやっているのだろう。ちなみにサラマンカ宣言とこの業界は大きな隔たりが。それはなぜなのか?特別支援教育側の問題なのか。なんかどうでもいいな。目の前の子どもと遊べれば。

さあ夏休み,俗世を捨てて楽しまないとね。

いろいろな子どもと遊ばんとね。

もちろん学校嫌い子どもたがいいよね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事